ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

【中国】のワインってどうなの? - という質問に答えたい! - さわり ~ ブドウ→ワイン生産量


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['19.10.27 更新]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['19.11.09 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


先日、二次試験と同日にあるエクセレンスの試験を受ける方がご来店

お客さんに「中国のワインってどうなの?」と聞かれてこまった事が2~3度あったので、個人的にそろそろまとめておこうと思います( 一一;)

 

まず手元にあったらこれを見て!

中国に関する記事が載っています。

f:id:ttrd80:20190930141134p:plain

エクセレンスの試験内容は協会の月刊誌からも普通に出題されるのだ~。

 

で、基本的には wiki に沿って解説します。

en.wikipedia.org

 

というところで、まず大きなテーマから順番に見ていきましょう( `ー´)ノ

 

◆中国の ぶどう生産量 ワイン生産量

 

まず、理解しておきたいのは

中国は世界で一番ぶどうを作っている国!という事実w

えー、これはワイン以外にレーズン(≒干し葡萄)食用を含みます。

 

f:id:ttrd80:20191007103558p:plain

 

f:id:ttrd80:20191003103250p:plain

http://www.oiv.int/public/medias/6371/oiv-statistical-report-on-world-vitiviniculture-2018.pdf

 

次にワインの生産量を見てみましょう!

 

f:id:ttrd80:20191007103233p:plain

http://www.oiv.int/public/medias/6371/oiv-statistical-report-on-world-vitiviniculture-2018.pdf

  

2018年のデータは出ていませんが、2017年の時点で南アと同率

だいたいですが、中国ワインの生産量に関しては10位圏内に入っているという認識をもっておきましょう。

 

今回の内容をまとめると...

中国はブドウの生産量だけで見ると世界No1だけど、ワイン用に使ってるのは、そのごく一部

...ってこと。

 

あんま筆者自身内容を詰め込むと気負ってしまうので今日はここまで( 一一;)

こんな感じでダラダラ続けたいと思います。乞うご期待。

 

あ、そうだ、向学心溢れる方は動画で予習しておいて!

有名な産地、Ningxia (ニンシャ) = 寧夏(ねいか) なんて出てきますが?どこにあるか分かるかな?

寧夏回族自治区 - Wikipedia

www.youtube.com

 

 

 

【編集後記】

二次試験までもうあと1週間を切りましたね。

決戦の時は近い!ラスボスを倒す気持ちでいきましょう( `ー´)ノ

www.youtube.com

 

以上