ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

スペイン カバ ★ 近年認められたブドウ品種、熟成期間、残糖度 など

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170707120819j:plain

今回のテーマは スペインの 発泡性ワイン CAVA カヴァです。

前回までのおさらいですが、Cataluna カタルーニャ州 Penedes ペネデス で主に生産され、その中心地は San Sadurni d'Anoia サン・サドゥルニ・ダ・ノヤ

主要品種は Macabeo マカベオXarel-lo チャレッロParellada パレリャーダ。醸造方法はフランスのシャンパーニュと同じく瓶内二次発酵でした。覚えてましたか^_^?

f:id:ttrd80:20170707122802j:plain

まずは問題チャレンジして「どんな感じで試験に出るか?」をつかみましょう!後ほどポイントを解説致します。

面倒なら直接ポイント解説をご覧下さい。イラストを流し読みするだけでも勉強の足しになるかと思います。 

それでは問題!

(問1) 近年CAVAに使用が認められているブドウ品種は?
(a) Malvasia
(b) Chardonnay
(c) Pinot Noir
(d) (b) と (c)
(e) (a)(b)(c) 全て

(問2) CAVAの瓶詰めから滓引きまでの期間は?
(a) 9ヵ月
(b) 15ヵ月
(c) 30ヵ月
(d) 36ヵ月

(問3) CAVAの熟成期間 Reserva(R) と Gran Reserva(GR) の組み合わせとして正しいのは?
(a) (R) 9ヵ月 (GR) 15ヵ月
(b) (R) 9ヵ月 (GR) 30ヵ月
(c) (R) 15ヵ月 (GR) 30ヵ月
(d) (R) 15ヵ月 (GR) 36ヵ月

(問4) CAVAの甘辛度 Seco の残糖度は?
(a) 0~6g/L
(b) 0~12g/L
(c) 12~17g/L
(d) 17~32g/L

回答とポイント解説

(問1) 近年CAVA カバ に使用が認められているブドウ品種は?

正解は (e) (a) Malvasia マルバジア  (b) Chardonnay シャルドネ (c) Pinot Noir ピノ・ノワール  全て です。特に シャルドネピノノワール がポイント! これってもうシャンパーニュとあまり変わらないよねf^-^!ってツッコミたくなりますが、基本となる マカベオ・チャレッロ・パレリャーダとセットで覚えておきましょう。

f:id:ttrd80:20170707140720p:plain


(問2) CAVA カバ の瓶詰めから滓引きまでの期間は?

正解は (a) 9ヵ月 です。これは決め打ちで覚えましょう!

f:id:ttrd80:20170707132111j:plain


(問3) CAVA カバ の熟成期間 Reserva リゼルバ (R) と Gran Reserva グラン・リゼルバ (GR) の組み合わせとして正しいのは?

正解は (c) リゼルバ 15ヵ月 (GR) グラン・リゼルバ 30ヵ月 です。これに関してはよく似たフランス シャンパーニュの ノン・ミレジメ(収穫年表記無し)  15か月、ミレジメ(収穫年表記あり) 3年 と比較して覚えておきましょう!数字ってややこしいですよねf^-^;

f:id:ttrd80:20170707134354j:plain


(問4) CAVAの甘辛度 Seco セコ の残糖度は?

正解は (d) 17~32g/L です。ヨーロッパ(旧世界のワイン)で発泡性ワインと言えばこの残糖度。ポイントはまず数字の区切りを覚えてから呼び名を覚えます。試験にも頻出なので必ず暗記しておきましょうf^-^;

f:id:ttrd80:20170707140408j:plain

 

おまけ

f:id:ttrd80:20170707141515p:plain

今回の CAVA カバ ですが、wikiペディアを見てみたら、ここ10年の当たり年は 2006年2007年2008年2013年 らしいです。ホントかどうか試してみたいもんですね。