ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【商売 / 生き方】"お客さんとの関係性" を『4パターンのマトリックス』で考えてみよう!

今回もワインの内容でなく恐縮ですが、汎用性 のある ビジネスの話 をしてみたいと思います。

 

f:id:ttrd80:20201113102848p:plain


つい先日、水商売 に入って10年目くらい になりました。ここで筆者が バーテンダーとして働いて得た気付き をご紹介しましょう!!

 

★その1: 「どれだけ頑張っても、好かれる or 嫌われる 確率は一定

f:id:ttrd80:20201112232521p:plain

 

さて、まずはここから。

筆者は80年生まれの ファミコン世代 ですが、ドラクエ とか ファイナル・ファンタジー とかいわゆる RPG(=ロールプレイングゲーム) では モンスターと出くわす確率 = エンカウント率 というものがあります。

 

...で、 現実世界でも、これに近いところがある と思っていて、それは筆者がバーテンダーとしてカウンターに立っていたとしたら「僕を好きになってくれる方」も、はたまた「嫌い(≒苦手)という方」一定の割合 でご来店されるということ。

 

f:id:ttrd80:20201112234852p:plain

 

つまり、お客さんが100人ご来店されるとして、比率 はさておき、例えば 70人は僕が好き(≒許せなくもない)30人は僕が苦手(≒嫌い) ということになります。

 

あ、そうそう忘れていましたが、↑の「頑張る」定義 しておくと 料金 や 飲食物 + サービス内容の充実度 といったニュアンスです。

  

飲食の方なら、「あ、今夜はサービスし過ぎちゃったかな。てへ。」なんてことも多いかもしれませんね (笑) あまりケチり過ぎても店としての魅力が無いし、かといって大盤振る舞いし過ぎてもダメなので経営は「芸術性と合理性の"はざま"」にあると言えるでしょう。

f:id:ttrd80:20201112235244p:plain


その2:...であれば 4つのパターン に分類できる!

さて、この辺りから そろそろ本気を出していきます(笑) が、つまりこーゆーこと(; ・`д・´)!

 

f:id:ttrd80:20201113011651p:plain

個人的に飲食を始めたての方や、若い方がダーツバーなんかをオープンをされて失敗する理由が ↑緑の箇所 というイメージです。

 

恥ずかしながら、かくいう筆者自身、昔の純真な頃は「安くって皆が心地よく楽しめる家みたいな店」ってのを夢見てましたがちゃんちゃら甘かったですね(笑) そういった大志はさておき、やはり最低限の収益性には乗せないといけません。


◆その3:↑のマトリックスから言えること

 

★1つ目『苦しい取り損』の場合は「嫌われる勇気」どころか「バッサリと切る勇気」が必要...ってのも 「取り損」をしているだけに何度もリピートされてしまう から。(単純に"都合のいいよう"に使われてしまっているということね。)

 

★2つ目ドM(尽くしてしまう) → ドS(尽くさせる) にシフト できると この辺りは 高度なテク が必要でしょうが、きっと "お客さんを育てる" といった概念になるのではないかと

 

つまり、経営の戦略 としてはこんな感じ(↓)にするのがベターな予感。

f:id:ttrd80:20201113012651p:plain


まとめ

この考え方って、別に ビジネスだけに限らない と思うのよね~。なので、何かピンときた方は 様々な人間関係をいま一度精査 してみはいかがでしょうか(; ・`д・´)?

 

「アナタ、実は今、損をしていませんか?」

 

以上

【身なり】高級なワインを扱う方は『髪のケア』をしっかりすべきじゃね?...って話

f:id:ttrd80:20201107134046p:plain

 表題の件、ワイン業界の方・一般の方を問わず高級なワインを扱ったり / 語ったりしている方は、ご自身の高級感 にもこだわってみたらどうっスか?」って話です。

 

...っていうのが、パサパサの傷んだ髪だと、せっかくのワインもその人も安っぽく見えてしまう(; ・`д・´)! から。

 

▼キッカケ

f:id:ttrd80:20201107134253p:plain

最近、髪の話ばっかで恐縮ですが、

やはり自分が髪を伸ばしていくと他人様の事が目に入ってきます。

 

先日、店のお釣り(新札)を用意するために銀行で行列にならんでいたのですが、前の女性の髪が非常に傷んでいて「あ、苦労とか生活感って髪に出るな...」と思った次第です。もろろん男女を問わず!

