ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

2次試験テイスティング - 白ワイン 「外観」 の考え方・注意点など

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170904124631j:plain

今回のテーマは2次試験 テイスティング での 白ワイン 「外観」の考え方・注意点などです。

 

◆注意

まず最初にお断りしておきますが、この記事はあくまでご参考です。テイスティングに絶対はありません!出題されたワインに対して素直に感じ取れる特徴を選ぶ事が大切です。ですが、あまりに主観的な回答になってしまわないよう可能な範囲で2次試験対策のセミナーに参加したり、色んな教材を買ったり、詳しい友人や知人に教えてもらったり、とにかく得た知識を比較して回答のバランスを調整する事が非常に大事です。これから記載する内容の通り回答して「落ちた!」となっても一切責任は取れませんのでご注意を (-_-メ)

 

◆白ワイン 問題用紙の全体像

f:id:ttrd80:20170904120859j:plain

まず白ワインの問題用紙の全体像からです! (写真は少し古いもの。)

大きく...

「外観」

「香り」

「味わい」

「その他」 の4つからなります。

今回から全4回に分けてご紹介していきますが、初回である今回は「外観」についてです。細かい項目や選択肢に関しては毎年変化しているので、あくまで参考程度に(◎_◎;)

以下の文中の選択肢に関しては有名某サイトの選択肢を参考にさせていただきました。というのは試験でも出そうにない無駄な選択肢が省かれていていて良いなと思ったからです。

 

◆それでは、ここからが今回の本題です!

f:id:ttrd80:20170904120442j:plain

・清澄度

(選択肢)

□澄んだ □やや濁った  □濁った 

・輝き

(選択肢)

□輝きのある □落ち着いている □モヤがかかった 

この2つに関しては、ほぼ「澄んだ」「輝きのある」を選びましょう。そこまで変化球のようなワインは出ないと思います。ただ、もし濃いめの白ワインが出題されたら輝きに関しては「落ち着いている」を選んでも良いかもしれません(-ω-)/

f:id:ttrd80:20170904102744j:plain

・色調

(選択肢) ★2つ選べる場合あり

□グリーンがかった □黄金色がかった □レモンイエロー □イエロー □黄金色

・濃淡

(選択肢)

□薄い(無色に近い) □淡い □やや濃い □濃い

この2つに関しては、若いワインなら「レモンイエロー」「淡い」を選びましょう。色調が2つ選べる場合、やや緑色に見えたなら「グリーンがかった」を選んだら良いと思います。

やや古いかったり濃いと感じたら「イエロー」で「やや濃い」or「濃い」という選択肢もあるかもしれません。右端に向かって濃い感じの回答になっているので、要はこの2つに関してはレベルを揃える事が大切です(^-^)!

f:id:ttrd80:20170904112650j:plain

↓ 

・粘性

(選択肢)

□さらっとした □やや軽い □やや強い □強い

これに関しては1つ前の濃淡に比例して考えます。淡いほど軽く、濃いほど強くなります。

絶対にそうなる!とも言い切れませんが、ここもレベルを揃えてセオリー通りに回答するのが無難という判断です(´Д`)

f:id:ttrd80:20170904110829p:plain

↓ 

・外観の印象

(選択肢) 複数選択

□若い □やや熟成した □熟成した
□軽い □よく熟した □成熟度が高い □濃縮感が強い
 

これに関しては、試験の白ワインに出題されるのは、若いものと考えられるので、だいたい「若い」「軽い」でイケると思います。

ただし、色が濃い(黄色っぽい)と感じた場合は「やや熟成した」や「よく熟した」を選んでも良いと思います('ω')ノ

f:id:ttrd80:20170904132911j:plain

 

解説動画

www.youtube.com 

今回はここまで~。次回は引き続いて 白ワインの「香り」について詳しくご説明致します!