ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
ソムリエ3次試験「サービス実技・書類審査」対策【超まとめ】


【中国】のワインってどうなの? - 歴史を一気にみてみよう!

引き続き中国です。タイトルの通り、以前の協会冊子wikiを一気にまとめたところ、こんなんできました~!

特に[History]を参照

Wine in China - Wikipedia

 

ネチネチと小分けに紹介してもいいけど流れを俯瞰しにくいので一気に年表で見てみましょう!

f:id:ttrd80:20191012123238p:plain

 

で、やっぱ、まだ地図覚えてない人いるよね~。

↑に関連する位置をまとめておくと...

f:id:ttrd80:20191010122823p:plain

 

ポイントを強調しておくと...

・中国はジョージアより1000年古い!

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/111500443/?P=2

・特に、時代に中央アジアからの影響で動きが多い!

・(もちろん) 前回やった近代の張弼士(ちょう ぴし)は忘れずに!

張裕ワインって?

...ってところ(´_ゝ`)

 

一言で中国のワインの歴史をまとめる

自ら細々とワインは作っていたけど、中央アジアからの影響に支えられながらワイン文化は少しずつ根付いていった!

...となるでしょう。

 

・・・

 

あくまで個人的な見解ですが、おそらく中国でワイン造りがそこまで根付かなった背景には必要性がなかったからだと考えています。という理由は↓の2本じだて!

 

(地域によりますが) 中国は少し日本に似ていて

f:id:ttrd80:20191010143804p:plain

土地が豊か農耕がさかん=穀物が多くとれるのであれば、ブドウのようなすぐに傷むものをわざわざ収獲直後に醸造するなんてめんどくさい事をする必要がない。

そう、ビールとワインは同じ醸造酒だけど、決定的な違いは原料の保存性にあるのだ(; ・`д・´)!ワインがヨーロッパで広まったのは、その昔、兵糧(ひょうろう)を多く持つ農耕が盛んなローマ帝国が軍事力で狩猟民族に近いギリシアに勝った後、痩せた土地でも育つブドウに目をつけて各地の植民市で育て始めたのがきっかけ。ちなみに日本の山梨は米が育たない水はけが良過ぎる痩せた土地だった(汗) んで、あきらめて果物育ててみたら全然イケるやんけ~( 一一;) ってなったのよ。(...ってなことをブラタモリで見た!)

f:id:ttrd80:20191010144330p:plain

水も豊か=砂漠地域ではないので、生理的に水分を確保する為にワインを造り保存しておくという必要性がなかった。

中世のヨーロッパとか疫病などで衛生的に生水がのめないとかあったからね~。

 

「いやいや、中国は黄酒(ホアンチュウ : 紹興酒もその種類の1つ)が一般的だったからだろ!」って言ってしまえば、そこまでですが...( 一一;)

 

・・・

 

さて、内容を戻しますが

補足としてこれくらい見ておけばというもの...

日照で見つかったワインカップ (意外に立派!)

Classic Chinese Porcelains – ALL THINGS CHINESE

張騫(ちょうけん)

ja.wikipedia.org

神農本草経(しんのうほんぞうぎょう
)

ja.wikipedia.org

葡萄歌

f:id:ttrd80:20191010124549p:plain

こんな略↓でok? 教えて!エライ人~m(_ _)m マジデワカラン...

「我ら晋人(=陝西省らへん地域の人々)よ、宝石のような美酒となる種をまけ!民の渇きを満たす為に。さすれば涼州(=現在の甘粛省らへん)の統治もたしかとなろう。」

・魏・初代皇帝 - 曹丕 (そうひ) のコメント

"is sweeter than the wine made [from cereals] using ferments and sprouted grain. One recovers from it more easily when one has taken too much."

(ワインは...)「穀物を発芽させて醸造したものより甘い。飲み過ぎても、より早く回復する」

 

wiki を読む為のヒント 英語→日本語

Jiahu archaeological site = 賈湖(ジアフー : かこ)遺跡 ...文字のwiki 

Complete Tang Poems = 全唐詩

Emperor Kangxi = 康熙(こうき)帝

Shandong = 山東省

Rizhao = 日照(にっしょう)市

sorghum (ソルガム) = もろこし

Han =  

Zhang Qian =  張騫(ちょうけん)

Dayuan = 大宛(だいえん)

Shaanxi = 陝西(せんせい)省

Shennong Bencao Jing = 神農本草経

materia medica = 医学書 (中国だけではない...世界の...)

