ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。



試験期間は7/20(金)~8/31(金)です!

【カリフォルニア・ノースコースト】ナパ or ソノマ?それが問題だ!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。  

f:id:ttrd80:20180522125057j:plain

 

えー、今回もカリフォルニアで北部にある ノースコースト です。

ノースコーストが分からない方はまずコチラ!

【米・カリフォルニア】5つの地域を覚えよう! - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

 

まず概要からいきましょう!

ノースコーストだと ナパソノマ※が有名ですね。

ですが、実はそれ以外にも カリフォルニア州でも最北メンドシーノ※や、影が薄いですが北東にレイク※なんてのもあります。

※はいずれも 群=カウンティ― の A.V.A(≒産地)

 

地理的には サン・パブロ湾 ってのが南側にあって

ナパ・ソノマを分断するように マヤカマス山脈 というのが南北に走っています。

 

あまり試験とは関係ないですが 気候も頭に入れておきましょう(-ω-)/

海側寒く内陸にいくほど暖かいです。

そういう意味ではソノマの方が寒いイメージでいいでしょう。

f:id:ttrd80:20180523121130g:plain

 

ブドウ品種的には、ナパ・ソノマとも カベソーが シャルドネですが、ソノマのみ ジンファンデル や 近年だと ピノ・ノワール が伸びてきているようです。

ジンファンデルって南イタリアなどの暖かいとこのイメージですが、↑のように冷涼な地域のものもあるのです。

 

まとめるとこんな感じ!

f:id:ttrd80:20180523114420j:plain

 

...で、試験的に問われるのは A.V.A(≒産地) が「ナパ か ソノマか?」って感じです。

 

あと、「ワシントン か オレゴン か?」ってのもあるのですが、それはまた別の機会に。

 

筆者の感覚ですが アメリカの西海岸という大きなくくりだと、だいたい↑の4つを区別できればOKかと思うのですが、詰込み過ぎも頭に入らないので、今回はまずナパとソノマに絞ります!

例外で1つだけ、前述のメンドシーノも覚えて下さいね。

試験とは関係なく カリフォルニアの A.V.A が だいたいどの辺りにあるかパッと分かるとカッコイイじゃないですか(´_ゝ`)

 

まぁ、またいつも通り 実力チェック をしてみましょう!

 

以下の A.V.A が

ナパにあるか?

ソノマにあるか?

2つの間にあるか?

それ以外か?を答えて下さい。

また★のものは特徴をお願いします!

 

セント・ヘレナ

ロックパイル

パイン・マウンテン・クローヴァーデール・ピーク★

ワイルド・ホース・ヴァレー★

ロシアン・リヴァー・ヴァレー

ヨーントヴィル

フォート・ロス・シーヴュー

オークヴィル

カリストガ★

アレキサンダー・ヴァレー

アンダーソン・ヴァレー★

ドライ・クリーク・ヴァレー

ムーン・マウンテン

ラザフォード

スプリング・マウンテン・ディストリクト

クームズヴィル★

ロス・カーネロス★

ハウエル・マウンテン

スタッグス・リープ・ディストリクト

チョーク・ヒル

ダイヤモンド・マウンテン・ディストリクト

 

↑が全く分からなかった方はラッキーです。

この機会に頑張って覚えましょうね!

 

 

1・ナパ

特徴が必要だったものは...

カリストガ は ナパ・ヴァレーで最北

ロス・カーネロスソノマ群 にまたがる

クームズヴィル最新の A.V.A

ワイルド・ホース・ヴァレーソラノ群 にまたがる

 

↓実力チェックの 赤字以外もしっかりチェックしておきましょう!

(補足)

・マウント・V = マウント・ヴィーダー

・オーク・ノル = オーク・ノル・ディストリクト

・ハウエル・M = ハウエル・マウンテン

・チャイルス・V = チャイルス・ヴァレー

・スタッグス・L = スタッグス・リープ・ディストリクト

・アトラス・P = アトラス・ピーク

・ワイルドH = ワイルド・ホース・ヴァレー

f:id:ttrd80:20180524112411p:plain

 

これもボルドーの格付けのように頭文字を並べると覚えやすいかも。

f:id:ttrd80:20180524113751p:plain

 

そうそう、前回からの内容ですが...

f:id:ttrd80:20180524123459j:plain

アメリカ(≒当時はニューワールド)のワインが評価されるきっかけになった、1976年に パリで行われた品評会 パリス審判 で 1位を受賞したのが、↑スタッグス・リープ・ワインセラー のカベルネと、↑カリストガ(最北)のシャトー・モンテリーナでした。

今年からこの2つのワイナリー名は試験の範囲内ではなくなったみたいです( 一一;) ...が教養としてチェックしておきましょう。

そして、後者のシャトー・モンテリーナの親子の話が↓の映画になっています!

恋に奔放な女性が...なんてネタバレはやめておきます( 一一;)

ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡 [DVD]

 

↓によると、このパリス審判こそが近年のワイン史における悲劇とされています。興味があったら読んでみて下さい(´_ゝ`)

ワインの真実――本当に美味しいワインとは?

 

 

2・ソノマ

続いてソノマです。ここまででかなりのボリュームですが、頑張りましょう(; ・`д・´)!

 

特徴が必要だったものは...

