ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【雑学】oiv? 〜 ナゾの組織の面白いとこ【まとめ】


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['24.2.15 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


ソムリエ教本(2024)を開くと

目次の次に出てくるのが同組織の世界地図&統計だ

 

今回は標題に沿い筆者の発見をメモしておく

 

目次

 

1:組織ができたキッカケ=「フィロキセラへの対応」

 

2:事務所(拠点)は仏ブルゴーニュのディジョン

昔はパリにあった


3:アメリカは不参加(+日本も)

 

4:参加団体 : ASI → わかる、寧夏自治区 → えっ? 

テキサスも意外

 

5:議会のテーマ → 試験(+コンテスト)への影響がありそう

2021 ???

2022 “Current challenges: sustainability, COVID and climate change” 現在の課題: 持続可能性、新型コロナウイルス、気候変動

2023  "Viticulture and information technologies" ブドウ栽培文化と情報技術

2024 “Centenary congress: vine and wine: an innovative heritage facing this century's challenges” 100 周年会議: ブドウとワイン: 今世紀の課題に直面する革新的な遺産

 

6:会議の発表動画が面白い(特に後半の「質疑応答」)

泡が伸びてるとか、赤が落ちてるとか、低アルコールが若者に人気とか

youtu.be

 

参考

(和訳)

https://fr.wikipedia.org/wiki/Organisation_internationale_de_la_vigne_et_du_vin

https://en.wikipedia.org/wiki/International_Organisation_of_Vine_and_Wine

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%8D%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

 

以上