ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【仏シャ地方】歴史 ~ 戴冠式のワイン / ドン・ペリニヨンの功績 / ミュズレ・ピュピートルの発明...など ~

f:id:ttrd80:20210227225205p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 3分56秒]


What Is The History Of Champagne?

 

ポイント

戴冠式に使用されていた (@ランス)

  初代国王クロヴィス1世496年のクリスマスにこの大聖堂で洗礼式

  ~19世紀に至るまで25名の歴代フランス国王

・最初のスパークリングワインを意図的に作ったのは英国人科学者クリストファー・メレット(1662年)

ドン・ペリニヨンの功績 = アッサンブラージュ≒ブレンドを取り入れた (1700年ごろ)

・発明

  オリを瓶の下に溜める為の台「ピュピトル」(1818年) - ヴーヴ・クリコ

  https://i.pinimg.com/originals/d5/37/de/d537de3722e8269c5480ea9e66c96394.jpg

  コルクを止める針金「ミュズレ」(1844年) - ジャクソン

  https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/39/Beer_bottle_sealed_with_a_cork_and_muselet.jpg/220px-Beer_bottle_sealed_with_a_cork_and_muselet.jpg

  ジャクソン JACQUESSONについて - シャンパーニュ専門店 マチュザレム

 

こちらの記事が素晴らしいです。ほぼ動画のポイント・内容を包括!!

m-champagne.com

 

オススメの読み物としてはコチラ。

www.japanjournals.com

 

以上

【仏シャ地方】白亜(≒石灰)土壌のメリット / CIVCとは?

f:id:ttrd80:20210226221623p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 6分30秒]


The Unique Terroir Of The Champagne Wine Region

 

ポイント

★白亜(≒石灰=チョーク)質の土壌の利点

・地下を削り出せば貯蔵庫に (ローマ時代から)

保水性が高い (≒冬場の乾燥に強い)

・もちろんブドウの栄養にも...

www.champagne.fr

 

★C.I.V.C.

www.champagne.fr

↓Google 翻訳

Comité Interprofessionnel du vin de Champagne - Wikipedia

・シャンパーニュのワインの生産、流通、販売促進の組織化と管理、および研究の実施を担当しています。1990年まで、ブドウの価格を設定し、市場価格を維持するために収穫のサイズを規制し、ワインの生産を制限するために介入しました。

・CIVCの顕著な活動の1つは、保護原産地呼称であり、非常に価値のある商標であるシャンパーニュという名前を保護することです。CIVCは、シャンパンの名前を許可なく使用した場合、すぐに訴訟に訴えます。

・CIVCは1941年4月12日に設立され、第二次世界大戦中にドイツがシャンパンやフランスの他の地域を占領していました。占領は、占領権とヴィシー政権の両方による要求と貿易の厳格な管理を意味したので、シャンパーニュの生産者はドイツ人に統一された前線を提示する必要があると考えました。モエ・エ・シャンドンを率いていたロベール・ジャン・ド・ヴォグエが主導権を握り、ドイツ人と交渉するためにCIVCによって任命された人物になりました。[3]

 

以上

【仏シャ地方】グランクリュ(17) ~ エリア / 名称 / 味わい ~

f:id:ttrd80:20210225222905p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 4分55秒]


What Is A Grand Cru Champagne?

 

ポイント

f:id:ttrd80:20210225225807p:plain

 

(ご参考)

こちらの記事がほぼ動画と同じ内容で超♡親切です。見やすい!! サイコー。

www.wine-what.jp

 

以上

【仏シャ地方】シャンパーニュの製法 ~ リドリング? ~

f:id:ttrd80:20210223225553p:plain

今回も動画からサクッと学びましょう。

 

[所要時間 : 4分50秒]


Why is Champagne Fizzy? The Basics of Winemaking In Champagne

 

ポイント

翻訳は非常に雑ですが他の泡の製法を含めて包括的に解説しています。復習に読み流しておくと良いかも。

↓Google 翻訳

winefolly.com

 

"シャンパーニュのみ"の解説ならコチラの記事がオススメ。

www.shwalista.jp

 

ちなみにリドリングルミアージュと同義でした。

f:id:ttrd80:20210223231610p:plain

champagne7.com

 

以上

【仏シャ地方】5つのサブリージョン ~ 位置(覚え方) / 特徴 ~

f:id:ttrd80:20210222184934p:plain

今回も動画をサラッと流して学びましょう。

 

[所要時間:4分09秒]


The Sub-Regions Of The Champagne Wine Region In France

 

ポイント

翻訳は雑ですが動画と似たような内容です。特徴を復習しましょう。

↓Google 翻訳

vinepair.com

 

位置の覚え方はこんな感じかと。

f:id:ttrd80:20210222193557p:plain

 

以上

【仏ブ地方】用語解説 ~ クロ / クリュ / テロワール / クリマ / ドメーヌ / シャトー / ネゴシアン ~

f:id:ttrd80:20210222000116p:plain

今回も楽しく動画から学びましょう。

とりあえずボンヤリ流して下さい。

 

[所要時間 : 4分20秒]


Burgundy Wine Terminology

 

ポイント

よく分からなかった用語があればを↓記事を参照。

・クロ(Clos)

→Clos(クロ)って何? | 勝どきでワイン飲むならクロカチドキ!

