ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【ドイツ】品質区分による数値・特徴


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210630142215p:plain

 

▼問題

以下ドイツの品質区分について正しいものを選べ

f:id:ttrd80:20210630150502p:plain

A:①=85%、②=100%

B:③=55~72、④=70~128

C:⑤=不可、⑥=可

D:⑦=halbtrocken、lieblich

 

(ソムリエ教本2021 - 124-127ページ記載内容)

 

 

▼答え

正しかったのは...

A:①=85%、②=100%

 

間違いを説明しておくと...

B:③=55~72、④=70~128 (○ 154)

→ プレディカーツヴァインの最大はT.B.A.=トロッケンベーレンアウスレーゼの154

C:⑤=不可 (○ 可)、⑥= (○ 不可)

→ 補糖に厳しいのは上位のプレディカーツヴァイン

D:⑦=halbtrocken、lieblich (○ trocken)

→ ランドヴァインは基本的には トロッケン と ハルプトロッケン

 

▼まとめ

f:id:ttrd80:20210630140840p:plain

(参考文献)

良い表だったので問題に使用しました。

↓Google 翻訳

www.germanwines.de

 

▼オススメ資料

温暖化のせいで糖度の基準値が上がったのか、調べていても(最新の)教本に近いデータのサイトが少なかったです。中でも↓が一番マシかも。

www.winesofgermany.jp

 

 

▼おまけ

東京でのドイツワインイベント動画。当ブログは関東の読者の方が多いイメージですが、もしかしたら映っておられる方もいるかもしれませんね。

[所要時間 : 1分43秒]

www.youtube.com

 

以上