ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

メドックの格付け【第2級】 捨てる前に読む覚え方と問題を解くコツ!

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170317133021j:plain

 今回のテーマは

メドックの格付け第2級です。

格付けされた14のシャトーの名前とAOCをおさえて下さい。

それでは問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

 

【1】実力テスト

(難易度★★★★★)

地図上の各AOCにおいて、メドックの格付「第2級」にあたるものを書かれている個数分だけ選択肢から選んで下さい。 またそのAOC名も答えて下さい。

f:id:ttrd80:20170317133106j:plain

(選択肢)

・レオヴィル・バルトン
・グリュオー・ラローズ
・レオヴィル・ポアフェレ
・コス・デストゥルネル
・ローザン・セグラ
・ローザン・ガシー
・レオヴィル・ラスカーズ
・ブラーヌ・カントナック
・モンローズ
・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド
・デュルフォール・ヴィヴァン
・デュクリュ・ボーカイユ
・ラスコンブ
・ピション・ロングヴィル・バロン

※問題の地図のメドックのAOCが分かってない方はアウトですf^-^;下のリンクを見て出直してきましょう!


【2】回答とメモ

いかがですか?

昨日とはうって変わって泣きそうになるくらいのカタカナの嵐ですねf^-^;

ソムリエ・ワインエキスパート試験が本気出して攻めてきてる感じがパンパない(笑)

ですが「こんな問題分かんねぇよ!」って、さじを投げてしまったらおしまいです。

f:id:ttrd80:20170317134029j:plain

私的な考えですが、このボルドーの格付第2級にやる気を出せるか=挫折しないかどうかで試験の合否の80%は決まると思っています。

ですが、今は分からなくってっても大丈夫。これからご説明するノウハウは一例ですが活用してみて下さい。

 

下の図はAOCを北から並べて各シャトーの頭文字をとったものです。

分かりやすく地図と比較するとこうなります。

f:id:ttrd80:20170329103824j:plain

このメドックの格付は2級から5級まで、このような具合に、まずシャトー名の頭文字の羅列と、それに対応するAOCを表のように暗記する作業を徹底して行う事が重要だそうです。

ちなみに、2級だと、「ピピ」の2つ「ピション・ロングヴィル...」はポイヤックで、全部「P」でまとまるので覚えやすいです。

これを覚えた上で、下の仕上げの問題に挑戦してみて下さい。

「メドックの格付第2級でないものはどれか?」

A) グリュオー・ラローズ
B) キルヴァン
C) ラスコンブ
D) ローザン・セグラ

試験では、だいたいこんな感じの問題が出ます。ここで先ほどのシャトー名の頭文字の羅列を思い浮かべて、その文字が入っているか頭の中で検索します。

 (思考パターン)

「あ、これ2級の問題だ!」

(シャトー名の頭文字の羅列を思い出す)

 「モコピピデレレレグデロロラブ」

「キ」って入ってないんじゃね?

B) のキルヴァンが違うな。にやり(笑)

 ..って感じです。もう、これでイケますよね。

 あとは仕上げとして、過去問などの練習問題をときまくって下さい!これで知識が定着していきます。

 

【3】今回のまとめ・勘どころ

f:id:ttrd80:20170317141231j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

最初は難解で絶望的にみえた問題も、ノウハウさえ分かれば少しは解けるような気になりませんでしたか?

今回の内容で、少しばかりの光明が見えた方もおられるのではと期待しております。僕自身、1度目の受験でこのメドックの格付けの問題でクジけてしまって勉強がはかどらなかったというのは苦い経験です。何事も苦労から逃げていてはダメなんだという事を思い知らされましたf^-^;

というわけで、試験を受ける方には歯を食いしばってでも、このメドック2級をマスターするという初戦に打ち勝っていただきたいと願っております。

(今回に関連する記事)

フランスワインの歴史 - 格付け編

ボルドーの川の覚え方

ボルドー各地区の位置と特徴

メドック地区の村名AOC

メドックの格付け 第1級  のツボ

メドックの格付け 第3級  を覚えよう!

メドックの格付け 第4級 を覚えよう!

メドックの格付け 第5級 を覚えよう!