ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

ジュヴレ・シャンベルタンのグランクリュ-覚え方と試験でのポイント

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170403092701p:plain

今回のテーマは

ジュヴレ・シャンベルタンのグランクリュ です。

地図上のグランクリュの位置、名乗る事ができる2組を覚えましょう!

それでは、問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

▼▼▼

【1】実力テスト

(難易度★★☆☆☆)

以下はジュヴレ・シャンベルタンの地図です。(問1)~(問2)に答えなさい!

f:id:ttrd80:20170403112200p:plain

※画像が小さくて見えなければ、スマホで「ピンチイン」=2本の指でおさえて拡大して下さいねf^^;

※ブルゴーニュ地方がフランスのどこにあるか分からない方は↓へ

第40回 「フランスワインの産地」

※コート・ド・ニュイ地区がブルゴーニュのどこにあるか分からない方は↓へ

第59回 「ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴」

※ジュヴレ・シャンベルタンがコート・ド・ニュイ地区のどこにあるか分からない方は↓へ

第61回 「コート・ド・ニュイ地区 試験のツボ」

 

▼▼▼

【少しブレイク...】

f:id:ttrd80:20170403095234j:plain

いかがですか?

こんなにいっぱいシャンベルタンってあるのかよ~!って感じですねf^-^;ですが、今回は割かしカンタンです。シャンベルタンの畑を覚えまくりましょう!それでは回答です。

▼▼▼

【2】回答とメモ

f:id:ttrd80:20170403101327p:plain

ポイントとしては、「各グランクリュの位置」と「名乗れる2組」です。

各グランクリュの位置ですが、覚える時は下のように似た感じの響きの順に並べてみると良いそうです。
chambertin                         (シャンベルタン)
chambertin-clos-de-beze  (シャンベルタン)
chapelle-chambertin           (シャペル)
charmes-chambertin          (シャルム)
mazis-chambertin               (マジ)
mazoyeres-chambertin      (マゾ)
griotte-chambertin              (グリオット)
ruchottes-chambertin         (リュショット)
latricieres-chambertin

※wikiペディアの並びを参考に少し変えております。

 「名乗れる2組」の覚え方

「クロドベ - シャンベル」シャンベルタン・クロ・ド・ベーズシャンベルタンを名乗れる。

「マゾっシャルム」マゾワイエール・シャンベルタンシャルム・シャンベルタンを名乗れる。

f:id:ttrd80:20170403154215p:plain

試験的に覚えるのはこの4つだけで十分とおっしゃる方もおられますが、筆者も遠からずだと思いますf^-^;

▼▼▼

【3】今回のまとめ・勘どころ

f:id:ttrd80:20170403104229j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

内容的には一気にいけなくもありませんが、今回は一度に覚えれる程度でシャンベルタンに範囲を絞ってご紹介しましたf^-^;明日以降は、モレ・サン・ドニとシャンボール・ミュジニー、そしてついにロマネコンティの畑が出てくる、ヴォーヌ・ロマネの詳細に迫っていきます!前回の繰り返しになりますが、ブルゴーニュ地方は細かい地区ごとの積み重ねが大切です!有名どころでテンションは上がりますが気をひきしめていきましょう!