 

別に、その女性の身なりがそれほど酷い感じでもなかっただけに もったいない と感じました。

 

▼オシャレの要素 3点

www.pinterest.jp

ついでに、ここ最近ピンタレスト(というアプリ / ホームページ)でオシャレな方をずっと観察していたのですが、重要な要素としては以下の 3点だけ という結論に至りました。

 

1・髪がキレイ=清潔感がありヘアスタイルが決まっている

2・服がキレイに着れている (スタイル・顔の美醜は関係無し!)

3・自信のある表情 をしている

 

とりあえず、1さえ決まっていれば、2は最低限でいいし、3はハッタリでOK。(自己研鑽を重ねている人は自ずと自信が顔に出るよね。)

 

▼ヘアケアのオススメ

というところで、筆者が実践している のがこれ。

コスメテックスローランド ヘアザプロテイン モイストヘアマスク 180g

 

お風呂で髪をシャンプーで洗ってから↑をつけて浸透するまで5分間待って洗い流します。

 

んで、ふろ上がりのドライヤー前に↓を付ければOK。

ヘアザプロテイン リペアヘアエマルジョン

 

個人差はあるでしょうが、2~3日でツヤが出てくる はずです。

 

おそらく↑2つ合わせて月4Kほどの出費でしょうが、下手にオシャレをするよりよっぽど安上りで効果的なのではないかと。

 

あと、これに付随して、無理なパーマ(ストレート含む)、過度な毛染めは髪が傷むのでやめましょう。ちなみに筆者もパーマやめました。(傷んでた髪はバッサリ切ったぜ。)

 

▼まとめ

f:id:ttrd80:20201107135336p:plain

もちろん別に筆者の方法にこだわる必要もありませんが、プロ・素人を問わず、高級感があるものを扱って "虎の威を借りる狐" を演じるのであれば、それなりの武装が必要 となるだろう!と思うのです。

「いや、ワシ自身も虎なんやで。」って方は除外ね (笑)

 

さて、このところずっと勉強の話でなく恐縮ですが、読者の方におかれましては、くれぐれも是非「アイツ、普段、高いワインを語ってるワリに貧乏臭いな...( 一一;)」とか思われたりしませんよう☆彡

 

以上

【連載】「日本のワイン生産者」の方が(略)...『Tamba Wine 様』編 - その4:「インタビュー(後半)」

f:id:ttrd80:20201026114428p:plain

引き続き 丹波ワイン様インタビュー編(後半)最終回 です。

 

f:id:ttrd80:20201026122350p:plain

 

筆者(出荷されるワインの) 消費先 ってどんなところですか?

 

クロイさん:5割 スーパー / 百貨店 / 量販店さま3割 飲食店さま、残り2割 インターネット販売 / 直売所 です。

 

筆者買っている方の傾向 はありますか?

 

クロイさん:先ほど(↑)の 消費先(さま)ごとに自ずと採用されるラインナップが変わって きたりだとか、地域によっても差 があるので一概には言いずらいのですが。。。

 

筆者百貨店 では「コレが売れてる!」とかあるんですか?

 

クロイさん:やはり 自社畑 系ですね。(≒やや高級)

 

あと、量販店さん ではお買い求めやすい1000円台くらいからの リーズナブル なもの。

 

関東の方 には『てぐみ』がよく売れてます。

f:id:ttrd80:20201026122156p:plain

 

筆者意識の高い飲食店(さん) なんかは「やはり、こだわりの日本ワインで合わせたい!」ってなるのですか? 『グランメゾン東京』みたいに...

 

f:id:ttrd80:20201026124500p:plain

 

クロイさん:地元京都の飲食店さんも最近はスタッフ勉強も兼ねて一同で弊社を訪問され、メニューにオンリスト頂くケースが増えました。

 

・・・

(↓)丹波ワインを楽しめる酩店(=名店)がご紹介されています。

美食とワイン

・・・

 

筆者年齢層 お客さんの特徴 は?

 

クロイさん:地元で昔からのお客様 はわりと60代以上の シニアの世代 に入ってきておられますね。アイテムにもよるんですけども。

 

逆に、首都圏・関東 などでは30代・40代などの 若い方 が中心です。

 

筆者 先日の G20 でワインをご提供されたとのコトですが 食事との合わせ方飲み方 ついてはどうお考えですか?

