ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


【土壌】仏ロワール「トゥファ」vs 伊カンパーニア「トゥーフォ」を整理しておく


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


えー、今回はタイトルの通り。

久々にフォローアップセミナーの内容を深掘りしてみました。

 

【参考資料】

実は似たような名前あるのよ~。

bubblyprofessor.com

 

(ヨーロッパの地質マップ)

http://www.southampton.ac.uk/~imw/jpg-maps-geological/12MPS-Geology-Map-Western-Europe.jpg

 

・・・

 

まず1つ目

仏ロワール渓谷地方 - トゥーレーヌ地区に出てくる

トゥファという土壌

↑では tuffeau

石灰岩の1つパリ盆地由来の海洋性堆積物

要は

f:id:ttrd80:20191211235703p:plain

 

 

次に2つ目

伊カンパーニア州

D.O.C.G. グレーコ・ディ・トゥーフォ―という名前

ワインは・スプマンテもある!

↑では tuff(タフ)

火山性土壌の意

f:id:ttrd80:20191212001404p:plain

 

最後に3つ目

↑Tufaに関しては

ロワールのtuffeau[トゥファ]とカタカナ読みが同じでまぎらわしいけれど意味は↓

ja.wikipedia.org雨で石灰岩が溶け出したのが固まったって感じ。

 

この地質では↓が有名らしい。

f:id:ttrd80:20191212010306p:plain

 

【おまけ】

トゥファなどの石灰質≒アルカリ性植物に良い理由  

その1☆前提

水素イオンが多い=酸性 ⇔ 少ない=アルカリ性

www.suzuken-ltd.co.jp

 

その2☆応用

土が酸性

=結合に必要なマイナスの電荷を(酸性なので数多くある)水素イオンが使ってしまう

栄養が流されてしまう

土に栄養が溜まりにくくなる!

kyonou.com

 

 

【編集後記】

先日読者の方からソムリエ協会スカラシップに選ばれたとご連絡を頂きました。

 

通過者のリストを見せていただいたのですが、な、なんと、なみいる都市部のホテル・有名レストラン・ワインバーなど超大手出身者の強豪に喰い込んだご活躍には心が振えました(; ・`д・´) sugeeeeeee

 

今後も陰ながら応援してまーす。ホントめでたくって嬉しい限りです☆

 

以上