パイン・マウンテン・クローヴァーデール・ピークメンドシーノ群 にまたがる

(補足)

・前述ですが ロス・カーネロス は ナパ群にまたがる。

・ペタルーマ・ギャップ は試験範囲ではありませんが、南にあるマリーン群にまたがっています。

ファウンテングローブ・ディストリクト(↓ファウンテングローブ・D) も 試験範囲ではありません。

...おそらく協会のデータが古いのかと( 一一;)

・↑フランスのブルゴーニュ地方などでもそうですが「またがり系」は要注意

・ソノマ・V = ソノマ・ヴァレー

・ベネット・V = ベネット・ヴァレー

f:id:ttrd80:20180524131020j:plain

 

このソノマの覚え方ですが、

文字だけだとナイツとかフォートとかアレキサンダーとか戦争っぽい名前か、ドライクリークやチョークなど土地の性質を表す名前な感じですね。

 

これも頭文字を並べます。暗記にお役立て下さい( `ー´)ノ

f:id:ttrd80:20180524133439p:plain

 

3・メンドシーノ

メンドシーノ群は1つだけA.V.Aを覚えて下さい。

アンダーソン・ヴァレー カリフォルニアで最も冷涼

試験範囲は↑だけです。よって地図も出ないかと..(´_ゝ`) ↑のパイン・マウンテン・クローヴァーデール・ピークがソノマ群とまたがってるはずなのですが、そんな細かいA.V.A の地図はありませんでした。ご容赦をorz。

f:id:ttrd80:20180524134500p:plain

 

いやー。書いてて長かった。

ってか意外に地図が細け~( 一一;)

 

カリフォルニアのノースコーストに関しては

これくらいやっとけば十分なはずです。

 

それではいつも通り復習しておきましょう!

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain 

 

1・以下のモザイクを埋めよ!

f:id:ttrd80:20180524135341j:plain

 

f:id:ttrd80:20180524135537p:plain

 

f:id:ttrd80:20180524135751j:plain

 

2・カリフォルニア ノースコーストの気候は...

「海側は 〇〇、内陸部は〇〇。」

 

3・ナパで...

・最北のA.V.Aは?

・ソノマ群にまたがるA.V.Aは?

・最新のA.V.Aは?

・ソラノ群にまたがるA.V.Aは?

 

4・パリス審判が行われたのは何年?

 

5・パリス審判で1位を受賞したナパのワイナリーがあるA.V.Aは?

赤と白2つ答えよ! 試験には出ませんが教養として。

 

6・ソノマでメンドシーノ群にまたがるA.V.Aは?

 

7・メンドシーノ群にある カリフォルニアでも最も冷涼なA.V.Aは?

 

おまけ

けっこう勉強になるかも。

あっ、モンダヴィワインだ!(´_ゝ`)

[Napa Valley Robert Mondavi Winery /アメリカ漫遊紀行 ナパバレーの旅]

www.youtube.com

 

広大な自然が!

車で旅したくなります。

[Discover California Wine Country]

www.youtube.com

 

今回はここまで~。

次回もアメリカ ワシントンオレゴン です!

【お金をドブに捨ててでも出願すべし】受験しようか迷っている方へ!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。  

f:id:ttrd80:20180521165308j:plain

 

今回は、よくある質問にお答えしたいと思います。

 

よく、というか、メッセージをいただいたり、筆者の店に来て下さる方で

 

「申し込んだものの自信がありません!」とか

 

「今回は勉強が足りてないので、来年受けようと思います!」など...

 

こういったご意見をよく伺います。

 

 

これに対する筆者の答え=結論は、タイトルにも書いていますが、

 

「今年、お金をドブに捨ててでもチャレンジすべし!」

です。

 

といっても、分かりにくいので順をおってご説明します。

 

1・受験料約2.5万~2.9万は高くない!

まず、ここからいきましょう(; ・`д・´)!

 

もうさすがにご存知かと思いますが、試験はソムリエなら3次、ワインエキスパートなら2次まであります。

 

今年(2018年)から2回受けれるので1回の方が約2.5万円、2回の方が約2.9万円ですね。

https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html

 

受験料がMAX3万として、たしかに1次で落ちたらもったいない...というか払い損です(笑)

 

ですが、3次や2次の最終試験まで残ったら、

 

「まぁ、試験の料金としては妥当かな~。」と思えるようになります。

 

ソムリエの方は3次でワイン1本も貰えますしね(笑)

 

 

あと、あんま安過ぎても本気になれないと思いますよ。

 

たとえば試験が5千円程度だったら、受験は気楽になりますが有難味がなくなるかも。

 

高いワインも高いから良い...というか有難いのです。

そうそう ↓ こういうやつ。

ヴェブレン効果 - MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)

 

受験料も同じで、ちょっと高いからこそ本気になれるのです!

 

 

2・筆者は1度落ちた事が原動力になった!

次にというか、ここからが本題です。

 

これは筆者の経験上なのですが、とにかく本気で資格が欲しいと思うのなら1度はどんな状態であってもチャレンジすべきです。

 

特にこの試験は、 年に1回※しかやっていません。

(正確には今年から期間中に2回受けれるのですが...)

 

1回の受験で100%のチカラが発揮できなくても当然 というかそういう方も多いでしょうし「現実は厳しい」という認識で臨むのです。

 

だって、あれだけ練習しているオリンピック選手だって大切な試合当日に全力を出し切れるわけではありません。「いわんや一般人おや」です!

 

なので、問題が全然とけなくても、試験会場や空気感、問題の傾向など場慣れする為に受けるのです!

 

もし本当に資格が欲しいなら1度は落ちると覚悟して2~3万くらいは捨てる気持ちでいきましょう!

 

というか、ワインが趣味である時点で、2~3万の受験料がどうしても払えないくらい貧しい方は、よほどの状況でない限りいないはずです。

 

でも「落ちたらどーすんだよ(。-`ω-)!」と思われるかもしれませんが、

 

どんどん落ちたらいいんです!その悔しさをバネに次回頑張るのです!

 

もう「俺は2~3万を棒に振りたくない。次回は絶対にウかるんだ!」と!

