ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

【土壌】仏ロワール「トゥファ」vs 伊カンパーニア「トゥーフォ」を整理しておく

えー、今回はタイトルの通り。

久々にフォローアップセミナーの内容を深掘りしてみました。

 

【参考資料】

実は似たような名前あるのよ~。

bubblyprofessor.com

 

(ヨーロッパの地質マップ)

http://www.southampton.ac.uk/~imw/jpg-maps-geological/12MPS-Geology-Map-Western-Europe.jpg

 

・・・

 

まず1つ目

仏ロワール渓谷地方 - トゥーレーヌ地区に出てくる

トゥファという土壌

↑では tuffeau

石灰岩の1つパリ盆地由来の海洋性堆積物

要は

f:id:ttrd80:20191211235703p:plain

 

 

次に2つ目

伊カンパーニア州

D.O.C.G. グレーコ・ディ・トゥーフォ―という名前

ワインは・スプマンテもある!

↑では tuff(タフ)

火山性土壌の意

f:id:ttrd80:20191212001404p:plain

 

最後に3つ目

↑Tufaに関しては

ロワールのtuffeau[トゥファ]とカタカナ読みが同じでまぎらわしいけれど意味は↓

ja.wikipedia.org雨で石灰岩が溶け出したのが固まったって感じ。

 

この地質では↓が有名らしい。

f:id:ttrd80:20191212010306p:plain

 

【おまけ】

トゥファなどの石灰質≒アルカリ性植物に良い理由  

その1☆前提

水素イオンが多い=酸性 ⇔ 少ない=アルカリ性

www.suzuken-ltd.co.jp

 

その2☆応用

土が酸性

=結合に必要なマイナスの電荷を(酸性なので数多くある)水素イオンが使ってしまう

栄養が流されてしまう

土に栄養が溜まりにくくなる!

kyonou.com

 

 

【編集後記】

先日読者の方からソムリエ協会スカラシップに選ばれたとご連絡を頂きました。

 

通過者のリストを見せていただいたのですが、な、なんと、なみいる都市部のホテル・有名レストラン・ワインバーなど超大手出身者の強豪に喰い込んだご活躍には心が振えました(; ・`д・´) sugeeeeeee

 

今後も陰ながら応援してまーす。ホントめでたくって嬉しい限りです☆

 

以上

【チリ】ピスコが広まったワケ - 他エキスパートの思考など

今回はチリのブドウを使った蒸留酒ピスコでーす。

 

当方、店ではワインの3種飲み比べセットというものを出していますが

たまーに受験生の方も来られるので変化球として試験にも出るピスコを出してみよう(; ・`д・´)!と昨日1本購入してみました。

 

コレね↓ コレ

チリ産 ピスコ アルト・デル・カルメン ピスコ トランスパレント

けっこう安かった(; ・`д・´) ...ってのはさておき

インポーターはモトックス。 

産地の アタカマ州 エルキ・ヴァレーなんて試験範囲ですが

自信の無い方は↓をチェック! (今回はせめてこの位置だけは覚えておいてねっ☆)

f:id:ttrd80:20191210094117p:plain

 

 

さて、ここから先は試験とはカンケーない話

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

(参考資料)

en.wikipedia.org

 

そもそも、ピスコとは現地の言葉でという意味。かつ...

スペインの植民地だったペルーの貿易港「ピスコ」に由来するよ。

f:id:ttrd80:20191210102421p:plain

左上のパナマ、グアテマラは後で出てきます。

 

ここからは小話形式でピスコの話をしていきまっす。

 

(16世紀)

スペイン

 「よっしゃ、ペルーを植民地にしてやったわ(; ・`д・´)」

 「お前らブドウでも育ててワイン造ってみんかい!」

ペルー

  実はブドウ栽培に最適の土地

  →安くて質の高いワインを量産

  →スペイン本国の貿易を圧迫

スペイン

 「お前ら、やり過ぎや!」

 「ワシらの商売邪魔するつもりか?」

 「ワイン畑つくるの禁止な(; ・`д・´)」

ペルー

 無視  

スペイン

 「ワインはパナマ、グアテマラ↑に輸出禁止な!」

ペルー

 「グヌヌ...(+_+)」

 

実はこの頃もピスコ生産はされていたけど

1687年に起こったペルーの大地震でワインやピスコを入れていた壺(≒アンフォラ)が割れるれると同時に産業も崩壊。

f:id:ttrd80:20191210150556p:plain

 

(17世紀初頭~)

ペルー

 「ワイン生産はアカンようになってしもーた( 一一;)」

 「せや、蒸留したろ!」

 本格的にピスコ生産開始!