Wei emperor Cao Pi = 魏の皇帝 曹丕(そうひ) : 曹操の息子

Gansu =  甘粛(かんしゅく)省

Tang =

Gaochang = 高昌(こうしょう)

Xinjiang = 新疆(しんきょう)ウイグル

Taiyuan太原(たいげん)市

Shanxi =  山西省

Zhang Bishi  =  張弼士(ちょう ぴし)

Yantai = 煙台(えんたい)市

↓分かったらレッツゴー(; ・`д・´)!

[History] のとこ。

en.wikipedia.org

...です。

 

次回は近年の国内のトレンド or  各産地(省)の詳細をとりあげる予定です。乞うご期待!

 

 

【編集後記】

昨日は試験、お疲れさまでした~。

この時期はネチネチと待ちましょう!

www.youtube.com

 

以上

【中国】のワインってどうなの? - 近年の中国ワインを知るクイズ【3問】

引き続き中国です。

f:id:ttrd80:20191007152942p:plain

 

今回は今週の二次試験と同日('19/10/9 水)にエクセレンスも試験ってことで、試験に出そうな内容を。

 

その前に...

 

【訂正のお詫び】

2017年のoiv調べでは中国のワイン生産量7位でしたm(_ _)m

【中国】のワインってどうなの? - という質問に答えたい! - さわり ~ ブドウ→ワイン生産量 - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

冬将軍の範囲 & 暗記用のイラストを修正しております。

【中国】のワインってどうなの? - 生産量の伸び - 生産地 - 冬場の工夫など - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

 

それでは本題のクイズに入ります。

いつもなら選択肢を用意してますが、エクセレンスの本番さながら記述式でいってみましょう!

 

あ、この前のこの冊子からの出題ね~。

f:id:ttrd80:20190930141134p:plain

 

 【問題1】中国のカルトワイン「アオ・ユン」が生産されるのは何省?

A:雲南省

f:id:ttrd80:20191007111023p:plain

[公式ページ]

https://www.mhdkk.com/brands/ao_yun/history/index.html

[呑まれた方のご感想]  -  微妙なのか...( 一一;)?

blog.livedoor.jp

まとめサイト好きならこの山の近く!筆者は登山ネタのエグさが好き。

tozanchannel.blog.jp

ちなみに『シャングリ・ラ』って言葉はこの雲南省ヒマラヤ付近の理想郷のこと。桃源郷と同意。おいおい教本にも載りそうなので先に解説しておきます。ちなみに同省にはシャングリラ(ワイナリー)ってとこもあるよ~。わしゃ電気グルーヴの曲のイメージしかなかった( 一一;)

シャングリラ - Wikipedia

Best Chinese Wines - Top 10 Brands for You to Choose

 

・・・

【問題2】中国山東省・煙台市で設立された近代最初のワイナリーと呼ばれるのは?

A:張裕(チャンユー)

f:id:ttrd80:20191007134633p:plain


できたらこの記事↓は読んで欲しい!

創業者張弼士(ちょう ぴし)はビジネスチャンスに対する嗅覚が鋭かったのね~。数年後にはテストに出そうな人名なので強調しておく!

[張裕ワインの設立] 歴史から今後の動向まで一発で分かる。

www.cnjpgroup.com

ちなみに、↑張裕ワイナリーは中国の4大ワイナリーの1つと呼ばれているんだけど、他の3つも軽くだけみておきましょう。

 

・長城  (グレート・ウォール)

1979年国内初の白ワインを生産 - 品種はLongyan (龍巌)

国有企業の子会社 - 傘下の「シャトー・サンゴット」は国際会議などでよく出されるそうな。本拠は河北省

 

f:id:ttrd80:20191007140455p:plain

 

・王朝 (ダイナスティ)

1980年、レミー・マルタンとの合弁で設立。

 本拠は天津

f:id:ttrd80:20191007140621p:plain

 

・威龍 (ウェイロン)

1982年 山東省に設立された民営企業、上海に株式上場。

国内外に展開。オーストラリアなどでワイナリーを買収

f:id:ttrd80:20191007140830p:plain


 あ、あとついでに↓も知っておいて!