 

あ、「絶対」って言葉を使う人は鬱になりやすいらしいので注意だそうです。ブログのタイトルなので思いっきり筆者の事ですが( 一一;)...いやいや、それくらい強い気持ちが...

【衝撃】うつ病の人が使う4つの言葉 - YouTube

 

まぁ、どうしても皮算用するというのであれば、自営業の方ならすぐ取り返せると思います。

 

もし、お勤めの方でも取得できた事による利益で受験料を会社の社長や店のオーナーに還元してもらったら?という感じです。

 

高いワインを5本~10本も売れば、それくらいの利益が出て「半分下さい!」とでもダメモトで言ってみればいいのです。ダメだったら諦めましょう(笑) でも、それでもいいことありますよ!

 

ワインエキスパートで「全然仕事と関係無いんだけど~」という方はすいませんm(_ _)m

 

 

話を戻しますが、悩んでいる方にお伝えしたいのは とにかくお金ではないのです。1度受験するという体験を買っていただきたい! のです。

 

どんな問題でもそうですが、とにかく完璧主義に陥らない事です。

 

「〇〇が出来たらやろう」とか、「〇〇になったらやってみよう」とか言ってたら

 

そんな完全な状況というのは一生訪れません

 

さらに話を進めて「勉強してなくて不安」というのは分かりますが、逆に「勉強し過ぎて(自分のアラが見えて)不安」という事も大いにありうるのです。ちなみに筆者はどちらも経験したから分かります。

 

つまり かなり勉強してようが、全く勉強してなかろうが 、不安はなくなる事はない!というわけです!

 

なんか禅問答みたいになってきましたね(笑)

 

つまり ↓ です。

f:id:ttrd80:20180521224515j:plain

 

出願の申込の締め切り6/29 (金) 協会到着分までですね。

https://www.sommelier.jp/exam/exam_guidance_detail2.html

 

長くなりましたが、ぜひ前向きに考えてみて下さい(´_ゝ`)

youtu.be

 

おまけ

迷いや悩みがなくなる事はない。迷いの中に悟りがある!

まず行動するコトです。時には起こせよムーヴメント...(古)

www.youtube.com

 

超オススメ書籍。批判する方も多いけれど加藤諦三先生の著書はどれも金言です。

筆者もどれだけ助けられた事か。特に前向きなこの本は素晴らしい。

どんな事でも「ノック・オン・ザ・ドア」です。まず扉を叩いてみる。そうすれば...

行動してみることで人生は開ける―まず、できることから、やってみる (PHP文庫)

 

今回はここまで~。

次回からアメリカに戻ります!

【米・カリフォルニア】5つの地域を覚えよう!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。  

f:id:ttrd80:20180519225132j:plain

 

今回は カリフォルニア です!

この辺りだと映画がありますね~。

 

サイドウェイサンタ・バーバラ が舞台のロードムービー。

ピノ・ノワール が注目されるキッカケとなりました。

www.youtube.com

 

ボドルドリーム(邦題) は カリフォルニアワインが世界に認められるきっかけとなった パリス審判 1976年 ※ を題材にしたものですが、シャトー・モンテリーナ という ナパ・ヴァレー でも 最北 に位置する A.V.A カリストガ の ワイナリー のせがれが主人公!

※簡単に言えばパリで行われたワインの品評会です。

ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡 [DVD] 

www.youtube.com

 

あと、小話を続けると。

イチローが活躍していたころはよくニュースで「サン・ルイ・オビスポ (ベースボールスタジアム)」なんて名前を聞きました。

f:id:ttrd80:20180519212808j:plain

 

 

さて、ここまでで サンタ・バーバラナパ・ヴァレー(カリストガを含む)サン・ルイ・オビスポ なんて名前が出てきましたが、それぞれカリフォルニアのどこにあるか分かりますか?

 

↓にカリフォルニアの群の地図を出すので、位置を指してみて下さい。

・サンタ・バーバラ

・ナパ・ヴァレー

・サン・ルイ・オビスポ

f:id:ttrd80:20180519213711g:plain

 

 

では、これが正解です。

f:id:ttrd80:20180519214742g:plain

 

最初に少し細かくなりましたが

まずカリフォルニアには大きくつの地域(赤字)があります。

またキーワード・特徴(青字)も記載しておきましたのでセットで覚えましょう!

 

ノースコースト は有名な ナパ (↑5) や ソノマ (↑4)があります。

先ほどのボトルドリームの舞台ですね(-ω-)/

 

セントラル・コースト は 先ほどのイチローが活躍していた

サン・ルイ・オビスポ (スタジアム、↑15) のあるところの パソ・ロブレス 近郊ではフランスの ローヌ(地方)系 のブドウ品種の栽培がさかん。

あと モントレー (↑14) という名前をチェック!

 

サウス・コースト に関しては

ロサンゼルス を含む!という事だけで( 一一;)

 

あと、シエラ・フットヒルズセントラル・ヴァレー

どちらも ジンファンデル の生産がさかんですが、

前者は1840~1850年の ゴールドラッシュで栄え、後者は A.V.A ローダイ にジンファンデルの古木がある!というのがキーワードです。

シエラ・フットヒルズ とは 東側にある シエラ・ネヴァダ山脈のお膝下(ひざもと)って意味ですね。アメリカの名前は率直で分かり易い(´_ゝ`)

f:id:ttrd80:20180519220508j:plain

 

とりあえずカリフォルニアの大枠に関してはこんなもんでOKかと。

当初はナパとかソノマの内容にしようと思ったのですが、そこまで辿り着きませんでした(笑)。A.V.A カリストガ に関しては次回ご紹介します!

 

それでは今回も復習しておきましょう! 

