ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【ウルグアイ】耳慣れないワイナリーの所在地 ~ ★ロス・セロス・デ・サン・フアン / ★ボデガ・ガルソン / ★ボデガス・カラウ...など ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210327121316p:plain

 

▼問題

ウルグアイのワイナリーと所在地の組み合わせとして正しいものは?

1:(名称)ロス・セロス・デ・サン・フアン - (地)モンテビデオ

2:(名称)ボデガス・カラウ - (地)コロニア

3:(名称)ボデガ・ボウサ- (地)カネロネス

4:(名称)ボデガ・ガルソン - (地)マルドナド

※ソムリエ教本'21 記載ページ 717 ~ 718

 

 

▼答え

4:(名称)ボデガ・ガルソン - (地)マルドナド

詳細は後ほど。。。

 

1:(名称)ロス・セロス・デ・サン・フアン - (地)モンテビデオ コロニア

国内最古 - 実はドイツ系

1854年頃、ドイツのラフセン家は、長い農業ブドウ栽培の伝統を持ち、サンファン川とデラプラタ川の間にある4つの牧場を買収し、農村部の会社ロスセロスデサンファンイコチコを生み出しました。」(歴史のタブのページ)

Google 翻訳

http://www.bodegaloscerrosdesanjuan.com/vinedosybodega.php

 

2:(名称)ボデガス・カラウ - (地)コロニア モンテビデオ

老舗家族経営 - スペイン系

カラウ家のワイン造りの伝統は、1752年にスペインのカタルーニャ地方で始まりました。」「1887年に建てられ、カラウ家によって回収された、国内で最も古い(...部類の...)ワイナリーの1つ。」「モンテビデオのダウンタウンからわずか数分の場所に」

Google 翻訳

https://bodegascarrau.com/

 

3:(名称)ボデガ・ボウサ- (地)カネロネス モンテビデオ

 国内外で高い評価 - 実は「ブドウは、カネロネス地方にあるブザの2つのエステートブドウ園から供給されています。」意外に新しい「フアンとエリサは、1942年にヌマペスケラによって最初に建てられた歴史的なワイナリーを復元することにより、2000年にボデガブーザ(≒ボウサ)を設立しました。

Google 翻訳

www.elixirwinegroup.com

 

▼まとめ

f:id:ttrd80:20210327113526p:plain 

 

▼参考資料

・概要

(★=オススメ度)

ウルグアイ全般について。まずサラッと流しましょう。

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

次に英語だけど↓も流す。微妙に情報源が少なくてツラそう。

[12分22秒]


Winecast: Uruguayan Wine and Tannat

 

・生産地域

次にウルグアイ全地域の概要。残念ながら内容は薄い。

Google 翻訳

www.uruguay.wine

 

・今回特にオススメの記事が↓

軽い国の概要 + 主要産地 カネロネス、マルドナド、コロニア + 品種はタナ、アルバリーニョについて。良いまとまり具合★★★

Google 翻訳

daily.sevenfifty.com

 

ボデガ・ガルソン@マルドナドについて★★★

スゲー最新式の設備です。「細長い樽」なんて初見。芋虫っぽいな。。。

↑ページ「アルゼンチンの億万長者アレハンドロ・バルゲロニによって設立」はダテじゃなさそう。&「ゼネラル・マネージャーであるクリスチャン・ワイリー」が登場。

[6分24秒]


Bodega Garzón, fine wine from Uruguay

 

以上