ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

コート・ド・ボーヌ地区 覚え方のコツ - 大きな地図を分解してみよう!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170406152003j:plain

今回のテーマは

コート・ド・ボーヌ地区 です。

地図上のAOCの位置、赤のみを生産するAOC、最大面積のAOCを覚えましょう!

それでは、問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

▼▼▼

【1】実力テスト

(難易度★★★☆☆)

以下はコート・ド・ボーヌ地区の地図です。(問1)~(問3)に答えなさい!

f:id:ttrd80:20170406154631j:plain

※画像が小さくて見えなければ、スマホの画面を「ピンチイン」=2本の指でおさえて拡大して下さいねf^^;

※ブルゴーニュ地方がフランスのどこにあるか分からない方は↓へ

第40回 「フランスワインの産地」

※コート・ド・ボーヌ地区がブルゴーニュのどこにあるか分からない方は↓へ

第59回 「ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴」

 

▼▼▼

【少しブレイク...】

f:id:ttrd80:20170406154657j:plain

いかがですか?

こんなにいっぺんに覚えないといけないもんのか~(>_<)!って感じですね。このコート・ド・ボーヌの地図こそが本気のブルゴーニュです!ムルソーやモンラッシェを多少知ってるくらいでは太刀打ちできません。ですが、大丈夫!今回もコマ切れに分解してせっせと覚えていきましょう^^!!それでは回答です。

▼▼▼

【2】回答とメモ

まず全体での回答です!

f:id:ttrd80:20170406164445j:plain

※またまた画像が小さくて見えなければ、スマホの画面を「ピンチイン」=2本の指でおさえて拡大して下さいねf^^;

それでは、小分けにして見ていきましょう!

f:id:ttrd80:20170406205400p:plain

・一番上の部分は頭文字をとって僕は勝手に「PAL=パル」と名付けました。図の矢印の方向にP→A→Lです。この3つは試験では非常に重要なのにも関わらず意外と忘れやすいです。そこで、この3つは「パル」と覚えてしまいましょう!ここは3つのAOCにまたがるグランクリュを覚えるところです!詳細はまた後日ご紹介致します!

f:id:ttrd80:20170406205658p:plain

ボーヌという名前は3つあるので注意!コート・ド・ボーヌのAOCの中で面積最大なのは、そのまんまのボーヌ!あとは、左上からサッカーっぽく「SCB=エスシービー」と覚えましょう!

f:id:ttrd80:20170406213631p:plain

・ポマールあたりも忘れやすいとこです。意外にこのあたりが試験や問題の選択肢として出てくるような気がしていますf^-^; ポマールとヴォルネイの2つは「赤のみ」なので要チェック!北から順に頭文字をとって「ポヴォモサオ」とでも覚えましょう!

f:id:ttrd80:20170406215135p:plain

・ムルソーあたりは、ブラニーが小さく見落としがちなので要注意!しかもこいつは赤のみを生産するので試験によく出てきます。モンラッシェのグランクリュは試験でも必須なので、これまた別の機会にご紹介する予定です。ちなみにモンラッシェは2つあります。まぎらわしいのでモンラッシェは北から「パソコン(PC)」と覚えてしまいましょう!

f:id:ttrd80:20170406210804p:plain

一番南にある、マランジェ、サントネーですが、エロく「SM=エスエム」と覚えてしまいましょう!

この手の大きな地図は小分けにして変な名前で覚えるのに限ります!僕個人的の変な覚え方で恐縮ですが、受験者の皆様の参考になれば幸いですm(_ _)m

▼▼▼

【3】今回のまとめ・勘どころ

f:id:ttrd80:20170406170855j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

さらにここからがブルゴーニュ地方で一番盛り上がっていくところです。テンションもMAXにして勢いで覚えてしまいましょう!