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain 

 

 1・↓の 1516の群名を答えなさい!

f:id:ttrd80:20180519230344g:plain

 

2・以下のモザイクの内容を答えなさい!

f:id:ttrd80:20180519230625j:plain

 

3・パリス審判があったのはいつ?

〇〇〇〇年

 

おまけ

いつもの。

Sommelier For Free ワイン講座 第18回:アメリカ

www.youtube.com

 

今回はここまで! 

次回も引き続きカリフォルニア。ナパとソノマです。

【オーストラリア】産地⇔州名⇔特徴⇔地図上の位置を一致させよう!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。  

f:id:ttrd80:20180518102055j:plain

 

えー、今回はこれまで取り上げてこなかったオーストラリアです。

オーストラリアと言えば最近筆者はこんな映画を観ましたが、自然がいっぱいで素敵ですね。ワーホリやご旅行で行かれている方も多いのではないでしょうか。

www.youtube.com

 

さて、まず大枠からいきましょう!

州名は西・南オーストラリア州は大丈夫そうですね(´_ゝ`)

問題は右側。州名はタテに「クニヴタ」(豚?)

州都は時計回りに今は亡き「スマップ」※と覚えましょう!

※タスマニアのホバートはとばしますが、わりと名前が出てくるかも。

簡単ですね(笑)

f:id:ttrd80:20180518104520j:plain

 

さー、ここからが本題です。

まず 実力チェック をしてみましょう( `ー´)ノ

以下の産地が所属する州名特徴地図上の位置は分かりますか?

「選択肢に特徴を書いて~!」と思われるかもしれませんが、パッと思いつかない時点でアウトです。

 

モーニントン・ペニンシュラ (特徴は不要)

ハンター

ゴールバーン・ヴァレー

カンガルー・アイランド

ジロング

マジ― (特徴は不要)

イーデン・ヴァレー

オレンジ (特徴は不要)

マーガレット・リヴァー

クワナラ

グレート・サザン (特徴は不要)

マクラーレン・ヴェイル

クレア・ヴァレー

アデレード・ヒルズ

ヤラ・ヴァレー

ラザグレン

ジオグラッフ (特徴は不要)

タスマニア

スワン・ディストリクト (特徴は不要)

バロッサ・ヴァレー

キング・ヴァレー

 

で、参考までに地図です。

試験だとこんな感じなので実践的かと。

f:id:ttrd80:20180518113255p:plain

 

f:id:ttrd80:20180518113308p:plain

 

f:id:ttrd80:20180518222049j:plain

 

f:id:ttrd80:20180518113411p:plain

 

さーて、どうだったでしょうか?

「さっぱり...( ゚Д゚)!」という方!

せっかくなんで、今回で覚えて下さいね。

参考書の地図のページを開くより楽なはず!

 

1・西オーストラリア

マーガレット・リヴァー

→オーストラリア最西の産地

 

スワン・ディストリクト

グレート・サザン

ジオグラッフ

→この3つは西オーストラリアにあるという事だけでOKかと。

f:id:ttrd80:20180518114753p:plain

 

2・南オーストラリア州

バロッサ・ヴァレー

→元はドイツの移民の産地。「シラーズの首都」


イーデン・ヴァレー

クレア・ヴァレー

→どちらも有名なリースリングの産地

 

アデレード・ヒルズ

マウント・ロフティーという山地にある。

 

マクラーレン・ヴェイル

→元はイタリア系の移民の産地。赤ワインの生産がさかん。

 

クワナラ

テラロッサ土壌。←赤土(あかつち)のこと。


カンガルー・アイランド

→オーストラリアで番目に大きい島!

f:id:ttrd80:20180518120526p:plain

 

3・ヴィクトリア州

ヤラ・ヴァレー

→高品質なピノ・ノワールの産地。非常に有名です!

 

ジロング

メルボルンの南西に位置!

 

ゴールバーン・ヴァレー

→オーストラリアで最古のワイナリーの1つタビルク社がある!

 

キング・ヴァレー

→オーストラリアで最も標高が高い

 

ラザグレン

酒精強化ワインの産地!

 

モーニントン・ペニンシュラ

→とりあえず、ヴィクトリア州にあるって事でOK。ちなみに「ペニンシュラ」って半島って意味ね。

f:id:ttrd80:20180518125031j:plain

 

4・ニューサウスウェールズ州

ハンター

1825年に オーストラリアワイン用ブドウ栽培の父 と呼ばれる ジェームス・バズビー によって、本格的なブドウ農園が開設した歴史的な産地!

 

マジ―

オレンジ

→とりあえず、ニューサウスウェールズ州にあるって事でOK。

f:id:ttrd80:20180518122732p:plain

 

5・タスマニア州(島)

タスマニア

スパークリングワインの生産がさかん。ジュラシック・ドレライトという玄武岩の土壌は2017年の試験に出題されていました(´_ゝ`)

あー、懐かしい...。

f:id:ttrd80:20180518123032j:plain

 

ちょっと雑ですが、オーストラリアはこんな感じでイケるのではないかと。

それでは今回も復習しておきましょう!

 

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain 

 

1・以下の 地図上のモザイクを埋めなさい!

 

f:id:ttrd80:20180518123742j:plain

 

 

f:id:ttrd80:20180518123908p:plain

 

f:id:ttrd80:20180518124030p:plain

 

f:id:ttrd80:20180518125236j:plain

 

f:id:ttrd80:20180518124201p:plain

 

2・タスマニアの特徴をあげよ!

 

おまけ

やはり頼りになるのは...

Sommelier For Free ワイン講座 第19回:オーストラリア・ニュージーランド

www.youtube.com

 

今回はここまで! 