・戎子酒庄 (Chateau Rongzi シャトー・ロンズィー)

ペトリュスの前醸造責任者 ジャン・クロード・ペルーエがコンサルタントを務める。 

山西省のワイナリー。

f:id:ttrd80:20191007142855p:plain

 

たぶん、まだ中国の地図も覚えていないダラしない人もいるだろうからまとめておく! 無論ワシのことや~( 一一;)

f:id:ttrd80:20191007170311p:plain

 

・・・

【問題3】中国の寒い地域の栽培で注目される、フランス・モンペリエで1961年交配されたカベルネ・ソーヴィニョンとグルナッシュの交配品種は?

A:マルスラン

f:id:ttrd80:20191007150551p:plain

これは「どこまでかな?」とは思ったけど冊子に強調されていたので要チェック。育てやすかったし味覚にあってたってとこでしょうか。

 

↓記事がよくまとまってるので読んで欲しい(; ・`д・´)!

・The origin of Marselan
・The journey to China
・The future star in China

https://www.decanterchina.com/en/columns/demeis-view-wine-communication-from-a-chinese-winemaker/marselan-the-future-signature-grape-of-china


 

【編集後記】

先日、脳の可塑性というテーマでお伝えしましたが、『人の想い』ってサカナクションの歌詞のように、点が線になって連れていってくれるのではないかという気がしています。あと二次試験まで2日ですが駆け抜けて下さい。

疾走感のあるバクマンの映画に凄くあってたなぁ(´_ゝ`)

www.youtube.com

 

以上

【中国】のワインってどうなの? - 生産量の伸び - 生産地 - 冬場の工夫など

引き続き中国です。

また大きな枠からみていきましょう!

 

◆国内のワイン生産量の推移

まず産地を知る前に、前回と少し内容がかぶるけどワイン生産量の推移をみておきましょう(-ω-)/

f:id:ttrd80:20191004134145p:plain

 

基本的に2000年くらいからアゲアゲ

飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこのこと!(龍って書いたけど...)

 

ちなみに、そのうち国内消費されています。

https://www.researchgate.net/figure/Main-wine-regions-and-wine-production-in-China-Source-Data-of-wine-production-of-China_fig1_321419762

 

◆国内のワイン産地

次に、本題の生産地をみていきます!

ちょっと古いデータですが、各産地ごとの生産量のランキングがこちら。

あんま中国の統計とか資料って少ないのよ...かんにんやで~( 一一;)

f:id:ttrd80:20191004193931j:plain

https://www.researchgate.net/figure/Main-wine-regions-and-wine-production-in-China-Source-Data-of-wine-production-of-China_fig1_321419762

 

前回ご紹介したソムリエ協会の月刊誌に7つの主要産地と強調されていたので、その場所くらいは把握しておくと良いかも。

 

細かい内容に関しては次回以降にご紹介する予定です。

また多分『情報盛りだくさんの地図』は作ると思われます( 一一;)

 

◆暗記用

そうそう、暗記用にシンプルな地図ものせときますね~。

 

問題

f:id:ttrd80:20191004143208p:plain

 

正解

f:id:ttrd80:20191004120516p:plain

 

イタリアの州は言えても中国の省は知らない方が多いんじゃないかな~?とりあえず今回は大まかな省や産地を覚えてね!

 

で、最後の内容↓はオマケ。

 

◆寒すぎる地域は冬場ブドウの木全体を土に埋める!

