ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

【仏ロワール渓谷地方】ペイナンテ地区 - シュル・リーの起源 / AOCまとめ


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['19.10.27 更新]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['19.11.09 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


さて、今回も協会のフォローアップセミナーの内容に戻って...

フランス - ロワール渓谷地方 - ペイ・ナンテ地区です。

大西洋側の河口部の方ね↓

f:id:ttrd80:20191120124401p:plain
 

シュル・リーの様子

まず、ペイ・ナンテ地区といえば何といっても

ワインを澱(おり)と共に熟成させるシュル・リーですが、実際の感じを見ておきましょー。濾過してない状態だとかなりドロドロですね~。

www.youtube.com

 

シュル・リーの起源

試験とはカンケーないけど

シュル・リーの製法に関しては20世紀から。

結婚式などの祭事用に「ハネムーン・バレル」みたく樽の取り置きをしていたらオリと触れ合って美味しくなってた事に気付いたみたい(笑)

#ワインに限らずお酒・チーズなどの発酵食品はそんなネタ多いね~(´_ゝ`) フフフ

(↓Winemaking より)

en.wikipedia.org

 

ペイ・ナンテ地区 - AOCのポイント

↑だけだと内容がペラッペラなので

勉強用に↓もおまけでつけておきます。

#贖罪に近い( 一一;) 書くネタが無かったのでやむなくです。

 

学習用画像

f:id:ttrd80:20191120115550p:plain

 

暗記用画像

f:id:ttrd80:20191120132840p:plain
 

(追記)

書く時に参考にしたグロ・ブランなど3つが昇格前の地図↓ こちらの方が見やすいけど試験的には教本に準じているコトが大切かと思うのでボツ( 一一;)

http://www.vinsvignesvignerons.com/var/plain_site/storage/images/media/images/carte-des-rgions-viticoles-du-pays-nantais-et-de-vendee-c-m.crivellaro/57693-1-fre-FR/Carte-des-rgions-viticoles-du-Pays-nantais-et-de-Vendee-C-M.CRIVELLARO.jpg

http://www.vinsvignesvignerons.com/var/plain_site/storage/images/media/images/carte-des-rgions-viticoles-du-pays-nantais-et-de-vendee-c-m.crivellaro/57693-1-fre-FR/Carte-des-rgions-viticoles-du-Pays-nantais-et-de-Vendee-C-M.CRIVELLARO.jpg

 

参考動画

かなり良くまとまってます! 詳細は03:27~

#あ、↑「クリソン」・「ゴルジェ」・「ル・パレ」ってこの辺なのね~。この動画作ってる人マジすげーわ(; ・`д・´) 声も通ってて聞き取りやすい。

www.youtube.com

 

 

【編集後記】

先日、なんと千葉から去年ソムリエに合格した読者の方にお越しいただきました。

遅ればせながらですが誠におめでとうございます☆今後益々のご活躍を心よりお祈り申し上げておりますm(_ _)m ほんと素晴らしい!!

f:id:ttrd80:20191120123848p:plain


以上