次回はアメリカについて書きます。たぶん...( 一一;)

【日本】九州・長野県のポイント、ブドウ品種・盆地など

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。  

f:id:ttrd80:20180517121706j:plain 

 

今回は勉強の前に無駄話を。

記事の投稿をしない日はワインの試飲会に参加している事が多いです。

昨日は 日本酒類販売さんの試飲会→ワインコンプレックス大阪と約900アイテムを飲んできました。

f:id:ttrd80:20180517092827j:plain

 

【2017→2018年】新規・変更・気になる箇所まとめ! - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

で、前回「大分県の2大ブドウ生産地は?」なんて問題を出しましたが、その1つの 安心院 のワインが展示されていました。

f:id:ttrd80:20180517093538j:plain

 

で、たまたま夜に北九州からご出張で来られたお客様に...

筆者「今、安心院のワインってありますよね~。」

お客様「そうそう、まず『あんしん(安心)』って書いて『あじむ』って読むなんて分からないよね~。地元では人気で他府県の友人に土産に買おうかと思ったら品切れで...」

な~んて会話がはずんだ次第です。

 

そうです!安心院(=あじむいん) ですよ(; ・`д・´)!

恥ずかしながら、筆者も試飲会までは全然読めませんでした(笑)

 

まぁ、こんな感じで勉強の知識がどこかで役に立つ時がきます!

それは筆者の場合はたまたま昨夜だったワケですが、ブログ書いてなかったら絶対知らなかったと思います( 一一;)

 

で、とりあえず 九州に関してはこれくらい覚えておけばOKかと。

誰も地図にまとめてないので...。これで少しはとっつき易くなったかな...。

f:id:ttrd80:20180517101302g:plain

 

他の日本のワイン産地の地図に関しては、山形と北海道は以前にやりましたね。

過去問解説 2016年 共通[017-019] 北海道・山形・山梨など - ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

 

今回は 長野県 を補足しておきます!

ちなみに筆者は2015年に一度試験に落ちていますが、こんなに長野県というか日本の問題が出るなんて思ってもいませんでした(笑)

なんと長野県は2年連続で出題されています!

2017年は選択肢の1つでしかありませんでしたが。

https://www.wincle.com/pdf/explan/2015mondai.pdf

https://www.wincle.com/pdf/explan/2016mondai-kaito.pdf

 

やる気がおきない方は、この動画から入ってもいいかも。

よくまとまってます!というかワイン足湯にはビックリ( ゚Д゚)!

www.youtube.com

 

↑の動画にも出てきましたが、

まず長野には大きくつのワインバレーがあると覚えましょう!

f:id:ttrd80:20180517112006j:plain

 

 

 

次に ブドウ品種 ですが、

生産量的には 1位) コンコード → 2位) ナイアガラ → 3位) メルロ  となってますが、

 

f:id:ttrd80:20180517122026j:plain

それよりも 特に 国際コンクールで金賞を受賞した ↑地図の 桔梗が原メルロ が有名なので覚えておきましょう!

 

f:id:ttrd80:20180517122236j:plain

あと、善行寺 と呼ばれる 長野県で栽培されてきた品種は 別名 竜眼 とも呼ばれています。

 

全般的に長野県は メルロ・カベルネなどのヨーロッパ(全般)の品種、比較すると 北海道ドイツ系の品種、山梨は甲州など国内の品種ってイメージでよいと思います。

 

 

で、後はオマケみたいなもんですが、↑の地図に知識を肉付けしていきます!

特に盆地の名前です!

「何バレーに何盆地があるか?」というのは覚えておきましょう。

f:id:ttrd80:20180517113304j:plain

 

 

千曲川が、佐久盆地・上田盆地・長野盆地 の3つ

日本アルプスが、松本盆地ですが ↓桔梗ヶ原のある塩尻市を除く!

桔梗が原も、↑と同じく松本盆地

天竜川は、伊那盆地。

 

信州ワインバレー構想 というのが 2013年に発表されたのですが、↑地図の 東御(とうみ)市 初のワイン特区

 

まぁ、長野はこんな感じでokかと。

それでは今回も復習しておきましょう!

 

練習問題

f:id:ttrd80:20180211125905j:plain 

1・大分県のワイン産地を2つあげなさい!

 

2・九州、特に宮崎県で生産がさかんなブドウ品種は?

 

3・熊本県でシャルドネの生産などが盛んな産地は?

 

4・国際コンクールで金賞を受賞した長野県・桔梗ヶ原のブドウ品種は?

 

5・竜眼のシノニムは?

 

6・3都道府県の栽培しているブドウ品種の特徴は?

 → 長野

 → 山梨

 → 北海道

 

7・以下長野県にある盆地が含まれるワインバレーの名称を答えよ!

 → 伊那盆地

 → 上田盆地

 → 松本盆地(塩尻市)

 → 佐久盆地

 → 松本盆地(塩尻市を除く)

 → 長野盆地

 

8・信州ワインバレー構想において、初のワイン特区に認定された市は?

 

勉強用に貼っておきます!

f:id:ttrd80:20180517212950g:plain

 

f:id:ttrd80:20180517213102j:plain

 

おまけ

最近はワイナリー巡りも盛んですね~。

筆者も行ってみたいもんです... (´_ゝ`)

www.youtube.com

 

今回はここまで! 

次回も思いつきで書きます。

【2017→2018年】新規・変更・気になる箇所まとめ!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 

f:id:ttrd80:20180514104411p:plain

 

以前の過去問の解説シリーズはいったん止めておいて、これから当面は今年 =2018年度の試験に役立ちそうな内容を書いていきます(; ・`д・´)!

