ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

過去問解説 2016年 共通 [027] モンラッシェのグランクリュを覚えよう


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['18.8.14 更新]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['18.12.13 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 

f:id:ttrd80:20180227101500j:plain

このシリーズでは 2016年度 の ソムリエ・ワインエキスパート試験 の過去問題からポイントを探っていきたいと思います。

基本的に赤字の部分は頭にいれておいて下さい。最後に復習のテストを行います( `ー´)ノ

 

問題027 [フランス]

Puligny-Montrachet村のみで生産されるグラン・クリュは?

 

1.  Montrachet

2.  Criots-Bâtard-Montrachet

3.  Bâtard-Montrachet

4.  Chevalier-Montrachet

 

 

正解は...

4.  Chevalier-Montrachet シュバリエ・モンラッシェ

f:id:ttrd80:20180227105119j:plain

有名なブルゴーニュ地方の白ワイン モンラッシェ を作る村は2つあるのですが、数個あるモンラッシェの銘柄が「どちらの村で作られているか?」という事は覚えておかないといけません。

...というかよく出題されています(´_ゝ`)

 

今回も基本的なことから!

まず、ブルゴーニュ地方 フランスの東部 にあります。

f:id:ttrd80:20180226090059j:plain

 

そして、ブルゴーニュ地方の中でもモンラッシェを生産する村があるのは

コート・ド・ボーヌ地区 です。

f:id:ttrd80:20180227102718j:plain

 

このコート・ド・ボーヌ地区の中でも モンラッシェの畑 は南側にある ピュリニー・モンラッシェ村シャサーニュ・モンラッシェ村 の2つの村の境目=村をまたがって存在しています。

f:id:ttrd80:20180814150150j:plain

 

さらに2つの村を拡大した地図がこちら!

f:id:ttrd80:20180227110651p:plain

これに関しては、ある モンラッシェのグランクリュ(特級畑) の 地図上の位置もしっかり覚えておきましょう!というかその方が頭に入りやすいです(-ω-)/

 

一番簡単な覚え方は、地図を見て モンラッシェバタール・モンラッシェ2つの村をまたいでいるのを頭にいれた上で、南側のシャサーニュクリオ・バタール・モンラッシェがある。ピュリニーそれ以外がある という消去法です!

こう考えれば、問題に出てきたシュバリエ・モンラッシェやビアンヴニュ・バタール・モンラッシェを覚える必要がなくなります( `ー´)ノ

f:id:ttrd80:20180227112238p:plain

 

今回は軽い内容だったので楽でしたね。

それでは、いつも通り復習しておきましょう!

 

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain

1・有名な白ワイン モンラッシェ が生産されているのは?

「フランスの〇〇地方の〇〇地区」

 

2・↑地区の位置は?

f:id:ttrd80:20180227113222j:plain

 

 3・モンラッシェの畑がある2つの村の名称は?また位置は?

f:id:ttrd80:20180227113501j:plain

4・2つの村にまたがるモンラッシェのグランクリュの名称を2つ挙げよ!

 

5・地図上⑤のモンラッシェのグランクリュの名称は?

f:id:ttrd80:20180227113849p:plain

 

おまけ動画

百聞は一見に如かず。さっき出てきたピュリニィ・モンラッシェ村です!ピュリニィ・シャサーニュ・ムルソーの違いなど興味深い。

[Discovering great white wines from Puligny-Montrachet with Olivier Leflaive]

www.youtube.com

 

ツラい事にこそ価値(≒充実感)がある?ソムリエ・ワインエキスパート試験の勉強も同じかもね。

『 楽しい行動経済学の世界2 ”人に流される理由” 』

www.youtube.com

 

今回はここまで!

次回は 共通問題[028] フランス からです。