 「お隣ボリビアのポトシ鉱山の発掘とか、ピスコはアメリカ大陸の労働者に需要あるやんけ~」

 

(18世紀)

ペルー

 「なんかキリスト教の勢いが失速しとるな~。」

 →ブドウ畑が減る→ピスコ生産減る

スペイン

 「せや、お前らラムの生産は許したるわ!」

ペルー

  「くそー、質の高いピスコが造れるのに、粗悪なラムとは...(。-`ω-)」

 

(18~19世紀)

コットン=綿の需要が高まる!

さらにアメリカの南北戦争(1861~1865年)で値段が急騰!

f:id:ttrd80:20191210120256p:plain

ペルー

  「せや、ピスコ造るん辞めて、コットン(綿)の生産に切り替えたろ!」

 →ピスコ生産減る

 

(19~20世紀)

チリ

 「ゴールドラッシュでアメリカが沸いとる!」

 「よっしゃ、ペルーのピスコに負けず、ワシらの蒸留酒も売り出すで~」

アメリカ

 「えっ、それってピスコだろ?」

チリ

 「グヌヌ...( 一一;)」

 (もう、ピスコって名前でエエわ...。)

 

 

まぁ、こんなオチです。

接客業の方はイキイキとこんなピスコの歴史で漫談が出来るようになればパーフェクツ☆

 

もっと興味がある方は↓

最初の4分くらいだけ見ればOK

www.youtube.com#1853年=日本が黒船来航で騒いでいる時、サンフランシスコではピスコ・サワーのカクテルを楽しんでいたそうな(´_ゝ`) フフフ

 

 

【編集後記】

飲食の方は試験に挑戦するのを恐れないで! - その理由とは?

飲食業でなおかつ調理をされているなどお客さんや同じ業界の人との接点が少ない方へ!

 

筆者がよく接するワインエキスパートの方がよく口にされるのが

「落ちても(特に)失うものが無いからね~」というセリフです。

(もうかれこれ5人以上から聞いたと思います...)

 

やはり、がっつり飲食=多少なりともワインに関わる仕事で生計を立てていると、周囲の目クローズな環境から試験を恐れ気味ですが、エキスパートの方は↑のような考えで気楽に試験を受けているという事実があります。

 

なので、飲食でソムリエに挑戦される方も

是非↑のような考えに習って気軽に考えてみて下さい。

 

ここ数回は精神論ばかりで申し訳ないですm(_ _)m

ついでに言えば、業種によっては「4~5人に1人通る試験なんて余裕じゃん!ウチらはもっと厳しい試験をくぐり抜けてきた!」という方も。続きは↓

 

(関連記事)

www.takamocori.info

 

以上

【2020年版】ソムリエ試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい! - 他アドバイスなど

f:id:ttrd80:20191207110536p:plain
えー。今回は2020年ソムリエ試験に挑戦しようと思って見て下さっている読者の方もいるかもしれないので合格するまでの考え方を簡単にお伝えしておきますね~。

 

先日合格発表もあったのでちょうどいい時期なんじゃないかな~(´_ゝ`)

 

願書提出編

Q1:受かる自信が無いがチャレンジすべき?

→とりあえず申し込め(; ・`д・´)!

 

Q2:教本が厚すぎるが大丈夫か?

→見た目にダマされるな!問題さえときまくれば1次は通る!

 

1次試験(座学)まで編

Q3:教本以外のテキストや問題集が高い!買うべきか?

→金があるなら買え! & 悩むぐらいなら買え!

 

 

Q4:テキストや問題集がいっぱいあるが何を買えばいい?

→なんでもOK!試験までにどれだけ多くのパターンの問題をといたかだけ!

 

Q5:スクールに通うべき?

→勉強的には不要。だた受験仲間はできる!

 

Q6:教本は丁寧に読破すべき?

→どっちでもOK。

 

Q7:2回受験できるけど、どうすべき?

→どっちでもOK。1回に集中して通った人もいる!

 

Q8:スクールなどがやってる模試は受けるべき?

→YES、可能な限り受けるべし!

 

あ、そういや試験前の1週間など有給をとってガッツリ勉強したって方が多かったです。

 

2次試験(テイスティング&論述)まで編

Q9:全然ワインを飲んだ経験が無いけど大丈夫?

→YES、全くの未経験からでも1か月程度練習すれば可能!

 

Q10:二次はスクールに通うべき?

→YES、一回だけは誰かに習え!

 

Q11:ワインは何を買えばいい?

