ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

パプ=法王 のワイン-シャトーヌフ・デュ・パプのブドウ品種の覚え方

このブログでは、ソムリエ試験・ワインエキスパート試験に挑戦しようと思われている方を対象に

「毎回、もう+(プラス)1点」とれるような勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170306102842j:plain

今日は「パプ(ローマ法王)のワイン」と呼ばれる

シャトーヌフ・デュ・パプです。

 

f:id:ttrd80:20170306102933j:plain


フランスはローヌ地方の南部で作られる、こちらのワイン。

なぜ「攻略法」が必要なのかというと、使われているブドウの品種を13種類覚えなければいけないからです。

まず関連問題で、さっと腕試ししてみましょう。

問題です!

f:id:ttrd80:20170501232701p:plain

◆Q1.ローマ法王庁が14世紀に移転したのはどこの都市だったでしょうか?

   A.カルカッソンヌ
   B.アヴィニョン
   C.マルセイユ
   D.リヨン

◆Q2.「シャトーヌフ・デュ・パプ」の特徴的な土壌を1つ選んで下さい。

   A.花崗岩
   B.片岩
   C.小石
   D.粘板岩

◆Q3.「シャトーヌフ・デュ・パプ」で使用が認められていないブドウ品種を1つ選んで下さい。

   A.Carignan
   B.Roussanne
   C.Picardan
   D.Piquepoul

 

【2】回答と解説

f:id:ttrd80:20170502204522p:plain

◆A1.正解はB、「アヴィニョン」

f:id:ttrd80:20170306103041j:plain

この近くに夏の避暑地を建てたことから「新しい法王の城」=「シャトーヌフ・デュ・パプ」となりました。

つまり、別荘がワインの名前になったわけですね。贅沢な話です。

 

◆A2.正解はC.「小石」

f:id:ttrd80:20170306103119j:plain

ちなみにローヌ地方の気候も頭に入れておきましょう。
北部 (セプタントリオナル)
 = 大陸性気候

南部 (メリディオナル)
 = 地中海気候

 

◆A3.正解はA、「Carignan」

ここで、「シャトーヌフ・デュ・パプ」の13あるブドウ品種の覚え方ですが

「クブルピピ シサミュクテグムヴァ」です。

これはブドウ名の頭文字を並べたものです。では、それぞれ1つずつ見ていってみましょう。

= クレレット
= ブールブーラン
= ルーサンヌ
= ピクブール
= ピカルダン

= シラー
= サンソー
ミュ = ミュスカデル
= クノワーズ
= テレ・ノワール
= グルナッシュ
= ムールヴェードル
ヴァ = ヴァカレーズ

ひっかけ問題で、ダメなものとしては
黒ブドウでは「カリニャン」
白ブドウでは「マルサンヌ」
...の2つが出やすいです。

よく「ルーサンヌ」と「マルサンヌ」はセットみたく出てきますが、このパプのワインだけは切り離して考えましょう!

今回のまとめ

f:id:ttrd80:20170502202341p:plain
さて、いかがでしたでしょうか?

今日1つだけ覚えていただきたいのは「シャトーヌフ・デュ・パプ」で認められているブドウの品種といえば「クブルピピ シサミュクテグムヴァ」です。

呪文のように何度もつぶやいて覚えましょう!