 

・・・

www.tambawine.com・・・

 

クロイさん:ウチは "お客様が美味しい方法" で飲んで頂いたらOK というスタンスです。

 

夏場なんかはライトな赤ワインに を入れていただいても何も否定しないですし、『てぐみ』なんかも グレープフルーツ・ジュース で割ったりだとか。そういうご提案をしております。

 

・・・

(↓)...1名のゲストから「(ワインに)氷を入れて欲しい」といった注文も...

www.enoteca.co.jp

ちなみに "氷" を 含め お客様の要望には可能な限りこたえる というのが最近の世界標準

・・・

 

筆者そういえば『ポン酢』も作っておられますよね?

 

・・・

f:id:ttrd80:20201029094928j:plain

ぶどうぽん酢 (*) | 京都丹波ワイン公式オンラインショップ

・・・

 

クロイさん:はい。実は他にもコチラのショップで ジェラート なんかも売っていますよ。

 

筆者ホームページ(↓)で拝見しました。共同開発した 須知(しゅうち)高校 って、高速を降りてコチラに来る時の道沿いにあった学校ですか?

 

クロイさん:そうです。赤ワインを使って作って頂きました。(産学連携の) 地域貢献 の一環ですかね。

 

他にもオリジナル商品もたくさん出されていて、何かお願いをするとパッと試作品をあげてきて下さいます。

 

・・・

f:id:ttrd80:20201029102620p:plain

須知高校食品科学科の生徒さん手作り赤ワインジェラート | 四季折々の丹波ワイン情報

・・・

 

筆者こういった アイデア はどこから?

 

クロイさん:ウチのワインの大半もそうですが ネットで何でも買える時代 に、わざわざコチラまで足を運んで頂いたお客様にはプラスアルファで ココでしか買えない商品 をご提供したい!...というのが始まりです。

 

f:id:ttrd80:20201029143306p:plain

 

ポン酢は反響が大きかった ので 最近はネットでも買える ようにしましたが ジェラートはここだけ ですね。そういった商品も多いですよ。

 

筆者:話がガラッと変わりますが、丹波ワインさんのロゴ(↑)に ドイツ語 が書いてますよね。アチラで学ばれた方もおられるようですが。そういった 影響 というか 社風 ってあるのですか?

 

・・・

(↓)...山崎氏の長男である山崎高宏が、3年間ドイツのガイゼンハイムのH・ベッカー博士のもとへ留学し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用のブドウ栽培を丹波の自園で手がけるようになりました。...

丹波ワイン|ワイングロッサリー 

・・・

 

クロイさん:DNAは受け継いでいる と思います。というのがドイツ系の品種が多いです。リースリングはワインとしては作ってはいませんが栽培はしていますし。

 

筆者先ほどの f:id:ttrd80:20201029113232j:plain ショイレーベ なんかもそうですね。

 

クロイさん:あと、北海道 の試験場で f:id:ttrd80:20201029113302j:plain ツヴァイゲルト なんかもやっています。壮瞥町(そうべつちょう) というところですが、有名な 洞爺湖(とうやこ) の近くです。

 

・・・

f:id:ttrd80:20201030105305p:plain

北海道 壮瞥(そうべつ) 農場 | 四季折々の丹波ワイン情報

・・・

 

f:id:ttrd80:20201029120303p:plain

 

筆者ワインの 受賞歴 も多いですね。

 

・・・

(↓)...2004年に開催されたジャパンワインチャレンジでシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続チャレンジインターナショナルデュヴァンで銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞...

丹波ワインことはじめ | 京都丹波ワイン公式サイト | 丹波ワイン公式サイト

・・・

 

クロイさん:実は今年 久しぶりに色んな賞にチャレンジしようとしていた のですが、コロナの影響 コンペがのき並み中止 になってしまいました。

 

近年は 様々な賞が乱立してきている という実感もあるのですが、しかし「何か賞を取っていれば消費者の方に選んで頂きやすいのでは?」とも考えています。

 

筆者では、来年 再開したら?

 

クロイさん:ぜひ 積極的に挑戦していきたい ですね。

 

でも、例えば 自社畑 のソーヴィニョン・ブランなどは2000本くらい作っていますが コンペにエントリーしても結果が出るのは半年後 とかなので、その頃には全部売り切ってしまっている という実情もあったりしまして... (笑)

 

筆者人気 ですね~。にしても コンペに出すワインを選ぶのも難しそう ... (汗)

 

f:id:ttrd80:20201029122636p:plain

 

筆者最後に全国の ソムリエ や飲食店などで ワインをサービスをされている方 メッセージ をお願いします!