↓ちょこっとリンク先の画像が出てるけどブドウの木を地中に埋める作業の写真なり!

www.thedrinksbusiness.com

 

実は、中国の北部では零下17度まで気温が下がるところがあって、↑をしないとブドウの木が死滅してしまう(; ・`д・´)!この労力というかコストがバカにならないから中国北部の農家は大変なのだ~。

 

実際どの程度の範囲で土に埋める作業をしないといけないか?をみてみよう!

f:id:ttrd80:20191006230902p:plain

https://www.decanterchina.com/en/regions/china/

 

わりと広い範囲でやってますね~。

つまり、中国のワインを呑んだら冬場土に埋まってたブドウの木から造ったワインって可能性もけっこうあるってこと。

ロマンがあるな~。ワイン系の漫画のプロットに使えそう(笑) 

 

ちなみに、ブルゴーニュとかだったら↓みたいな 土寄せ (ビュタージュ)すれば済むらしいんだけどね~。「そんな甘いレベルじゃねぇぞ!中国の寒さなめんなよ。」って感じ。

www.youtube.com

 

今回の内容をまとめると...

・中国のワインは2000年から急成長

・主要な産地のざっくりとした位置を覚えよう!

・北部は寒さが厳しいから土に埋めている

...ってことね。

 

次回に続きます。乞うご期待。

 

 

【編集後記】

[3次試験前にでも書こうと思っていたネタ]

さる数年前=筆者のソムリエの三次試験(=サービス実技)の時、「少しでも試験官の印象を良くしておこう(; ・`д・´)!」と普段生やしているアゴヒゲを剃って試験にのぞんだのですが...

 

会場(大阪)についたら男塾男爵ディーノみたいな方がいて、こんな派手なのがいるんだったら全然大丈夫だったんじゃねーの?( 一一;) とか後で思ったり。

f:id:ttrd80:20191004130927p:plain

 

見た目がどの程度考慮されるのかは知りませんが、いらぬ心配だったのかも 笑

 

以上

【中国】のワインってどうなの? - という質問に答えたい! - さわり ~ ブドウ→ワイン生産量

先日、二次試験と同日にあるエクセレンスの試験を受ける方がご来店

お客さんに「中国のワインってどうなの?」と聞かれてこまった事が2~3度あったので、個人的にそろそろまとめておこうと思います( 一一;)

 

まず手元にあったらこれを見て!

中国に関する記事が載っています。

f:id:ttrd80:20190930141134p:plain

エクセレンスの試験内容は協会の月刊誌からも普通に出題されるのだ~。

 

で、基本的には wiki に沿って解説します。

en.wikipedia.org

 

というところで、まず大きなテーマから順番に見ていきましょう( `ー´)ノ

 

◆中国の ぶどう生産量 ワイン生産量

 

まず、理解しておきたいのは

中国は世界で一番ぶどうを作っている国!という事実w

えー、これはワイン以外にレーズン(≒干し葡萄)食用を含みます。

 

f:id:ttrd80:20191007103558p:plain

 

f:id:ttrd80:20191003103250p:plain

http://www.oiv.int/public/medias/6371/oiv-statistical-report-on-world-vitiviniculture-2018.pdf

 

次にワインの生産量を見てみましょう!

 

f:id:ttrd80:20191007103233p:plain

http://www.oiv.int/public/medias/6371/oiv-statistical-report-on-world-vitiviniculture-2018.pdf

  

2018年のデータは出ていませんが、2017年の時点で南アと同率

だいたいですが、中国ワインの生産量に関しては10位圏内に入っているという認識をもっておきましょう。

 

今回の内容をまとめると...

中国はブドウの生産量だけで見ると世界No1だけど、ワイン用に使ってるのは、そのごく一部

...ってこと。

 

あんま筆者自身内容を詰め込むと気負ってしまうので今日はここまで( 一一;)

こんな感じでダラダラ続けたいと思います。乞うご期待。

 

あ、そうだ、向学心溢れる方は動画で予習しておいて!

有名な産地、Ningxia (ニンシャ) = 寧夏(ねいか) なんて出てきますが?どこにあるか分かるかな?

寧夏回族自治区 - Wikipedia

www.youtube.com

 

 

 

【編集後記】

二次試験までもうあと1週間を切りましたね。

決戦の時は近い!ラスボスを倒す気持ちでいきましょう( `ー´)ノ

www.youtube.com

 

以上

【フランス】ジュラ地方の歴史 - ヴァン・ジョーヌとシェリーの関係性

久々になってしまいました。

 

今回はフランスのジュラ地方です。

www.youtube.com

 

1次は通られたというか、基礎的な知識はあるという前提

いきなりですが問題 (論述) (; ・`д・´)!

