ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


【西オーストラリア州】マーガレット・リヴァーのワイン産地


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


f:id:ttrd80:20200307113333p:plain
今回はオーストラリア西オーストラリア州マーガレット・リヴァーを取り上げます。

 

国内での生産量は3%以下なのに、プレミアムワインの比率は20%にも達するという『高級ワイン狙い撃ち』みたいな地域...( 一一;) スゲー

The World's Fruits To You

 

[目次]

 

さわり動画

...の前にまず地名をチェックしておいて!

見た後に戻ってきてもよし(´_ゝ`)

f:id:ttrd80:20200305122330p:plain

 

では、どぞ!

マーガレット・リヴァー地域の概要をつかむのに最適!


Margaret River Wine Region Vacation Travel Guide | Expedia

 

 

試験のポイント

f:id:ttrd80:20200308095703p:plain

単純に↑を覚えればOKかと。

有名どころのワイナリー名なんかは知っておいた方がいいかも。

 

ちなみに、ヴァス・フェリックス(↑動画にも出てきましたね)、モスウッドカレンなどのワイナリーは医療系の方が創業しています。先日筆者はお客さんとの会話で↑ワイナリー名を知らず悔しい思いをしました(涙) モスウッドに行かれた医療系の方だったのですが、そういったお繋がりだったのかも... (; ・`д・´)ハッ

 

もうワンランク上を目指したい方へ 

ジョン・グラッド・ストーンズ博士ってのは試験範囲だけど、もともと牧畜の飼料などに使う「ルーピン豆産業の父」とも呼ばれているよ~。

(About John Gladstonesより)

www.agric.wa.gov.au

 

ワイン・サーチャーの記事はやはり秀逸。

https://www.wine-searcher.com/regions-margaret+river

https://www.wine-searcher.com/regions-western+australia

 

現地ではソーヴィニョン・ブランとセミヨンのブレンドワインはSSB(=エス・エス・ビー)とかSBS(=エス・ビー・エス)って呼びます。ブレンド比率が高い方の名前が先で... (例)SSB = S(セミヨン)主体で→SB(ソーヴィニョン・ブラン)を足している。逆もまたしかり。

Western Australia's trademark wine is a blend of Sauvignon Blanc and its famously grassy Semillon. This classic white Bordeaux blend is casually referred to as 'SSB' or 'SBS', depending on the proportions of each variety, and is often the entry-level wine by which a producer is judged.

 

海岸線の崖(がけ)がブドウ畑を海の寒さから守っている!

The Leeuwin-Naturaliste ridge is responsible in no small part for the Margaret River terroir. A ridge of gneiss and granite that runs north–south for the length of the peninsula, it is covered by rusty-red laterite soils, rich in aluminum and iron. Although not very high, the ridge gives sufficient shelter to the vineyards immediately behind it and moderates the prevailing coastal breezes that blow in from the nearby beaches.

↓00:31~からのイメージかと...地形は大事。


The history and evolution of Chardonnay in Margaret River

せっかくなので↑にカラめて、この地域のカベソーの味わいについて!


Margaret River Makers: Cabernet Sauvignon

 

あと、この地域の公式ウェブサイトによると...

margaretriver.wine

カベルネ・ソーヴィニヨンは “Houghton(ホートン)” clone selection

シャルドネは “Gin Gin(ジン・ジン)” clone selection

...とかってクローンを使ってる模様。

 

最後にまとめ的にこの地域の50周年記念ワインテイスティングイベントの動画。前述ヴァス・フェリックス・ワイナリーの方とか評論家のジャンシス・ロビンソンとか豪華メンバー!そうそう1960年代くらいからですからねッ。


Margaret River Wine Fifty Years in the Making Tasting

 

 

【編集後記】

マーガレット・リヴァー単体としては、これくらい分かってりゃいいんじゃないでしょーか。それ以外に関してもまだ2020年のソムリエ教本が届いてないのでヘタに書いてよいものかどうか悩みます。届いてる方ウラヤマシス。

 

以上