ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

トカイワインの品質区分、タイプ、背負い桶・発酵樽、残糖分 など

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170814121813j:plain

今回のテーマは ハンガリー トカイワイン品質区分、背負い桶・発酵樽、残糖分 です。

 

試験では「ハンガリー≒トカイワイン」と言ってもは過言でありません(笑)
前回、主要品種がフルミントという事はお伝えしましたが、今回はしっかりとご紹介します。

 

...と言っても4点ほど。
それでは順番に見ていきましょう(/・ω・)/

 

2016年以前の古い参考書やテキストをお使いの方は、多少内容が変わっているので最新のものチェックするコトをオススメ致します!

 

f:id:ttrd80:20170804140629j:plain

(問1) 品質区分 ① Szamorodni ② Auzū の意味の組み合わせとして正しいのは?
(a) ① 糖蜜のような ② 自然のままに
(b) ① 自然のままに ② 糖蜜のような
(c) ① アッサリした ② 自然のままに
(d) ① 自然のままに ② アッサリした

正解は (b)

Szamorodni サモロドニ

 → ① 自然のままに  

Auzū アスー

 → ② 糖蜜のような  です。

まず大まかなこの2つの分類から覚えましょう!

意味的にはこうなのですが、実際には貴腐ブドウかどうかです。サモロドニは貴腐ブドウではなく一般的なブドウ(=自然のまま)、アスーは貴腐ブドウです。

「サモロドニ = 自然のままに~」 なんてゴロが良いですね。韻を踏んでいるのでヒップホップのノリで覚えましょう( `ー´)ノ

f:id:ttrd80:20170814131335j:plain

上の写真をみたら「サモロドニでも貴腐菌がチョットついとるやないかい(; ・`д・´)! 」と思いますが、実際には激しく貴腐化しているものをアスーと呼ぶみたいです(笑)

(問2) Szamorodni サモロドニ の ① 辛口タイプ ② 甘口タイプ の組み合わせとして正しいのは?
(a) ① Szāraz ② Fröccs
(b) ① Froccs  ② Szāraz
(c) ① Edes    ② Szāraz
(d) ① Szāraz ② Edes

正解は (d)

辛口タイプ

 → ① Szāraz サーラズ

甘口タイプ

 → ② Edes エーデシュ です。

これに関しては単純に覚えるだけです。筆者は サーラズの頭文字のSを「(S)すっぱい→辛い」エーデシュは「甘くってエーデシュ」と覚えました。あぁ、吐露するのが恥ずかしい(´Д`)

f:id:ttrd80:20170814131437j:plain

ちなみに選択肢の Fröccs フルッチ とは白ワインをソーダで割って飲むハンガリー独特の飲み方だそうです。そういえば近年日本でも同じ内容の「スプリッツァー」って少し流行りましたね。

f:id:ttrd80:20170814144039j:plain

(問3) Aszū の ① 果粒の収穫に使われる27.1L入りの背負い桶 ② 136L入りの発酵樽 の組み合わせとして正しいのは?
(a) ① Puttony ② Genci
(b) ① Genci   ② Puttony
(c) ① Puttony ② Tajbor
(d) ① Tajbor  ② Puttony

正解は (a)

果粒の収穫に使われる27.1L入りの背負い桶

 → ① Puttony プットニュ

136L入りの発酵樽

 → ② Genci ゲンツィー です。

これも単純に名称を覚えるだけです。2016年以前のテキストには前述の背負い桶のプットニュのブドウを何回ゲンツィーに入れるかで5プットニュ・6プットニュとかいう単位が載っていたのですが2017年からは無くなっているようです。なので筆者は覚える必要がなくったのではないかと考えております。...ってか、そもそもハンガリーでここまで突っ込んだ内容が出るとは思えません(@_@。

f:id:ttrd80:20170814213245j:plain

(問4) Aszū のタイプの1つ 「Esszencia」の最低残糖分は
(a)    9g/L以下
(b)  45g/L以上
(c) 120g/L以下
(d) 450g/L以上

正解は (d) 450g/L以上 です。

これに関しては各タイプごとに各数字があるのですが、特にエッセンシアの数字は覚えておきましょう! 先ほどの内容の復習もかねてタイプをまとめたものと数字を図にしておきました('ω')ノ

f:id:ttrd80:20170814213301p:plain

※フォルディタージュとは Aszū用のワインの2番搾りのマストを加えて再発酵、熟成させて造るワイン

※マーシュラーシュとは Aszū または フォルディタージュ用のワインの搾り滓に果醪またはワインを加え、再発酵、熟成させて造るワイン

いちおう解説はしておきましたが、この上の2つに関してはマニアック過ぎるので試験に出るコトはないと思います(´_ゝ`)

 

[2017.08.14 mon 21:25] 

フォルディタージュ・マーシュラーシュの最低残糖分を訂正しました。

 

[2017.08.14 mon]

バタバタしていて数日ぶりの投稿となってしまいました。試験まであとホントあとわずかですが、ぜひ最後までつっぱしって下さい!陰ながら応援しておりますm(_ _)m