ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


gre.ギリシャ

【ギリシア】サントリーニ島の『ヴィンサント』『ニキテリ』とは?

引き続きフォローアップセミナーの内容でーす。 一般呼称でも試験範囲なり~ 【問題】 写真のギリシア - サントリーニ島(とう)のワインについて 破線 A・B はそれぞれ何を意味するか? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【正解】 まず復習だけど、サントリーニ島の位置 …

【ギリシア】バスケット状の仕立てを何と呼ぶ? - その理由は?

引き続き協会が毎年やってるフォローアップセミナーの内容ですが、今回は一般呼称の範囲です。 【問題】 ↑バスケット状のブドウの木の仕立ての名称は? その目的は? ギリシアのどこで使用されている? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【正解】 名称 = クール―ラ = k…

【ギリシア】サントリーニ島 - 土壌をヒントに島の成り立ちを知ろう!

今回もフォローアップセミナーの内容を多少深掘りしてみます。 【問題】 ギリシアにある サントリーニ島(とう) の土壌は? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 【正解】 火山性(かざんせい)土壌 まず、サントリーニ島の位置 ちなみに↑三日月(みかづき)のカタチは 火山…

【超まとめ】チーズ 2019教本対応リンク集・所感・勉強のやり方を語るwww

今回はこれまでのチーズの記事のまとめってかリンク集です。 感想やらポイントやら思いついた事をのたまいまっす。 www.takamocori.infoまず、こちらの 概論 から。 基本的に今回のチーズのシリーズは全部の記事が細か過ぎますが、強いて言えば「教本をやみ…

【チーズ】総仕上げ問題「イタリア・スペイン・その他ヨーロッパ編」【13問】

今回はチーズ総仕上げ問題の「イタリア・スペイン・その他ヨーロッパ編」です。いちおう全てのチーズ名は網羅してあるので記憶のチェックにお使い下さいませ。 それではいってみましょう( `ー´)ノ 問題 イタリア編 【問1】Fontina との ペアリングに最適な…

【チーズ】ヨーロッパのチーズ 12種類をチェックしよう!【12問】

今回でチーズとしては最後です。(まとめを除く)意外に有名なのが多いから勉強になるかも~ (´_ゝ`) 問題 1 Sbrinz (スプリンツ) の ◆生産国 ◆タイプ ◆乳種 は? ◆スイス ◆加熱圧搾(エクストラハード) ◆牛 ※A.O.P.、とにかく硬い、スイスのパルミジャーノ 2 …

試験直前 予想問題!【ギリシャ・モルドバ共和国・ジョージア・英国 9問】

引き続き ギリシャ モルドバ共和国 ジョージア 英国 です! 1・ギリシア(ワイン)について正しいものは? A ペロポネソス半島には 大陸性気候 の影響を受け冷涼な地域もある B 栽培面積最大(2015年調べ)は 白ブドウの Assyrtiko である C Savatiano は 明…

厳選46問 - フォローアップセミナーから2018年の試験を予想してみた!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に 「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 「昨日行ってきました!フォローアップセミナー in 大阪!」 ...って事で 試験に出そうな内容 をクイ…

【2017→2018年】新規・変更・気になる箇所まとめ!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に 「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 以前の過去問の解説シリーズはいったん止めておいて、これから当面は今年 =2018年度の試験に役立…

流し読みで学ぶ過去問 2017年-76-80:ギリシア・ハンガリー・イタリア

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に 「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 このシリーズでは「流し読みで学ぶ過去問のポイント 」と題して、2017年度 の ソムリエ・ワインエキス…

イタリアワインの歴史 ★ 試験に出る人物はこんな顏だった!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に 「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 まず問題にチャレンジして「どんな感じで試験に出るか?」をつかみましょう! 面倒なら直接ポイント解…

ギリシャといえば「レッチーナ」!その保存用の壺と独自のブドウ品種

このブログでは、ソムリエ試験・ワインエキスパート試験に挑戦しようと思われている方を対象に 「毎回、もう+(プラス)1点」とれるような学習のヒントをお届けしております。 今日はギリシャがテーマです。 ギリシャは出題率が非常に低く、去年(2016年)のソ…