→ワインショップや近くの資格持ちに聞け!

 

Q12:スクールがやってる二次の模試は受けるべき?

→YES!コンプリートする勢いでいけ!

 

Q13:論述の勉強はどうしたらいい?

→最悪1次試験を通った自分を信じろ!どーせ、みんな書けない難しい問題はみんな書けない!

 

3次試験(実技)まで編

Q14:サービスをやった事がないが大丈夫か?

→大丈夫。1カ月程度の練習で可能!

 

 

ここでまとめておくと...

どんな手段・方法を使おうが通る奴は通る!

(テキスト・問題集・スクール・先生のことね)

f:id:ttrd80:20191207111741p:plain

 

このブログを始めてもう2~3年になりますが、去年・今年辺りから合格された読者の皆様のご感想を聞いていると合格までのノウハウも千差万別なので細かい事はどうでもいいという考えに至りました 笑

 

もちろんラッキー☆が全く無いとは言い切れないけれど、間違いないのはとりあえず受験してみたから合格したというコトです。

 

あと、

高い受験料を払って願書を出す時、

わりと高価なテキストや問題集を買う時、

二次試験用に大量にワインを買う時、

スクールに通うべきか悩む時...など

 

「これホンマに意味あるんやろか( 一一)?」

「こんなんやってもホンマに受かるんやろうか?」

...といったギモン常につきものです!

 

ですが、あまり考えすぎずに思ったコトを可能な限り行動にうつしてみて下さい(; ・`д・´)!

 

もし頭がパンクするくらい考えに考えぬいたコトが全て上手くいくようであれば、ほとんどの人の人生が大成功しているはずです。

 

これまでの常識心の中での縛り葛藤制限などの雑念をダマらせ、ただ「試験に通って幸せになりたい!」といった心からのソボクな願い潜在意識☆に全てまかせてみて下さい。

 

そして...

ぜひ、その小さな希望の火を消さないで下さい。

(これだけが筆者の切なる願いです。)

 

ヒントはこちら↓

☆素晴らしい記事☆だったのでご紹介しておきます。

hikiyose-diary.blog.jp

 

考えすぎて動けないIQの高い人より、動けるバカの方が強い!

 

以上

【ワイン概論】ロシアのスーパーから砂糖が消えたのは何故か? 他二次アドバイスなど

f:id:ttrd80:20191206011639p:plain

はい。今回もお客様から教えてもらった知識でーす。

 

【論述問題】

1980年代、ロシアのスーパーから砂糖が消えた。

何故か(; ・`д・´)?

【ワイン概論】の知識を用いて答えなさい。

↓ 

【正解】

密造酒を造るのに...

砂糖(糖分)アルコール発酵に使えるから。

 

最低でも↓化学式の★印は覚えておきましょー。

f:id:ttrd80:20191205234449p:plain

 

この化学式の意味を

活きた知識として身に着けていたかどうか?が試される問題でした 笑

 

さて、ここから先は役に立たない知識です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

ja.wikipedia.org詳しくは ↑歴史 - ロシア を参照

 

データを出すとこうなる↓

f:id:ttrd80:20191206001120p:plain

 

まぁ、生活が困窮すると人はクリエイティブになる!という事ね( 一一;) スゲーぜロシア。

 

飲食などの接客業の方は

お客さんとの↓辺りをネタに会話ができれば上級者だ(; ・`д・´)!

mylife.2chblog.jp

ちなみにロシアでは密造酒のコトをサマゴンと呼ぶよっ☆

 

やはりロシアはこれくらい豪快じゃないと↓

raclacreative.blog.fc2.com

 

同じくアルコール発酵といえば

ウェルチのグレープジュースからワインを造る動画も素敵だ!

かなり砂糖を投入するのね↓

www.youtube.com

 

今回もふざけた内容で恐縮でしたが

教本のアルコール発酵の化学式からこれくらい話を広げれるようになっていただきたいという主旨でお伝えしました。

 

 

【編集後記】

f:id:ttrd80:20191206003754p:plain

先日また今年ワインエキスパートに合格された読者のXさまにご来店頂きました。来年の受験者に役立つアドバイスをお尋ねしたところ、2次試験突破のコツ協会の回答に感覚を近づけるコト。その為には全くの自己流ではなくせめて2次試験前には1度スクールや講習会などで指導を受けるのがベターだそうです。

 

これには完全に同意。

例えば、色が濃い⇔薄い、粘性が高い⇔低いなど、全くの独学だと解答事例をみただけでは自分の感覚と他人との感覚がズレていた場合に致命的だからです。

 

www.takamocori.info

↑にまとめはしましたが表を見ただけでは分からないコトも多いと思うので、できたら2次だけでも単発でスクールに行って下さい! 「こーざ」さんでも、アカデミーさん でも レコールさん でも何でもOK(; ・`д・´)!