 

クロイさん:まず有難いですね。そういう皆様がいらっしゃって我々の生業ができています。弊社の全員が日本全国を行脚できるワケでもないですし (笑)

 

それで、良いコト 悪いコトフィードバック 頂いて「じゃあ、こういうモノを作っていこう!」という流れになっています。

 

こちらの運営している飲食事業もありますが、最近はインスタとか SNSで直接やりとり できるので お客さんの生の声 を受け取り易いですね。

 

f:id:ttrd80:20201029144014p:plain

 

ご意見を下さる方には、現場のソムリエの方や、一般の方が家で飲まれて...という風に様々ですが、ぜひ現場をみて頂きたい というのがあります。

 

我々のようなワイナリー同士でも互いに見学しあうコトはありますが、そういった 体験があるとお客様に話される内容やストーリーが変わってくる と思うんですね。

 

筆者僕自身、今日 少し拝見しただけでも全然違いました

 

クロイさん:極端な話、どういう顔の人 が作っていた ... だとか 雰囲気 がどうだった ... だとか、そんな些細なことでも良いんです。

 

筆者そういった意味では、丹波ワインさんは 見学大歓迎 ということでいいでしょうか?

 

クロイさん:はい。現在はコロナ禍のため "一般の方はお断り" しておるのですが、実はここ数カ月の コロナ禍の中 でも、平均して週に1度はご案内 する機会がありました。

 

飲食店の方 とか、ホテルのソムリエさん だとか。先週なんかは毎日です。

 

f:id:ttrd80:20201029145819p:plain

 

筆者大人気 ですね~。

 

クロイさん:特に業界の方は おつながり で来て頂いているようです。

 

筆者見学に来られた皆さんは どういった感想 を持たれますか? 

 

クロイさん:「マジメに作ってるんやな~!」って印象です(笑)

 

ピノ・ノワールの樹齢が30年 だとか 専用のタンク だとか、事前のイメージと違って ちゃんと作ってるという印象 を持たれるようで。

前々回参照

 

まぁ、案内している本人を目の前にして お世辞 でおっしゃっているのかもしれないですが (笑) でも、大体そんな風にして帰って下さる方が多いですね。有難いことに。

 

「見直した!」っていう感じでしょうか。

 

f:id:ttrd80:20201029151014p:plain

 

筆者しっかりと見学されたファンの方が増えてきている って良い傾向ですね。

 

クロイさん:なので 飲食店の方 なんかは、お店の 常連さんを集めたワイナリー・ツアー なんかを組まれたりしています。関西圏 だったら 日帰り もできますし。

 

我々も是非、そうやって来て下さる方に 知って頂きたい ですしね。

 

これは丹波ワインだけでなく、ワインの全体像...というか良さを 掴んでいただきたい と言いますか。

 

筆者日本人にとってワインが もっと一般的に なっていけば良いですね。本日はホントに細かくご説明頂きまして有難うございました~。

 

f:id:ttrd80:20201030102009p:plain

 

・・・

 

▼あとがき

f:id:ttrd80:20201030102422p:plain

 

f:id:ttrd80:20201030102843p:plain

tabelog.com

 

f:id:ttrd80:20201030103533p:plain

ぜひ、丹波ワインさんを見学した後に寄ってみてね!超オススメでっす☆彡


以上

【エチケット / 良心】"香りをおさえる"ことについて 「整髪料」「 店の花」 他モンラッシェ

今回も 雑記 です。

テーマは表題(↑)の通り。

 

▼整髪料

f:id:ttrd80:20201104113535p:plain

以前に「ワイン業界の方はちゃんとお風呂には入った方がいいぞ!体臭がとれるから。」といった内容をお知らせしました。

 

付随して、男性は 整髪料 なんかも 香りがあるものは使えない ので選ぶのに困りますね。つい最近、地元(神戸)の試飲会で香水の匂いがしてイラッとましたが「インポータ―の方も入場させるなよ!」って感じ。

 

もとい、筆者はベッタリと付けるグリース(≒ポマード)なるものに憧れていたのですが、先日Loftの整髪料コーナーを見たら香り付き(バナナ・ライム・アップル...etc)のものばかり(; ・`д・´)!!

