ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

流し読みで学ぶ過去問 2017年 問題114 軟水・硬水の境界線・特徴など


当ブログの運営は、神戸にある "気軽にワインが楽しめるスタンディングバー"Takamocori Tachinomi タカモコリ・タチノミが行っております。

f:id:ttrd80:20171222123018p:plain


このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 

f:id:ttrd80:20180109230210j:plain

このシリーズでは「流し読みで学ぶ過去問のポイント 」と題して、2017年度 の ソムリエ・ワインエキスパート試験 の過去問題からポイントを探っていきたいと思います。

ちなみに下のリンクはご参考まで。

【アドバイス】 過去問を解くにあたって...【3点】 - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

  

問題114 [酒類概論]

WHOの飲料水水質ガイドラインで軟水に分類される硬度の大まかな規定として 適切なものは?

 

1.  30mg/l未満

2.  120mg/l未満

3.  180mg/l未満

4.  300mg/l未満
 

 

正解は...

2.  120mg/l未満

 

軟水・硬水について

軟水(なんすい)と硬水(こうすい)との分かれ目となる硬度120mg/Lです。 

f:id:ttrd80:20180109194847j:plain

 

そもそも硬度というのは水に含まれるカルシウムマグネシウムなどの金属イオンの含有量の多さによって決まります。

要はどれだけ地面の鉱物が水に溶けているかって事です(-ω-)/

f:id:ttrd80:20180109200235g:plain

  

市販のミネラル・ウォーターの硬度について

試験的に市販のミネラル・ウォーターがどの程度の硬度なのか?を知っておきましょう!

...というか飲食業の方はもちろん、いまや普通にコンビニでも買えますしね~(´_ゝ`)

 

クリスタルガイザー

→ 硬度38軟水

f:id:ttrd80:20180109210602j:plain

 

ヴォルヴィック

→ 硬度60軟水

f:id:ttrd80:20180109212415j:plain

オーヴェルニュ地方といえば試験ではチーズで出てきます。カンタルとかサンネクテールとか...(´_ゝ`)

 

上記2つは軟水だから日本人にも馴染みやすかったのね~。

 

エビアン

→ 硬度304硬水

f:id:ttrd80:20180109215557j:plain

 

ペリエ

→ 硬度400硬水

f:id:ttrd80:20180109215838j:plain

 

 

サンペレグリノ

→ 硬度734硬水

f:id:ttrd80:20180109220357j:plain

 

他にも コントレックス(硬度1468) や クールマイヨール(硬度1612) などイカつい硬度の水がありますが、興味本位で硬度が高すぎるものを飲むとお腹を下しやすくなるので注意して下さい(-ω-)/

ミネラル成分・硬度の比較一覧 | ミネラルウォーター・炭酸水を比較

 

おまけ : 硬水のメリット・デメリット

f:id:ttrd80:20180109224419p:plain

軟水・硬水について調べていると面白いですよ~(´_ゝ`)

 

硬水だと...

日本酒造りの際に硬度が高いと酵母が活性化→糖分をよく分解するのでスッキリとした辛口になる(男水と呼ばれる灘の宮水は中硬水[100~300])

これは試験的に頭に入れておきましょう!

 

和食の昆布などのダシをとる時に鉱物質が原因で旨味成分が出ない!

パスタなど茹でる時に型崩れしにくくなる

肉の臭みが消え柔らかくなる

・エスプレッソなどコーヒーはコクが強まり美味しくなる

料理は水によって作りやすかったり美味しくなったりするのね。

 

・ミネラル分が大腸の水分吸収を阻害→その他の腸に水分に水分をため込むので下痢になりやすくなる。

前述ですが海外旅行の際にはお気を付けて!

 

石鹸が泡立たない

機械の洗浄やパイプに流すと鉱物質が固まるのでつまりやすい

食文化だけでなく生活・製造業・インフラでも影響がある模様。

 

その他、詳細が知りたい方はコチラ!

軟水 - Wikipedia

硬水 - Wikipedia 

 

www.youtube.com

 

今回はここまで!

次回は「南アフリカ」からです。