ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


【英国】データで見るワイン生産


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


f:id:ttrd80:20200615105144p:plain

今回は 英国 (≒イギリス) をサラッと流します!

 

▼参考資料

greatestbritish.org

↑が非常に良くまとまっていた※ので、これをベースに話をすると。

※2017年の記事でやや内容が古いですが大枠は同じ!

 

▼地域ごとの栽培面積 + 上位3州

f:id:ttrd80:20200615110858p:plain

ですが、せめて↑の 地域

・ケント (栽培面積)

・ウェスト・サセックス (...2位)

・ハンプシャー (...3位)

位置 くらいはおさえておきましょー。

 

▼栽培ブドウ品種

f:id:ttrd80:20200615112344j:plain

続いて、↑のまんまですが 英国 といえば ピノ・ノワールを中心 とした スパークリングワイン用 のブドウ品種と言って間違いなさそうです。

 

▼参考動画

www.youtube.com

(聞き取りにくければ字幕をONに)

上記までが分かれば 参考程度 に ↑動画 を見ておきましょう。温暖化 の話が少し出てきましたが...

 

▼将来予測

f:id:ttrd80:20200615141919j:plain

↑みたいなデータを見ると、動画のお姉さんも あと半世紀くらい は頑張れるんじゃねーの?って感じがしますね。メルローとか仏ボルドーあたりの感覚?

 

・・・

 

以上、参考ページが想像以上に良かったので軽くまとめておきました。

英国をガッツリ勉強する前の さわり として活用いただれば幸いですm(_ _)m

 

 

【編集後記】

以前にも似たような記事を書いた気がして恐縮でしたが試験のイギリス(≒英国)の内容が薄っぺらければ今回程度の内容でもイケるのかな~とも思ったり。

 

・・・

 

ワイン王国 2020年 7月号 [雑誌]

昨夜、動画配信サービスのU-NEXTで見ましたが ワイン王国 最新の7月号の 日本ワイン特集 良いっすね。有名どころの名前くらい知っておくべきかと襟(えり)を正した次第です( 一一;) ホンマ全然知らんのんよ~。

 

 ・・・

 

 またまた 四コマ でっす。

f:id:ttrd80:20200615162205p:plain

 

以上