 

引き続き、X様はWSETを受験されるとのコト。陰ながら応援しておりますm(_ _)m

 

以上

【日本酒】全く役に立たない酒造メーカー - チート3連発

f:id:ttrd80:20191203150324p:plain

今回はウチの店でお客様から教えていただいた

日本酒の酒造メーカー(≒商人)が完全にチートだというトリビア連発

ムダ知識を接客に活かしてね♡

 

その1

(明治時代)

「米が余って、持ってても傷むし

 来年まで保管しとっても値段が暴落するかも...( 一一;)」

「せや、余った米、日本酒にしたろ(; ・`д・´)!」

大ヒット★

 

そもそも、日本酒の製造が活発になったのは

裕福な商人が余った米の処分に困っていたから。

ja.wikipedia.org#↑「酒米の開発」を参照

 

その2

(江戸時代)

「なんか絵を書いとる奴がおるな~」

「君、屏風(びょうぶ)に絵を書いてみてくれんか?」

大ヒット=国宝に★★

 

日本酒を事業の柱としていた三井家

円山応挙を応援していたとされているよ~(´_ゝ`)

ja.wikipedia.org

serai.jp

 

その3 =ラスト

(昭和3年 in 神戸)

「なんかマッチ作っとる奴らが、学校作ったらしいで~」

「せや、ワシらもつくったろ!」

大ヒット=日本トップレベルの進学校に★★★

 

ちなみにマッチ棒(=火を着ける)のメーカーが協力して設立したのが滝川高校

対して灘の日本酒メーカーが協力して設立したのが灘(なだ)高校でっす。 

ja.wikipedia.org

#灘五郷の、嘉納治郎右衛門(菊正宗)、嘉納治兵衛(白鶴)、山邑太左衛門(櫻正宗)によって設立

 

…つーわけで

何をやっても上手くいく日本酒メーカーのチート3連発でした。

たまにそんな奴いるよね 笑

 

 

【編集後記】

最近、記事が非常にですが

電子出版(=キンドルとか)で本を出す予定でいます。

 

ですが、引き続き見捨てず

お付き合い下されば嬉しい限りですm(_ _)m

 

あ、動画計画はいったん保留。

さんざん労力をかけたものが鹿が壁を登ってるだけの動画に勝てないとか悲しいしね 笑 ↓7000万回再生( 一一;) スゲー

www.youtube.com

 

以上

ワインの販売をしている方にオススメの飲食店を聞いてみよう!

f:id:ttrd80:20191203012043p:plain

これまた来年=2020年に受験を考えておられる方へのメッセージです。

 

先日、ワインエキスパートを合格された東京の方は...

二次試験の対策として

 

ヴィノスやまざき有楽町店で二次試験の対策用にワインを出してもらえたとのこと。種類ブラインドで品種・国・収獲年の当てモノをしてもらえたそうです。

#神戸でも試験対策使いでヴィノスさんにお世話になった方もおられる模様。なので、きっと全国的にやってくれてるんじゃないかな~。東北は店舗が少ないと聞いていますが、、、

 

さらに、8月辺りには甲州、マスカット・ベーリー・Aを極めるべく

山梨のワインまつり的なものに参加(; ・`д・´)!

どうも飲み放題のイベントがあるようです。

 

そして、スクールにはアカデミー・デュ・ヴァンさんの

ある二次試験の対策講座に参加。

#知り合いの方は6回全部コンプリートされたとか 笑

#一回5千円程度との事。安い!

 

なんて具合だったそうです。

 

さらに、ここで筆者からのアドバイスです。

 

特定のレストランやバル、ワインバーなど近しいワインのコミュニティーがある方は別ですが、特にワインに詳しい友達もいるではなく一人ぼっちで試験に臨まれようという方は、是非、お近くのワインショップや百貨店・スーパーのワインコーナーにいるソムリエに「二次試験の勉強をしたいのですが、対策をしてくれるおススメの店はありませんか(; ・`д・´)?」と目を輝かせながら聞いてみて下さい。

 

多分、たいがいの方は優しく教えてくれるはずです。

僕も受験当時は大阪阪神百貨店阪急百貨店でソムリエの方に色々と教えてもらいました 笑

 

素直にものごとを人に尋ねてみるというのもきっと楽しい☆はずですよ!

 

以上