ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。



<オススメ記事>
3次試験-サービス実技・書類審査
【超まとめ】
テクニックや注意点など

ロンバルディア州 ★ フランチャコルタ、スフォルツァート など


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['18.8.14 更新]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['18.10.20 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170602111517j:plain

今回は発泡性のワインフランチャコルタが有名なイタリアのロンバルディア州です。

まずは問題チャレンジして「どんな感じで試験に出るか?」をつかみましょう!後ほどポイントを解説致します。

面倒なら直接ポイント解説をご覧下さい。イラストを流し読みするだけでも勉強の足しになるかと思います。 

それでは問題!

(問1) Franciacorta に使われる品種は? 複数選択可
(a) Pinot Nero
(b) Pino Meunier
(c) Pino Bianco
(d) Chardonnay

(問2) Franciacorta と同様、ロゼ・白を生産する瓶内2次発酵のDOCGは?
(a) Oltrepo Pavese
(b) Oltrepo Pavese Metodo Classico
(c) Moscato di Scanzo
(d) Garda

(問3) Valtellina Superiore の主要品種のロンバルディア州内での名称は?
(a) Sanviovese
(b) Brunello
(c) Spanna
(d) Chiavennasca

(問4) Sforzato di Valtellina の味は?
(a) 甘口
(b) 中甘口
(c) 薄甘口
(d) 辛口

(問5) ロンバルディア州の州都は?
(a) Torino
(b) Milano
(c) Venezia
(d) Trento

回答とポイント解説

(問1) Franciacorta フランチャコルタ に使われる品種は? 複数選択可

正解は (a) Pinot Nero ピノネーロ (c) Pino Bianco ピノ・ビアンコ  (d) Chardonnay シャルドネ の3種類です。ピノネーロはピノノワールのイタリアでのシノニム(別名)。シャンパーニュならピノ・ビアンコではなくピノムニエです。

f:id:ttrd80:20170602115020j:plain


(問2) Franciacorta フランチャコルタ と同様、ロゼ・白を生産する瓶内2次発酵のDOCGは?

正解は (b) Oltrepo Pavese Metodo Classico オルトレポ・パヴェーゼ・メトード・クラシコ です。メトード・クラシコとはシャンパーニュと同じ瓶内2次発酵のこと。短い名前の (a) Oltrepo Pavese は DOC です。ややこしいので注意。

f:id:ttrd80:20170602115926j:plain


(問3) Valtellina Superiore ヴァルテッリーナ・スペリオーレ の主要品種のロンバルディア州内での名称は?

正解は (d) Chiavennasca キアヴェンナスカ です。一般的には Nebbiolo ネッビオーロ、ピエモンテ州では Spanna スパンナ と呼ばれています。このブログでも口が酸っぱくなるくらい問題に出していますが、それくらい必須ですf^-^;

f:id:ttrd80:20170602121144j:plain


(問4) Sforzato di Valtellina スフォルツァート・ディ・ヴァルテッリーナ の味は?

正解は (d) 辛口 です。Sforzato スフォルツァート とは ブドウを陰干しして辛口に仕上げたワインの意味です。ヴェネト州ではAmarone アマローネと呼ばれています。

f:id:ttrd80:20170602121821j:plain

 

(問5) ロンバルディア州の州都は?

正解は (b) Milano ミラノ です。ロンバルディア州に限らず州都もおさえておきましょう。

f:id:ttrd80:20170602123040j:plain

 

おまけ

f:id:ttrd80:20170602124425j:plain

これは筆者の話ですが、イタリア北部を勉強していると今回出てきたスフォルツァートは「ロンバルディア州だったけ?いや、ヴェネト州だったかな~。」とか、白ワインのガヴィとソアーヴェの生産州やブドウ品種をあべこべにしてしまったりしていました。読者の皆様もこの3つの州の知識がごちゃ混ぜにならないように注意して下さいね。