 

で、今回は 今年度の教本やテキストをザっとみて筆者が気になった&試験に出そうな内容を書いていきます!だたし、あくまで去年と同じ内容はマスターしているという前提ですよ。

そういう意味では資格持ちの人にも有益な情報のはずです。

 

...で、これまではオリジナル問題でも選択肢を出していましたが、思い出す作業を阻害してしまうという...というか無駄かという気がしてきましたので、問いを見てパッと答えを連想できなければアウトという方針でいきます!

 

で、今回は答えは書きません! 

ですが、なぜそれらを調べるべきか?という理由は書きます。

 厳しいようですが早いうちに頭をぶつけておくべきかと...( 一一;)

 

実力チェック のつもりでどこまで分かるかチャレンジしてみて下さい。

それでは、いってみましょう( `ー´)ノ

 

1・ワイン概論

2016年の世界の...

・ブドウ栽培面積は? 

・生産量は?

・ワインの生産量は?

意外に大きな統計をきかれます。

 

・2015年の国別年間ワイン消費量が一番多い国は?

これも数年前と変わった気が。

 

・EUの新ワイン法において V.S.I.Gとは?

新しい言葉ですね。

 

・ワイン用ブドウ品種において、日本で自生する山ブドウを何という?

これも新しい。

 

・ブドウ品種の選抜において、クローン・セレクション⇔マサル・セレクションの違いは?

これも聞いたことありませんでした。

 

・フィロキセラ対策のため、フランスのモンペリエ大学からアメリカに派遣された博士の名前は?

全般的にどの博士の名前も最近の試験によく出てます(笑)

 

・フランスのジュラ・サヴォア、日本の山梨・長野などは何気候に分類されるか?

これも新しいですね。

 

・樽材のセシャージュ(=シーズニング)とは何の事か?

樽に関しても解説が細かくなりました。

 

・「樽をトーストする熱により〇〇〇〇が分解され、ヴァニリンが生まれる。」

 これも聞きなれない単語。

 

2・フランス概論

2014~2015年でフランスで栽培されている全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)の...

・1位は?

・2位は?

・3位は?

これも基本。

 

・旧ワイン法で「Vin de Table」だったものは新ワイン法では何と呼ばれるか?

新しい聞き慣れない名称。

 

3・シャンパーニュ地方

・ぶどう栽培農家は約何件?

 

・C.M と R.M 数が多いのはどっち?

↑2つとも、こういった数を問う問題もチラホラ。 

 

 

4・ブルゴーニュ地方

・2013年、約何件のドメーヌがあるか?

 同じく、こういった数を問う問題もチラホラ

 

5・南西地方

 ・2017年AOCに認められた 「コレーズ(=Corrèze)」が位置する地区は?また生産色は?

南西地方に限らず新しいAOCはチェックしておきましょう!

 

6・ラングドック・ルーション地方

 ・独自のAOCの階層化において、最高位のものを何と呼ぶ?

このような近年の新たな取り組みも要チェック!

 

7・イタリア

・2016年、ワインの生産量1位の州は?

 

・2010年、全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)で栽培面積が最大のものは?

↑2つ、国を代表するブドウは基本です。(←以降は省略します。)

 

8・スペイン

・2017年、全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)で栽培面積が最大のものは? 

 

 ・V.C = ヴィノ・デ・カリダ・コン・インディカシオン・ヘオグラフィカ とは何か?

新しい名称ですね。

 

・2016年に認められた 発泡性ワインのカバの単一畑の呼称は?

またその条件として、〇〇摘み、単一収獲年のものは〇〇カ月以上の熟成が必要。

これも知りませんでした。

 

・マデイラの加熱方法として クーバ・デ・カロールとは?

 実はあれと同じ。

 

9・ドイツ

・辛口・中辛口タイプの全体に占める比率は? (甘口でないもの!)

 試験的だけでなく、使える知識として。

 

・発泡性ワイン Sek b.A.の↓2つのカテゴリーは?

 →生産者が自家栽培して醸造、もしくは専門業者に委託して発泡性ワインにしたもの。

 →高品質な Sekt b.A.

 細かくなりましたね。

 

10・オーストリア

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?

 

・黒ブドウの栽培面積が最大のブドウ品種は?

 

・プレディカーツヴァインの7つの格付けのうち「アウスブルッフ」と呼べる貴腐ワインは、何州の何というDACのものか?

この内容はここ数年で変わりました。というか以前に読者の方にご指摘いただきましたorz

 

11・ハンガリー

・白ブドウで最も栽培されている品種は?

 

・黒ブドウで最も栽培されている品種は?

 

12・スイス

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?

 またそのシノニム(別名)は?(2016年調べ)

 

・2016年のデータで、白ブドウで最も栽培されている品種は?(2016年調べ)

  

・AOCは全部でいくつある?

ざっくりした数字も大切。

 

・発酵中のブドウ(=黒ブドウ)を原料としたグラウビュンデン地区で造られるワインを何と呼ぶ?

これも新しいですね。

 

13・ルクセンブルク

新しく追加された国です。

 

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?

 

・ルクセンブルクワイン法 の 2014年以降のヴィンテージに適応される新しい格付けにおいて「最上の畑のワイン」のものを何と呼ぶ?

一般的に、せめて最上級のものくらいは覚えておくと吉!

 

・南部の 砂や粘土などで構成される粘土岩の土壌を何と呼ぶ?

どの国でも土壌名は頻出です。

 

14・スロヴェニア

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積が最大のブドウ品種は?(2016年調べ)

 

・栽培面積が最大の黒ブドウ品種は?(2016年調べ)

 

15・クロアチア

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積が最大のブドウ品種は?

 

・栽培面積が最大の黒ブドウ品種は?

 

16・ルーマニア

・ワインの年間生産量における国内消費の割合は?(2015年調べ)

地産地消?