 

で、最終的にたどり着いたのが リーズナブル に買える下の 無香料 の2つ。

f:id:ttrd80:20201104111602p:plain

ウーノはちょっとツヤ感が出て整髪力が弱い。逆にクールグリースは強力だけどベタつきます。

 

困ったことに結局どちらを使ってもセットは仕事中に乱れるので、クールグリースを滑り止めとして塗布した上でヘアバンド(≒カチューシャ)でオールバック風にするというカタチに落ち着きました。これ最強です。

 

あ、以前は清潔感を出そうかと思って坊主頭にしていたのですが、昔の写真を見返すと自分でも出所後のチンピラにしか見えません(笑)

 

▼タモリ=2つのセオリーを合わせた最強の男

f:id:ttrd80:20201104115611p:plain

...で、額(ひたい)というかオデコを出してみて思うのが「やはり清潔感や信頼感が全然違う!」というもの。

 

いざ自分がやってみると「他の人はどうなのか?」がよく目につきますね。特定の車を買ったり妊婦さんになったりすると「この街には〇〇な人が意外に多いな...。」みたいになるのと同じ。意識が向くからだそうな。

 

学生時代はホテルの配膳なんかもやったりしてビシッとした髪型もした時期もありましたが。「やはり、自由というのは制約の中にあるのか?」なーんて発想が頭をよぎったり。ちなみにオデコを出すと開運効果があるそうですよ☆彡

 

f:id:ttrd80:20201104134057p:plain

あと、ウチの常連さんの話だと 武道の世界では視線を合わせないというのが大切らしく、宮本武蔵の五輪の書でも「相手を見ずに、後ろの山を見ろ!」みたいな教えがあるそう。

 

そうなると「タモリって↑2つの合わせ技だよね~。」みたいな話になってきます。あれだけ長く芸能界でやっていけてるというのも、こういったセオリーが一役買っているのでは?...とも。

 

▼飲食店の香りの強い生花には注意

f:id:ttrd80:20201104141041p:plain

あと、これも気を付けないといけないというか他人のフリみてわが身直せというのが、店にディスプレイするお花

 

先日お客さんが「とあるワインバーにいったら、置いてあったカサブランカ・リリーのせいでワインの香りが台無しだった。」とのこと。

 

何か店主さんの小粋なはからいで一工夫あったのかもしれませんが、そのようにとられて終わっただけであれば悲しいことです。

 

当店は喫煙店ですが、最近はやりのフレーバー付きの電子タバコについては悩ましいところ。特にシソ(大葉)っぽい香りのするやつを吸われるとキツい (涙)

 

近くのガチのウイスキー専門店さんなんかは、普通のタバコはOKだけれど電子タバコはNGなルールが紙に書いて壁に貼ってあったりします。

 

まぁ、くだらない雑記でしたが、ぜひ皆様におかれましても香りには慎重に!

 

▼おまけ = オススメ動画 - モンラッシェについて

www.youtube.com

試験的な内容に加え、これくらいの内容(≒雑学)が口からスラスラ出てきたら本物って感じがします。この動画およびシリーズが秀逸過ぎるので、ワンランク上を目指したい方は是非。

 

以上

【勉強法】とりあえず毎日1ページだけでも本を読んでみたら?って話

これ。

#英語で申し訳ないッスけど 絵を見てたらなんとなく分かる と思う。あまりに素晴らしかったのでシェア。最近筆者はこの考えを実践しています。


Accomplish Everything With Mini Habits

 

 

▼補足

時間は未来から流れてきている。

過去は単なるの昔の記憶。(≒未来の遺物)

 

"一瞬の前向きな小さな行動" の 連続 というか、その 一直線上 に 大きな未来 がある。

 

つまり、小さな一歩を踏み出した時点で、もうすでに夢は叶っている とも言える。(だって↑の一直線上にいるんだから)

 

...ってことは...本を毎日1ページだけ読むだけという一見くだらないような事でも、それが始まった時点で 偉大なソムリエ や サービスマン、凄いワイン通 の出来上がり(; ・`д・´)! ってワケ。

(未来の時点から振り返ったら "その流れに乗ってた" って感じでしょうか。)

 

▼ご参考 

洗脳力

 

今回の元ネタは↑の本。

 

ワインの勉強をするのに大事 なのは 意外にもワイン以外のこと(分野)。

 

