ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【仏】コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ + 21の地理的名称 について ~ 県・生産色 ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210705233030p:plain
 

▼問題

以下、Côtes du Rhône Villages + 地理的名称について正しいものを選べ。

 

①Saint-Andéolが属する県は?

A:ヴォクリューズ県

B:ガール県

C:ドローム県

D:アルデッシュ県

 

②chusclanの生産色は?

A:赤

B:赤、ロゼ

C:赤、ロゼ、白

D:白

 

③生産色が違う村は?

A:Roaix

B:Signargues

C:Suze-la-Rousse

D:Puyméras

 

ソムリエ教本2021 - 413ページ記載内容

 

 

▼答え

①Saint-Andéol (サン・タンデオル) が属する県は?

D:アルデッシュ県

教本記載の21の村の中でも1つだけ丁寧に解説してある村です。2018年4月追加と新しく、アルデッシュ県、"赤(のみ)" のもの。

 

②chusclan (シュスクラン) の生産色は?

B:赤、ロゼ

21の村の中でもシュスクランのみ「赤、ロゼ」です。

基本的には3色(赤、ロゼ、白)で、9つの村赤のみです。消去法で考えましょう。

(詳細は後ほどの▼解説画像にて)

 

③生産色が違う村は?

A:Roaix (ロエックス) ちなみに「赤、ロゼ、白」

教本で一番最初に書いてある村 (...の生産色)くらいはチェックしてきましょう。他の選択肢は全て赤(のみ)の村でした。

 

▼解説画像

まとめです。

f:id:ttrd80:20210705233220p:plain

※勝手に画像が圧縮されるので↓リンクを貼っておきます。画像をいったんスマホに保存してから拡大してご覧下さい。

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ_21の地理的名称とその生産色_ver2.png - Google ドライブ

 

▼参考資料

・地図+各地理的名称の説明

↓Google 翻訳

www.vins-rhone.com

 

・概要

↓Google 翻訳

www.vins-rhone.com

 

▼オススメ動画

仏語ですが、字幕でニュアンスだけでもつかみましょう!

[所要時間 : 8分24秒]


www.youtube.com

 

 

【ぼやき】

先日u-nextの契約をnetflixに切り替えました。このシリーズ面白いっスね~。


www.youtube.com

 

あと今は↓を読んでいます。戦国~江戸~明治時代あたりの日本と世界との繋がりが理解できるってのと、先人の偉業に驚嘆するばかり。お時間の許す方は是非読んでいただきたいシリーズ(上・下)です。

文明開化は長崎から 上

 

以上