 

17・ブルガリア

・シラーとネッビオーロの交配によって生まれた黒ブドウの品種は?

これも新しい気が。

 

18・ギリシア

以前はレッチーナさえ覚えればよかったのですが...

 

・古代ギリシア時代、〇〇〇〇〇と呼ばれる社交行事では、〇〇〇〇と呼ばれるワインのサービスを行う人がおり、それがソムリエの原型。

協会の例会(勉強会)で強調されていた点です。もしかしたら試験に出るかも。

 

・名前は「酸」と「黒い」を表す、ギリシアを代表する黒ブドウは?

最近はやりですね~。試験的ではなく知っておきましょう。

 

・ギリシアワイン法において、トラディショナル・デジネーションに分類される...

 

 →ザキントス島で生産される緑がかった色調のワインは?

 

 →遅い摘みブドウを天日干しして造られる甘口ワインは?

 こんなの知りませんでした。

 

・サントリーニ島で造られる天日干しの甘口の白ワインは何と呼ばれる?

同じく新しい。

 

19・モルドバ共和国

これも今年からの新しい国です!

 

・国土の約3/4は腐葉土を含んだ〇〇。

 

・モルドバのワインのマークによく描かれる鳥は?

 違う国でもトカゲとかありますしね(笑)

 

・南東部のシュテファン・ヴァダで最も栽培されている黒ブドウの品種は?

 せめてブドウ品種くらい...。

 

20・ジョージア

・オレンジワインの起源でもある伝統的な醸造方法は、ワインの果醪を何と呼ばれる地中に埋めた素焼きの壺に入れて行われるか?

 この名称も新しい。

 

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?

 

・最も栽培されている黒ブドウの品種は?

 

・PDOの数が一番多い地方はどこ?

=国内で最もワイン生産が盛んな地域。

 

21・イングランド

スパークリングワイン生産が盛ん。

 

・ワインの栽培面積が最大の州は?(2015年調べ) 

 

22・アメリカ

・年間生産量が3位の州は?(2016年調べ)

これが近年変わりました。

 

・カリフォルニア州のワイナリー数は?(2015年現在)

 

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?(2016年調べ)

 

・ヴァージニア州でトーマス・ジェファーソンが1770年代にはじめて農園を開いたとされるAVAは?

マニアックな問題が出たりして。

 

23・アルゼンチン

・2016年、世界最優秀コンクールが開かれた州は?

一般的な知識として。

 

・世界で最も南に位置し、ピノ・ノワールやスパークリングワインの生産が盛んな産地は?

これも試験的でだけはなく一般的に知っておいて欲しい。

 

24・チリ

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?(2015年調べ)

 

・最も栽培されている白ブドウの品種は?(2015年調べ)

 

・クリコ、マウレ、イタタ、ビオビオ ヴァレー、の パイス と サンソー のブドウ品種に使われる呼称は?

これも新しいです。

 

25・オーストラリア

・レストランなどにワインを持ち込めるシステムをアルファベット3文字で何と呼ぶ?

これも飲食業の方は一般常識として。

 

・↓酒精強化ワインの名称は?

 

 →シェリー(タイプのもの)

 

 →ポートワイン(タイプのもの)

 

 →リキュール・トカイ(トカイワイン タイプのもの)

パクった名称が使えなくなったんですね~。南アフリカもポートワインとは言えずデザートワインて書いてあったりします(笑)

 

・オーストラリアで最もワインを生産する州は?(2015年調べ)

 

・アデレード・ヒルズにある標高710mの山は?

新しいです。

 

・タスマニアにある最大のワイン産地は?

これも新しいです。

 

25・ニュージランド

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?(2016年調べ)

 

・最も栽培されている黒ブドウの品種は?(2016年調べ)

ワン・トゥーで知っていて欲しい。

 

・ニュージランドで活躍する日本人を4人あげよ!

これも一般常識として、〇〇〇ワインなんてよく見ます。

  

26・南アフリカ

・全ブドウ(白ブドウ+黒ブドウ)のうち栽培面積の割合が最大のブドウ品種は?(2016年調べ)

 

・コロンバールの交配に成功したステレンボッシュ大学の博士は?

前述ですが、博士の名前ね(笑)

 

・スワートランドにおいて、高品質なワイン作りを目指す同盟の名称はアルファベット3文字で何か?

これも新しい取り組み!一般常識として。

 

27・日本

日本に関しては協会も本気を出してきそうです。なので数も多め(笑)

 

・日本ワインを作っているワイナリー数は?(2017年10月調べ)

 

・↑のうち、ドメーヌの数は?

 

・国産生ブドウの受け入れ数量のベスト3を順番は?

 

・コンコードを生産する日本唯一の県は?

 ↑全部。統計は基本。

 

・H字梢短剪定は1990年代以降、日本の主にどこで採用されているか?

言えるとカッコイイ!

 

・日本ワインの表示ルールにおいて、産地・ブドウ品種・収獲年とも〇〇%以上使用するコトが義務付けられている。

ちょっと雑ですが、せめてこの数字。

 

・ワインの地理的表示は〇〇〇〇〇に申し立てを行う。

 偉い人ね。

 

・リースリング・リオンの交配品種は? 〇〇 x 〇〇

これも今どき。知ってて欲しい。すんごく美味しいですよ。

 

・岩手県でリースリング・リオンにならんで生産されている日本の黒ブドウ品種は?

 岩手と言えば...。

 

・日本最大のピノ・ノワール生産するワイナリーは何県にある?

 意外です。

 

 ・さまざまな山ブドウをかけあわせて交配された品種で秋田県で主に使われているのは?

