ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【仏ア地方】概要 ~ 歴史 / ブドウ品種 / テロワール / AOC / クレマンダルザス~

f:id:ttrd80:20210302220110p:plain

動画から学びましょう。今回はダラダラ長いですが現地の空気感が伝わってくる良作。試験勉強の息抜き(≒現実逃避)にどうぞ。

 

[所要時間 : 15分41秒]


Alsace Land of Wines

 

ポイント

薄っすらポイントが書いてあるので↓翻訳ページをサラッと流しておきましょう。戦時中ドイツに占領されてたから1935年のAOCには入れなかったとかツボ。

Google翻訳

socialvignerons.com

 

ちなみに同地方はユダヤ人が多いところ。

16世紀初頭 - ユダヤ人が西欧中から追放されて、神聖ローマで残ったユダヤ人の村が主にアルザスに限られた[31]

アルザス地域圏 - Wikiwand

 

以上

【仏ローヌ】シャトー・ヌフ・デュ・パプ ~ 歴史 / テロワール / 品種 ~

f:id:ttrd80:20210302000436p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間:3分01秒]


The Story And History Behind Chateauneuf Du Pape

  

ポイント

歴史テロワールに関しては↓を流し読みすればOK。

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

品種に関しては↓ページが素晴らしい。動画では追加された5品種は「クローン品種」とか言ってたけど「以前はレアだった品種」ってことなのね。基本となるGSMブレンドから各品種の役割・解説が最高。

Google 翻訳

socialvignerons.com

 

以上

【仏ローヌ】概要 ~ 南 vs 北による品種の違い ~

f:id:ttrd80:20210301002753p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 2分32秒]


The Different Grape Varieties And Styles Of The Rhone Valley Wine Region

 

ポイント

↓翻訳ページを流し読みして「ああ、そういや動画でそんなこと言ってたな。。。」くらいの認識で良いでしょう。あくまで復習用。

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

 

(ご参考)

下の地図を見てAOCの位置で名前が言えるかチェックしてみるのも良いかも。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/48/Vignobles_rhone.svg/525px-Vignobles_rhone.svg.png

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/48/Vignobles_rhone.svg/525px-Vignobles_rhone.svg.png

 

以上

【仏シャ地方】歴史 ~ 戴冠式のワイン / ドン・ペリニヨンの功績 / ミュズレ・ピュピートルの発明...など ~

f:id:ttrd80:20210227225205p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 3分56秒]


What Is The History Of Champagne?

 

ポイント

戴冠式に使用されていた (@ランス)

  初代国王クロヴィス1世496年のクリスマスにこの大聖堂で洗礼式

  ~19世紀に至るまで25名の歴代フランス国王

・最初のスパークリングワインを意図的に作ったのは英国人科学者クリストファー・メレット(1662年)

ドン・ペリニヨンの功績 = アッサンブラージュ≒ブレンドを取り入れた (1700年ごろ)

・発明

  オリを瓶の下に溜める為の台「ピュピトル」(1818年) - ヴーヴ・クリコ

  https://i.pinimg.com/originals/d5/37/de/d537de3722e8269c5480ea9e66c96394.jpg

  コルクを止める針金「ミュズレ」(1844年) - ジャクソン

  https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/39/Beer_bottle_sealed_with_a_cork_and_muselet.jpg/220px-Beer_bottle_sealed_with_a_cork_and_muselet.jpg

  ジャクソン JACQUESSONについて - シャンパーニュ専門店 マチュザレム

 

こちらの記事が素晴らしいです。ほぼ動画のポイント・内容を包括!!

m-champagne.com

 

オススメの読み物としてはコチラ。

www.japanjournals.com

 

以上

【仏シャ地方】白亜(≒石灰)土壌のメリット / CIVCとは?

f:id:ttrd80:20210226221623p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 6分30秒]


The Unique Terroir Of The Champagne Wine Region

 

ポイント

★白亜(≒石灰=チョーク)質の土壌の利点

・地下を削り出せば貯蔵庫に (ローマ時代から)

保水性が高い (≒冬場の乾燥に強い)

・もちろんブドウの栄養にも...

www.champagne.fr

 

★C.I.V.C.

www.champagne.fr

↓Google 翻訳

Comité Interprofessionnel du vin de Champagne - Wikipedia

・シャンパーニュのワインの生産、流通、販売促進の組織化と管理、および研究の実施を担当しています。1990年まで、ブドウの価格を設定し、市場価格を維持するために収穫のサイズを規制し、ワインの生産を制限するために介入しました。

・CIVCの顕著な活動の1つは、保護原産地呼称であり、非常に価値のある商標であるシャンパーニュという名前を保護することです。CIVCは、シャンパンの名前を許可なく使用した場合、すぐに訴訟に訴えます。

・CIVCは1941年4月12日に設立され、第二次世界大戦中にドイツがシャンパンやフランスの他の地域を占領していました。占領は、占領権とヴィシー政権の両方による要求と貿易の厳格な管理を意味したので、シャンパーニュの生産者はドイツ人に統一された前線を提示する必要があると考えました。モエ・エ・シャンドンを率いていたロベール・ジャン・ド・ヴォグエが主導権を握り、ドイツ人と交渉するためにCIVCによって任命された人物になりました。[3]

 

以上

【仏シャ地方】グランクリュ(17) ~ エリア / 名称 / 味わい ~

f:id:ttrd80:20210225222905p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 4分55秒]


What Is A Grand Cru Champagne?

 

ポイント

f:id:ttrd80:20210225225807p:plain

 

(ご参考)

こちらの記事がほぼ動画と同じ内容で超♡親切です。見やすい!! サイコー。

www.wine-what.jp

 

以上

【仏シャ地方】シャンパーニュの製法 ~ リドリング? ~

f:id:ttrd80:20210223225553p:plain

今回も動画からサクッと学びましょう。

 

[所要時間 : 4分50秒]


Why is Champagne Fizzy? The Basics of Winemaking In Champagne

 

ポイント

翻訳は非常に雑ですが他の泡の製法を含めて包括的に解説しています。復習に読み流しておくと良いかも。

↓Google 翻訳

winefolly.com

 

"シャンパーニュのみ"の解説ならコチラの記事がオススメ。

www.shwalista.jp

 

ちなみにリドリングルミアージュと同義でした。

f:id:ttrd80:20210223231610p:plain

champagne7.com

 

以上