ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

<オススメ記事>
【2020年版】ソムリエ・ワインエキスパート試験に合格するまでのソボクな疑問に答えたい!


【ギリシア】サントリーニ島 - 土壌をヒントに島の成り立ちを知ろう!


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.1.21 更新]
【神戸三宮-ワンコイン-ワインスクール開校のお知らせ】['20.1.4]
【試飲会イベント情報-関西エリア】['20.1.23 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.1.23 NEW]
  

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。


f:id:ttrd80:20191216231758p:plain

今回もフォローアップセミナーの内容を多少深掘りしてみます。

 

【問題】

ギリシアにある

サントリーニ島(とう) の土壌は?

 【正解】

火山性(かざんせい)土壌

 

まず、サントリーニ島位置

f:id:ttrd80:20191216221846p:plain

 

ちなみに↑三日月(みかづき)のカタチは

火山噴火の影響で陥没したカルデラ地形※の一部だから~。(チコちゃん風)

※小中学校で習う内容だけど覚えてない方は↓

www.youtube.com

 

カルデラの基本が分かったら、

次にサントリーニ島の成り立ち

中心部の海がぽっかり空いた穴

クレーターってこと

www.youtube.com

 

ついでに、若干古いですが2018年に世界的な 火山性土壌ワインブーム があったのを知っておいて!

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-03-30/boom-volcanic-wines-are-heating-up-around-the-globe

↑初回アクセス時にロボット検知用の画像チェックあり

 

記事中にもありますが同じ火山性土壌として↓辺り(=試験範囲)スラスラ出てくると上級者かなという気がします。

それぞれ場所や銘柄が分からない方はチェックしておくと吉☆

・Mount Etna, Sicily

・Somlo, Hungary バラトン地方 - ショムロー

・The Azores, Portugal アゾレス諸島

・The Canary Islands, Spain カナリア諸島

・Campania, Italy 

・Soave, Italy  

・Lake County, California  

 

 

【編集後記】

筆者が参加したフォローアップセミナー'2019 アフターパーティーでのブラインドテイスティング決勝戦に火山性土壌のワインが出題されてたんだけど、そういう意味だったのね~。今さら納得した...( 一一;)

 

・・・

 

headlines.yahoo.co.jp

お客さんから聞いた話ですが、神戸ではこの年末スナックが100軒ほど閉店カラオケ機材の回収業者の作業がおっつかないとか。同じ飲食の方、頑張りましょー。

 

・・・

 

あ、多分次回もギリシア

↓から問題を出すので時間がある方は見ておいてねっ☆

www.youtube.com

 

以上