ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


【2020年版】ソムリエ試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい! - 他アドバイスなど


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.1.21 更新]
【神戸三宮-ワンコイン-ワインスクール開校のお知らせ】['20.1.4]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['20.1.23 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.1.23 NEW]
  

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


f:id:ttrd80:20191207110536p:plain
えー。今回は2020年ソムリエ試験に挑戦しようと思って見て下さっている読者の方もいるかもしれないので合格するまでの考え方を簡単にお伝えしておきますね~。

 

先日合格発表もあったのでちょうどいい時期なんじゃないかな~(´_ゝ`)

 

願書提出編

Q1:受かる自信が無いがチャレンジすべき?

→とりあえず申し込め(; ・`д・´)!

 

Q2:教本が厚すぎるが大丈夫か?

→見た目にダマされるな!問題さえときまくれば1次は通る!

 

1次試験(座学)まで編

Q3:教本以外のテキストや問題集が高い!買うべきか?

→金があるなら買え! & 悩むぐらいなら買え!

 

 

Q4:テキストや問題集がいっぱいあるが何を買えばいい?

→なんでもOK!試験までにどれだけ多くのパターンの問題をといたかだけ!

 

Q5:スクールに通うべき?

→勉強的には不要。だた受験仲間はできる!

 

Q6:教本は丁寧に読破すべき?

→どっちでもOK。

 

Q7:2回受験できるけど、どうすべき?

→どっちでもOK。1回に集中して通った人もいる!

 

Q8:スクールなどがやってる模試は受けるべき?

→YES、可能な限り受けるべし!

 

あ、そういや試験前の1週間など有給をとってガッツリ勉強したって方が多かったです。

 

2次試験(テイスティング&論述)まで編

Q9:全然ワインを飲んだ経験が無いけど大丈夫?

→YES、全くの未経験からでも1か月程度練習すれば可能!

 

Q10:二次はスクールに通うべき?

→YES、一回だけは誰かに習え!

 

Q11:ワインは何を買えばいい?

→ワインショップや近くの資格持ちに聞け!

 

Q12:スクールがやってる二次の模試は受けるべき?

→YES!コンプリートする勢いでいけ!

 

Q13:論述の勉強はどうしたらいい?

→最悪1次試験を通った自分を信じろ!どーせ、みんな書けない難しい問題はみんな書けない!

 

3次試験(実技)まで編

Q14:サービスをやった事がないが大丈夫か?

→大丈夫。1カ月程度の練習で可能!

 

 

ここでまとめておくと...

どんな手段・方法を使おうが通る奴は通る!

(テキスト・問題集・スクール・先生のことね)

f:id:ttrd80:20191207111741p:plain

 

このブログを始めてもう2~3年になりますが、去年・今年辺りから合格された読者の皆様のご感想を聞いていると合格までのノウハウも千差万別なので細かい事はどうでもいいという考えに至りました 笑

 

もちろんラッキー☆が全く無いとは言い切れないけれど、間違いないのはとりあえず受験してみたから合格したというコトです。

 

あと、

高い受験料を払って願書を出す時、

わりと高価なテキストや問題集を買う時、

二次試験用に大量にワインを買う時、

スクールに通うべきか悩む時...など

 

「これホンマに意味あるんやろか( 一一)?」

「こんなんやってもホンマに受かるんやろうか?」

...といったギモン常につきものです!

 

ですが、あまり考えすぎずに思ったコトを可能な限り行動にうつしてみて下さい(; ・`д・´)!

 

もし頭がパンクするくらい考えに考えぬいたコトが全て上手くいくようであれば、ほとんどの人の人生が大成功しているはずです。

 

これまでの常識心の中での縛り葛藤制限などの雑念をダマらせ、ただ「試験に通って幸せになりたい!」といった心からのソボクな願い潜在意識☆に全てまかせてみて下さい。

 

そして...

ぜひ、その小さな希望の火を消さないで下さい。

(これだけが筆者の切なる願いです。)

 

ヒントはこちら↓

☆素晴らしい記事☆だったのでご紹介しておきます。

hikiyose-diary.blog.jp

 

考えすぎて動けないIQの高い人より、動けるバカの方が強い!

 

以上