読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

モンラッシェのグランクリュの覚え方 - 村名を間違えないように!


スポンサードリンク

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎日、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170408144831j:plain

今回のテーマは

モンラッシェのグランクリュ です。

各モンラッシェのグランクリュがピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェのどちらかを見分けれるようになりましょう!

それでは、問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

▼▼▼

【1】実力テスト

(難易度★☆☆☆☆)

以下の(問1)~(問3)に答えなさい!

f:id:ttrd80:20170408144512p:plain

※画像が小さくて見えなければ、スマホの画面を「ピンチイン」=2本の指でおさえて拡大して下さいねf^^;

※ブルゴーニュ地方がフランスのどこにあるか分からない方は↓へ

フランスワインの産地

※コート・ド・ボーヌ地区がブルゴーニュのどこにあるか分からない方は↓へ

ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴

※問題のAOC Puligny-Montrachet・Chassagne-Montrachetがコート・ド・ボーヌ地区のどこにあるか分からない方は↓へ

コート・ド・ボーヌ地区 試験のツボ

スポンサードリンク
 

 

▼▼▼

【少しブレイク...】

f:id:ttrd80:20170408144628j:plain

いかがですか?

今回のモンラッシェですが、ソムリエやワインエキスパート試験を受けるぐらいの方ならレストランなどで飲まれた事がある方も多いのではないでしょうか?そんな飲んだら美味しいモンラッシェですが、試験的に覚えなくてはいけないのは、「○○モンラッシェと名付けられたものが、ピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェのどちらに属しているか?」です!さほど難しい箇所でもないのでサラッと流しましょう^ ^!! それでは回答です!

▼▼▼

【2】回答とメモ

f:id:ttrd80:20170408162447p:plain

まず解説に入る前に、そもそもモンラッシェが造られる2つの村名AOCピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェがどこにあるかを思い出して下さい。以前にご紹介しましたが、コート・ド・ボーヌ地区の南のほうです。北から「PC」と並んでいました。覚えてますかf^-^?これをふまえて次の解説をご覧下さい。

f:id:ttrd80:20170408145902j:plain

1、まず2つにまたがる ②Montrachet ③Batard-Montrachet を最初に覚えましょう!

2、次に南のシャサーニュ側のみにある ⑤Criots-Batard-Montrachet を覚えます。

3、これでおのずと残りの北のピュリニー側にあるモンラッシェは ①Bienvenues-Batard-Montrachet ④Chevalier-Montrachet に絞られます。

※問題文には選択肢として名称が乗っているので、ザックリと名前が分かればOKです。

という事で、問題の回答は...

f:id:ttrd80:20170408153640p:plain

でした。簡単ですね^ ^!!

最後に重複を含めて全てを書くと...
◆AOC Puligny-Montrachet にあるのは
・Chevalier-Montrachet
・Montrachet
・Batard-Montrachet
・Bienvenues-Batard-Montrachet

◆AOC Chassagne-Montrachet にあるのは
・Montrachet
・Batard-Montrachet
・Criots-Batard-Montrachet
...となります。

(追記) ちなみに今回出てきたモンラッシェのグランクリュは「白のみ」すが、村名AOCの Puligny-Montrachet・Chassagne-Montrachet の場合は「赤白」になります。ご注意下さい!

▼▼▼

【3】今回のまとめ・勘どころ

f:id:ttrd80:20170408154619j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

写真で見てみると田舎のノドかな畑です。まさか現地のフランス人がこんな極東の日本人が「モンラッシェがどちらのAOCに属するか?」なんて考えているなんて夢にも思わない事でしょうf^-^; こんな風景を見たら勉強が馬鹿らしく感じられる気もしますが、そこは「塵も積もれば山となる」です!バッチを目指して、このトリビアのようなムダ知識を積み重ねていきましょう。

スポンサードリンク
 

 

(今回に関連する記事)

フランスワインの産地

ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴

コート・ド・ボーヌ地区 試験のツボ

ややこしいコルトンの丘を攻略しよう!

f:id:ttrd80:20170304143213j:plain

【著者のご紹介】

1980年。神戸市生まれ。元IT系。30歳の時に「消耗型うつ病」を発症し退職。
休職期間に行きつけのバーでバイトを始めるも、いきなり新店舗の店長を任され飲食業(バー)の世界にどっぷり飛び込む。最初はバイトの女子大生に馬鹿にされながらも酒の作り方を学び、勤めていた2店舗目のバーの閉店を知り独立を決意。

ソムリエ資格はずっと敬遠していたが、軽いノリで受けてみた1年目(2015年)は失敗し「酸っぱい葡萄」を見事に体現。2年目(2016年)の受験は冷や汗をかきながらもなんとかクリア。現在に至る。

f:id:ttrd80:20170304143248j:plain

Takamocori Tachinomi (タカモコリ タチノミ)
(立ち飲みのショットバーです)
神戸市中央区下山手通1-3-2
Tel 080-9750-2501
Open 18:00-25:30 日曜定休
カード可 Visa Master AMEX

よければ「はてなブックマーク」のご協力よろしくお願いしますm(_ _)m