馬鹿にするなかれ、こういったライフハックや脳科学の知識が 混然一体 となって、課題の解決につながっていくはずです。

 

(今回は触れませんが、↑の本は "記憶 と 脳の海馬 の関係"とかについても非常に参考になる良書。)

 

以上

【連載】「日本のワイン生産者」の方が(略)...『神戸ワイナリー』編 - その1:「概要」

f:id:ttrd80:20201031122129p:plain

今回から地元の 神戸ワイナリー様 をご紹介していきます。またまた失礼の無いよう 事前に予習 した 概要 から。

※以後敬称略

 

▼さわり動画

イメージ しやすいよう最初に 紹介動画 を見ておきましょう。こんなところです! (約4分)


神戸ワイナリー農業公園紹介ビデオ

 

▼運営

f:id:ttrd80:20201109101631p:plain

そして次に知っておきたいのが、同ワイナリーは 神戸市が半分以上の資金を拠出 した 第三セクター (≒民間の活力を使って公共的な事業を営む) であるということ。

kobewinery.or.jp

ja.wikipedia.org

 

ちなみに日本国内には 第三セクターのワイナリー が点在していて、胎内高原(たいない...)ワイナリー@新潟、エーデルワイン@岩手※都農ワイン(つのわいん)@宮崎、広島三次(みよし)ワイナリー などがある。※ソムリエ教本に載っている試験範囲

(出典)

胎内高原ワイン - 胎内市

エーデルワイン - Wikipedia

都農ワイン - Wikipedia

三次市 - Wikipedia

 

▼歴史

その歴史は "やや" 古く バブル期 の国産ワインが盛り上がってきた頃にオープン。明治ごろからの "ガチ勢" ではないけれど 近年の "新興ワイナリー" でもない国内では 中堅どころ といえるでしょう。

f:id:ttrd80:20201116140509p:plain

 

▼所在地 - アクセス - 栽培品種

f:id:ttrd80:20201116134210p:plain
...で、場所 に関しては 神戸空港から車で1時間弱ほど の距離です。ご遠方の方は空港から レンタカー で行くのが便利かも。

 

ブドウ に関しては自社栽培のものに加えて神戸市内(特に西区・北区)の 契約農家 さんからブドウの買い取りもしており 商品のワイン名になっているがあるのが上記 印路(いんじ) 大沢町 でっす!

 

神戸ワイナリー・神戸ワインについて | KOBE WINERY <公式>

onlineshop.kobewinery.or.jp

onlineshop.kobewinery.or.jp (印路...)

 

▼フラッグシップ ワイン / "隠し玉" は ブランデー

onlineshop.kobewinery.or.jp

神戸ワインさんと言えば、先の G20の晩餐会でも使われた 赤・白ともにある ベネディクシオン シリーズ(↑)なのですが、実は ブランデー が台湾・香港などの アジア圏で "爆売れ" しているってのはマメ知識。

以前に売り出してた"福与香(ふくよか)"というブランデーも美味しかったのですが 新作↓ も相当自信があるそう。地元神戸っぽいハードリカーが少ないから、店に置いてると観光客の方に出せて便利なのよね~。

onlineshop.kobewinery.or.jp

 

▼インタビューは "となりの人間国宝"の日浦さんに決定!

kobewinery.or.jp

取材交渉の末、筆者たっての願い「是非、テレビ(↑)にも出られた日浦さんで!」という希望が通り、お話をうかがえる運びとなりました。↑リアルタイムで見れなったのが残念。ちなみにコチラの番組がキッカケで「新酒みのり(白)」↓「シャルドネのジュース」↓がメッチャ売れたそうですよ☆彡

onlineshop.kobewinery.or.jp

onlineshop.kobewinery.or.jp

 

f:id:ttrd80:20201111114935p:plain

 

以上

【連載】「日本のワイン生産者」の方が(略)...『Tamba Wine 様』編 - その3:「インタビュー(前半)」

f:id:ttrd80:20201022134924p:plain

引き続き丹波ワイン様の連載で、今回はインタビュー編(前半)です。

 

筆者:ワイン生産のお仕事につかれたキッカケは?