いちおうチェックしておきましょう。

 

・新潟浜砂丘の生産者たちは自らの一帯の地域を〇〇〇〇〇〇〇〇〇と呼んでいる。

こういうの好きだなぁ~。

 

・大阪府で生産が盛んな白ブドウは?

 大阪と言えばこれ!

 

・テラロッサ土壌がみられる岡山県のワイン生産地は何市?

 オーストラリアみたい。

 

・宮崎件が大半を生産する九州の主なブドウ品種は?

 というか九州といえばコレ!

 

・大分県の2大ブドウ生産地は?

地味な知識ですが、チェックしておきましょう!

 

・果実酒製成数量が1位の県は?(2014年調べ)

 

・日本ワインの生産量が1位の県は?(2015年調べ)

 

・果実酒・清酒のそれぞれの消費量が1位の県は?(2014年調べ)

 ↑3つ。統計は大事だよ~。果実酒は海外からの濃縮還元の原料を含む!

 

28・ワインの購入

・アロケーションとは何か?

 これも一般常識として。

 

・亜硫酸塩の1kgに対する使用量は〇〇〇〇g/Kg未満

この数字も是正されたような。

 

・輸入において不良品が見つかった場の関税・酒税をカバーできる保険を何と呼ぶ?

新しい言葉。

 

・日本のワイン輸入状況(2015年)において

 

 →数量が1位なのは?

 

 →金額が1位なのは?

↑2つの違いが大切です!

 

28・日本酒・焼酎

・単行複発酵とは何か? 主に〇〇〇に用いられる。

これも新しい。

 

・琉球泡盛に使用される米の種類は?

 細かくなったね~。

 

えー、答えは書きませんでしたが、↓で調べるとスムーズです。

 

受験のプロに教わる ソムリエ試験対策講座 ワイン地図帳付き<2018年度版>

 

おまけ

努力が実るまでには時間がかかるというお話。

焦らずに気長に勉強を続けていきましょう。そうすれば...。

www.youtube.com

 

少し離れますが、概念的にはこちらに近いと感じました。

ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか

 

今回は以上です。

次回の内容は未定です。

【勉強法のご紹介】問題集とメモ帳アプリで通勤時間を活用しよう!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。 

f:id:ttrd80:20180509100719j:plain

 

今回は座学ではなく勉強法のご紹介です!

勉強を進めておられる方は、GW明けのこの時期になったらさすがにテキストや問題集もほぼ揃えられた頃だと思います。そこで、今回は筆者が行っていた通勤電車や職場で使える省スペースのやり方をお伝えします。

 

まず動画をご覧ください。

ipadで撮ったので画像が粗いですがご容赦をorz。

www.youtube.com

 

特に売り込むつもりもありませんが、

使うなら小さいサイズの問題集が便利だと思います!

もし出版社の方がこのブログを見ておられたら、ポケットサイズのものを売り出すのが狙い目ですよ~。

 

↓2冊はこれまでにウチの店にきて頂いた数名の読者の方がご愛用されていました。

f:id:ttrd80:20180509102113j:plain

2018年はここが出る! ワイン受験直前予想: JSA ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験に対応

 

f:id:ttrd80:20180509102420j:plain

JSA ソムリエ・ワインエキスパート呼称資格認定試験対策 予想問題1000 2018年度版: 目指せ一発合格!

 

2018年の試験に対しては、今回からパソコンで受験するCBT方式に変わった事で、従来のセンター試験のような130問ほどの出題数から、約3000問の出題パターン(からランダムに130問程度の出題)があると協会より知らされています。

 

特にどのテキスト・問題集というか会員制のHPというかスクールが良いという事ではなくって、大切な事は極力多くの出題パターンに馴れておくということです。

 

以前の記事でもお伝えしましたが、ソムリエやワインエスパートの参考書や問題集ってちょっと高いですよね~。ですが、全部揃えても10万もいかないと思います。その辺りは金にものを言わせて買い漁りましょう(; ・`д・´)!

 

全部手元に揃えた上で、テキストごとの利点を整理して使いこなせるぐらいが理想です。

 

以前、筆者がサラリーマンのころ、スマホ サイトの開発をしていたのですが、ちょうどスマホ黎明期の頃に「アンドロイド派とかアイフォン派だとか、そんな事言ってないで、どちらも使いこなせてこそホンマもん!」という何かの記事に目から鱗が落ちた経験があります。まぁ、どちらも自腹で契約して通信費高かったのですが( 一一;)

 

筆者は自営業なので非常に損得勘定に目ざといのですが、

合格が1年遅れる事によって、↑のテキストを買い漁ったMAXの合計金額の10万以上は機会損失していまう場合は大いにあると考えています。特に筆者と同じく飲食業に従事されておられる方はなおさらです。

「もし資格があれば繋がっていた人脈やお客様」と言うとリアルに響くのではないでしょうか?その1年は大きいですよ。

 

今回は特に文章にイラストを入れて楽しく書こうとも、ウチのブログから何かを買ってもらおうとも思っていません。読者の皆さんが仕事の行き帰りに書店で気になるテキストや問題集を買っていただいたらそれでよいのです。

 

とにかくお伝えしたいのは 2018年の試験に可能な限りのお金と労力を全て注ぎ込んで欲しい という事です。後悔しないように。

 

それでは最後にモチベーションが上がりそうな動画をご紹介しておきます。

孫さんの「世界一おいしいパンケーキが焼きたい!でも十分立派な夢」というのがグッときます。ソムリエやワインエキスパートの試験であれば「ワインについて少しでも知りたい」とか、そんな地に足のついた素朴な理想で良いのではないでしょうか...というか、どの分野でもそんな努力の積み重ねだけのような気も。

www.youtube.com

 

今回は以上です。

引き続き勉強を頑張っていきましょう(´_ゝ`)!