 

・クリュ(Cru)

→ワインの世界でよく使われている「グラン・クリュ」とは? | エノテカ - ワインの読み物

 

・テロワール(Terroir)

・クリマ(Climat)

・ドメーヌ(Domaine)⇔シャトー(Chateau)

・ネゴシアン(Negociant)

→ブルゴーニュワインの基礎知識|全体像と特徴をおさえよう | ワイン通販のワインブックス

 

以上

【仏ブ地方】ロマネコンティについて 位置 / 面積 / 歴史 / 価格 など (CdN地区)

f:id:ttrd80:20210220191104p:plain

今回も楽しく動画で勉強しましょう。

もし英語が分からなくってもニュアンスだけで流して下さい。

 

[所要時間 : 4分43秒]


Is This The Best Wine In The World?

 

ポイント

以下、字幕です。ピンク文字だけを流し読みして下さい。

 

Romanee Conti. A name intrinsically associated
with the world of fine wine and the rarest
most expensive and coveted wines in the world.


・通称DRC
・モノポール(単独所有者)
Domaine de la Romanee Conti, also known as DRC,
is named after their monopoly vineyard of La Romanee
Conti and is the pinnacle of fine wine.


You might expect a vineyard that produces
wines that sell for tens of thousands of pounds
to be surrounded by security, however, La Romanee Conti
is as modest as they come.


★地図上の位置
Nestled amongst 7 other Grand Cru vineyards
This tiny vineyard is the jewel of the village of Vosne-Romanee

 

・・・

f:id:ttrd80:20210220185856p:plain

・・・


・村全体の面積=29ヘクタール
Why is Vosne-Romanee so famous?
Vosne-Romanee, it's up in the Cote de Nuits.
It's a small village but it has some of the the best producers
in Burgundy
are located in Vosne-Romanee and then really the best of the best is
Domain de la Romenee Conti. That's a small property,
They have, just about 29 hectares
of vineyards. I think nearly all of that
apart from a very, very small vineyard of Vosne-Romanee Premier Cru
all of that is Grand Cru. The Pinnacle of their
domain is the vineyard

 

★DRCの面積=1.8ヘクタール
・アメリカでは1本20,000ドル=約211万
La Romanee Conti itself, which is 1.8
hectares. So yeah, a couple of football fields. Very small.
That wine, I think the current release, is selling in
America now for about twenty-thousand dollars a bottle.


It's supply and demand, very, very small quantities made,
the collectors of the world, the connoisseurs of the world
really want to drink that wine, and they will pay for it. So, I guess
the prestige for Vosne-Romanee comes from
people like that. It's kind of like Puillac, in Bordeaux, where all of the first
growths are. Famous town because of that.
I think Vosne-Romanee is kind of the same, its got some of the
really super steller expensive
wines and great producers based in that village.


・等級は1900年ごろから

★★★詳しくは末尾の記事をご参考★★★

Burgundy's Grand Cru ranking system wasn't officially
defined until the early 1900's.
However, La Romanee-Conti was noted for its superiority
hundreds of years earlier,
and was distinguished from the other vineyards of Vosne-Romanee
in 1584.


・(18世紀半ば) ブルボン=コンティ家の王子、ルイ・フランソワ

★★★同上★★★ 

In 1760, the vineyard gained its current name
when it was sold to Louis-Francois De Bourbon
The Prince of Conti, who used it to produced wines
for his own personal consumption
He paid an astonishing ten times the
price of what the prestigious Clos de Beze vineyard
had sold for just ten years earlier.

 

・(20世紀半ば) ルロワ家

★★★同上★★★ 

 Although the vineyard is past hands multiple times,
in 1942 it fell into the joint ownership
of the Villaine and the Leroy/Roch families,
who have managed it ever since.
It's been in the same family for generations. It's run now by
Aubert de Villaine, who's
a gentleman of Burgundy, one of the most respected winemakers and vineyard owners


★ユネスコ世界遺産に
in the whole region, all of the Cote-d'Or now
is classified as a UNESCO World Heritage Site
and since 2015, and he was the one really pushing for that.
And the actual Romanee-Conti vineyard and the domain itself
they're kind of based right in the centre of Vosne-Romanee. They kind of
they're based where the church is, actually they're
on the site of an old Benedictine Abbey.


・1945年は 424000ポンド=約6277万円
The wines of La Romanee-Conti hold a certain
aura in the world of fine wine
and in 2018, a single bottle sold for a
record-breaking price of four-hundred and twenty-four
thousand pounds.
This was the 1945 vintage,
the last vintage of Romanee Conti before the Phylloxera crisis
and a historical wartime vintage which was primarily
managed by the local women while the
men were fighting.

 

・直近ヴィンテージで15000ポンド=約221万円
For a bottle of a more recent vintage,
a buyer would expect to pay well over fifteen thousand pounds.
So what does Domaine Romanee-Conti
taste like? Well, if you've got a credit card lets find out.
As you can imagine, it's
one of the best expressions you can get
of Burgundy, and really you want to find
in great wines is balance
good acidity, not too high in alcohol,
you really want sort of balance, subtlety, you want finesse,
you want velvety, silky-smooth tannins
and really what you want to have in an expensive wine and good quality wine is that length
I think a lot of people would agree,
it's the singular most amazing expression of Pinot Noir
and it's definitely something Pinot Noir makers all over the world
would aspire to making something like that.
So, yes that's what it is. It's just the best.

 

(ご参考)

歴史に関してはこの記事。

wine-bzr.com

 

他の名前の由来を知るのもオススメ。

www.hirok-k.com

 

以上