 

クロイさん:(私は) 基本的に『営業マン』と言いますか、いち『販売スタッフ』なんですけど、父親がこのビジネスをやりはじめたので。

f:id:ttrd80:20201016121457p:plain

 

筆者:ご家業ということですね。

 

クロイさん:もともと電気会社※をしていたのですが、出張でヨーロッパにいった時にワイン文化に惚れ込んで自分でワイナリーを興した!...というのが創業者(=父)の想いです。

丹波ワインことはじめ (≒歴史) | 丹波ワイン公式サイト

 

・・・

※ちなみに、日本人のおそらく誰もが見ているであろう誘導灯(↓)を造っている歴史ある会社です。手堅い...(; ・`д・´)!!

f:id:ttrd80:20201016111544p:plain

沿革 | 会社情報 | クロイ電機

・・・

 

...で、和食に合うワインを作りたいと。

 

筆者:ご家業を継がないという選択肢もあったのでは?

 

クロイさん:代表は現在、兄がやってまして私は4年前まで違う畑にいました。もともとワインが好きだったというのもありますが。

 

筆者:その4年間はどうでしたか?

 

クロイさん:ワインの原料であるブドウの確保が難しくなってきたというのがあります。

 

かなりの勢いでワイナリー(≒作り手)の数は増えているのにも関わらず、(供給される)ブドウの量はそこまで増えていない

 

・・・

f:id:ttrd80:20201019123105p:plain

国内製造ワインの概況(平成28年度調査分)

国内製造ワインの概況(平成29年度調査分)

国内製造ワインの概況(平成30年度調査分)

これって何気にゆゆしき問題。意識の高い方は合わせて↓統計にも目を通しておこう。(面白いよ☆彡)

醸造用ぶどうの生産、流通等の実態について(中間報告)- 平成27年9月4日 - 関東農政局

・・・ 

  

f:id:ttrd80:20201022093027p:plain

 

筆者:大変ですね~(汗) こちら(↑)に付随してですが、契約農家さんに対する想いは何かありますか?

 

クロイさん:(当社の意見に関しては...) 取りまとめて頂ている方経由でお伝えするコトはあります。それはお互いにとって...といった内容です。でも、ウチからしたらもう感謝しかないですね。

 

ちなみに、そう言って欲しい(≒意見して欲しい)という農家さんも中にはおられますよ。「来年のタメにも...」という感じでしょうか。

 

筆者:技術指導もされてますよね?

 

クロイさん:それはブトウの樹の仕立てであったり、病気の予防方法とかですね。

 

f:id:ttrd80:20201022132216p:plain

 

・・・

ちなみに、クロイさんは↓コースなどでも講演されておられます。

ふくいワインカレッジ通信2019 | 福井県ホームページ

・・・

 

筆者:そうなるとオーガニックとかサステイナブル(≒持続可能な農法)的なところは?

 

クロイさん:ウチは完全に有機栽培とかビオとかはやっていなくって、せいぜい先ほどの酸化防腐剤無添加『てぐみ』とかですかねぇ。

f:id:ttrd80:20201021103420p:plain

てぐみpetit 白 500ml | 京都丹波ワイン公式オンラインショップ

 

だた、畑には除草剤を一切使っていません。なので誘引作業※とか夏場の忙しい畑の時期にも草刈りをしないといけません。

farmbiz.jp

 

あとは、ワインを作った後の搾りカスを "たい肥" として畑に循環させていたり、散布する農薬の量は基準値の1/3以下にしてる場合が多いです。

 

筆者:醸造に関してはどうですか? つくり方にポリシーがあったりだとか? 素人目線でパッと見たところ非常に効率的にされている印象です。(関連の)電気会社の精密さが出てそうと言いますか。。。

 

クロイさん:私も毎日醸造に関わるというコトはないのですが、長年勤めているスタッフが多いですね。

 

f:id:ttrd80:20201022103518p:plain

 

ワイン作りって年に1回のタイミング / 作業なので、ちょっとした配置スペースであったり、製造ラインの組み方であったり積み重ねてきたものは多いかもしれません。

 

あと、現場の皆さんが(自発的に)考えてやってるので、その結果かなぁと。

 

量産されているアイテムに関しては均一性のある味を造ったり。もちろんワインの中身だけでなく、キャップやボトルなどお客様に触れる箇所の形状や仕様にも "使いやすさ" を求めていきたい。

 

筆者:に対してはどうでしょう?