 

Q「産膜酵母をキーワードにヴァン・ジョーヌシェリー(フィノ&マンサニージャ)の違いを簡潔に述べよ!」

答え

同じく産膜酵母を利用するが、シェリー(フィノ、マンサニージャ)はグレープ・スピリッツを加え酒精強化を行う。

 

細かくは↓を参照。

blog.iwfs.org

 

それぞれの詳細についてはこちら。

ja.wikipedia.org

 

余談ですが、ヴァン・ジョーヌの芳香成分ソトロンは近年加えられた内容なので要チェック!

ソトロン - Wikipedia

 

ja.wikipedia.org 

 

ここまでの回答なら誰でも調べれば答えられます。

で、ここからが一歩先の勉強!

 

2019年 ソムリエ教本 351ページ「ハプスブルグ家の手に渡った」とありますが、この一行がスーパー重要 (´_ゝ`)!

 

実はこの2つの似たワインの背景に、ジュラ地方は16~17世紀にスペイン ハプスブルグ家の統治にあった影響が考えられます。

ja.wikipedia.org

 

ちなみに、これが当時のハプスブルグ家の領土でっす。

ちゃんとジュラ地方のとこも色が付いてますね 笑

http://livedoor.blogimg.jp/lingvistika/imgs/6/1/61e673a4.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/lingvistika/imgs/6/1/61e673a4.jpg

 

あくまで私的な見解ですが、こちらを読むとスペインのシェリー酒がジュラ地方用にヴァン・ジョーヌとしてローカライズされたというニュアンス。

books.google.co.jp

aboutsherry.info

 

とまぁ、今回は歴史からシェリーとヴァン・ジョーヌの類似性を紐解いてみるという話でした~。

 

 

【編集後記】

こういう事を学ぶと店でヴァン・ジョーヌを出す時があったらマンサニージャをサービスでちょこっと出して比べてもらうなんてものオシャレな演出かも。もちろん製法や歴史のウンチクを添えて。

f:id:ttrd80:20190925134722p:plain


以上

【テイスティング】上達の流れ - 3段階を理解しよう!

今回は二次試験のテイスティングについてです。

といっても、もう細かい事については書きませんが概念だけ。

 

まず、こちらの動画をご覧下さい。

・設定で日本語の字幕をONに!

・「脳の可塑性(かそせい)」とはカンタンに言えば「伸びしろ」のこと!

www.youtube.com

 

まとめ

学習には3段階ある。

 

段階目

= 脳の神経細胞の物理的変化

 ・短期記憶(的) - すぐ忘れやすい

 ・単体の知識

    テイスティングでいえば...品種単体のコメントが出来るようになる

 =ピノ、カベルネ、シラーなど (1つ1つのコメント)

f:id:ttrd80:20190919090710p:plain

 

段階目

= 知識の構造化 ≒ ブロック化

 ・長期記憶 - 忘れにくくなる (おそらく知識どうしが関連付けされている為)

 ・関連付けられた知識

    テイスティングでいえば...品種ごとの違いを理解

 =ピノ ⇔ カベルネ ⇔ シラー など

f:id:ttrd80:20190919100421p:plain
 

段階目

= 脳の特定の領域が活発化する=少しの刺激で興奮しやすくなる

 ・感覚が敏感になる

    テイスティングでいえば...香味や見た目の違いに敏感になり対応できる

f:id:ttrd80:20190919092244p:plain

 

...という、テイスティングに限らず非常に汎用性のある内容かと。

  

 

【編集後記】

 IT業界・〇〇コピペ風に言えば...

単体のテーブル(表)の集まりから、リレーショナルデータベースになって、モロ感になる!って感じ。

 

最近の愛読書のこちらに「(人の)精神とは論理構造である」とあり、生きるのに必要なロジックのかたまり(今回で言えば第2段階)=精神≒人格 みたいなニュアンスで、脳の処理として学習も精神も変わらないのでは?という結論にいたったのでした。

つーか学習自体、精神の一部か。。。

f:id:ttrd80:20190919092947p:plain

 

以上