ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。



試験期間は7/20(金)~8/31(金)です!

過去問解説 2016年 共通 [047] シェリーのブドウ品種・新ワイン法


最新の記事をチェックするにはツイッターフェイスブックをフォローしていただくのが便利です!

当ブログの運営は、神戸にある 気軽にワインが楽しめる ゆるーいワインバー Takamocori が行っております。


このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 

f:id:ttrd80:20180424162852j:plain

このシリーズでは 2016年度 の ソムリエ・ワインエキスパート試験 の過去問題からポイントを探っていきたいと思います。

基本的に赤字の部分は頭にいれておいて下さい。最後に復習のテストを行います( `ー´)ノ

 

問題047 [スペイン]

シェリーを造る主要品種は?

 

1. Airen

2. Xarello

3. Monastrell

4. Palomino

   

 

正解は...

4. Palomino パロミノ

↓を観て頂いたら、お姉さんもパロミノって言ってます!

www.youtube.com

 

えー、これに関しては何回か前にやりましたね( 一一;)

過去問解説 2016年 共通 [044] スペインのブドウ品種 - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

 

軽くだけご説明しておきます。

シェリー とは スペイン南部 の へレス で作られている 酒精強化ワイン です。

酒精とは酒の中に含まれるアルコール成分の事。これを強めているワインというわけ(-ω-)/

f:id:ttrd80:20180424202303j:plain

 

...で、よく出題されるのが ブドウ品種 で、

この頭文字を覚えておいて下さい!

だいぶ前の画像ですがご容赦下さい。

f:id:ttrd80:20180424202852j:plain

 

で、↑の3種でも全体の95を占めると言われているのが パロミノ というわけです!

残りの2つ (モスカテル、ペドロ・ヒメネス) は甘口!

 

もし、シェリーについてしっかり勉強したい方はコチラ。

流し読みで学ぶ過去問のポイント 2017年-050 徹底的に学ぶシェリー - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

 

過去問の解説を2年分やってきてますが、そろそろ内容が重複してきて辛いっす。

このシリーズが終わったら教本通り1か国ずつしっかり解説していこうかな...(´_ゝ`)

 

さーて、スペインを勉強しているついでに、

今回は2009年の収穫年のものから適応された 新しいワイン法 をみておきましょう!

 

軽く実力チェックです。

↓に対応するアルファベットやワインのカテゴリーは分かりますか?

 

・特選原産地呼称ワイン

・Vino

・単一ブドウ畑限定ワイン

 

 

正解はこちらです!

特に ヴィノ・デ・パゴD.O.Ca は 頭に入れておきましょう!

D.O.Ca の方が強そうですが、可愛いらしいパゴって名前の方が格が上です(; ・`д・´)

f:id:ttrd80:20180424205046j:plain

 

とりあえず、今回はこの辺にしておきます!

まぁまぁ、フランスの細かい内容に比べれば、スペインなんか余裕ですね。

 

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain 

 1・シェリーの産地は?

 

2・シェリーのブドウ品種で甘口のもの2つ答えよ!

 

3・スペインの新ワイン法において最も格が高いものは?

 

4・①~⑤を埋めなさい!

f:id:ttrd80:20180424210444j:plain

 

分からなかったらやり直し~。

内容をしっかり読み返そうね!

 

おまけ

シェリーといえば、やっぱこのスタイルかな~。

ウチの店は天井が低くて無理だ...( 一一;)

www.youtube.com

 

試験的な知識だけでなく現地の息づかいを知って欲しい(; ・`д・´)!

やっぱ情熱の国だなぁ~。

www.youtube.com

 

 

今回はここまで!

次回は 共通問題[048] スペイン (スパークリングワインのCAVA) からです。