 

f:id:ttrd80:20201022094243p:plain

 

クロイさん:特に自社畑のものに関しては、自社畑の良さが表現できるようなものにしてきたいです。特にピノ・ノワールなんかは特注のタンクがありますしね。これも長年の試行錯誤の結果といいますか。。。

前回↓を参照のこと

【連載】「日本のワイン生産者」の方が(略)...『Tamba Wine 様』編 - その2:「見学」

 

そう、去年(2019年)に関しては遅霜の影響でほぼほぼ欠品ヴィンテージなんですよ。通常の1/5も作れなくって。。。 そういった自然の摂理もあります。

 

逆に、今年(2020年)は良かったですよ。ブドウの収穫量は過去最高で終えることができましたし品質も期待できます。

 

筆者:話は変わりますが、これが自慢ってのはありますか? 設備でも何でも...

 

クロイさん:ウチだけってワケでもないのですが、先ほどの窒素を注入できる圧搾機ですね。アレなんかは、まだ日本でも少ないと思います。

前回↓を参照のこと

【連載】「日本のワイン生産者」の方が(略)...『Tamba Wine 様』編 - その2:「見学」

 

筆者:同業の方とか、業界で思われるコトはありますか? 尊敬される方などはおられますか?

 

クロイさん:私自身、そこまで醸造に携わっているワケではないですし、お会いした事もないのですが、現在ご活躍されている方だとメルシャンの安蔵さんですかね。

f:id:ttrd80:20201022132500p:plain

チーフ・ワインメーカー 安蔵光弘著「ボルドーでワインを造ってわかったこと (日本ワインの戦略のために)」が発売されました! | シャトー・メルシャン・クラブ

 

やはり、流通している日本ワインや日本人がワインに馴染んできた経緯を考えると非常に大きな存在です。

 

(当社で) もっと勉強しないといけないところが沢山ありますし。サニタリー(≒衛生管理)だとか、特に生産現場ですかねぇ。見習うべきところが非常に多いです。

 

筆者:そういったカチッとした品質管理が大切ってコトですね。

 

f:id:ttrd80:20201022111756p:plain

 

クロイさん:今はそういった技術をメルシャンさんが出し惜しみなく公開されているので、ホントに日本ワイン全体のことを考えられている方だなぁと。 

www.itmedia.co.jp

 

 

筆者:なるほど~。

 

クロイさん:同業といった意味では、特に九州のワイナリー(↓)さんなんかは台風などの災害にも関わらず良いモノを出されているので、ウチ以上に工夫して考えておられるのではないか?...と思います。

九州 | 地域|日本のワイナリー紹介 | 日本ワイナリー協会

 

筆者:その辺り尊敬があるってコトですね。

 

クロイさん:あと、関西(大阪)のワイナリー協会カタシモワインフード㈱の高井さんに旗を振って頂いているというのがあります。僕は"みんな仲が良い"と勝手に思っているのですが (笑) 

f:id:ttrd80:20201022132931p:plain

カタシモワインフード株式会社 - 大阪ワイナリー協会

 

筆者:世界のトレンドを意識されたりは?

 

クロイさん:あんまり意識はしてないですかね~(笑) あ、オレンジワイン今年初めて出しますよ。わりと新しいものは避けてきたのですが、コロナの影響で何か新しい事にチャレンジしようという気運になってきたというのがあります。

 

実は、行政 / 京丹波町からもご支援下さるとお声がけ頂きまして。「それやったら、やってみよう!」という流れに。

 

筆者:僕も同じ流れで、この特集をやってます。

 

クロイさん:それはどういった内容ですか?

 

筆者:地域振興の一環です。日本のワイナリーをご紹介して地産地消を促そうと。ちなみに、関西人が地元のワインを飲もうと思ったら、ざっくり1/4000の確率でしか当たらないという計算になりまして...(笑)

【連載】「日本のワイン生産者」の方がソムリエに伝えたいこと - はじめに

 

f:id:ttrd80:20201022133415p:plain

 

クロイさん京都府だけでいくと、ワインの消費量は全国で3番目(だった)というデータもあるんですよ。まぁ、ほとんどが輸入ワインだと思いますが。

ワインの消費量の都道府県ランキング(平成27年) | 地域の入れ物

 

京都人は日本酒の酒蔵も多いけど、ワインも好き。もともと外国人観光客が多かったので、自ずとでしょうか。

 

昼は日本酒を飲んでも、夜に帰ったら「やっぱりワイン」みたくなってるのかもしれないです (笑)

 

・・・

 

f:id:ttrd80:20201022134252p:plain

 

以上

 

(続き)

www.takamocori.info