ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【全世界】アペレーションまとめ ~ 仏・伊・米など ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210212104559p:plain

今回も動画から楽しく学びましょう。

ほどよく勉強が進んでいる方にとっては復習がてら良いご褒美になるかも。

 

それではどうぞ~。

 

[所要時間 : 6分29秒]


What Is A Wine Appellation?

 

ポイント

↓の翻訳ページをサラッと流すべし。

en.wikipedia.org

Google 翻訳

 

 

【ぼやき】

産地ごとに製法のルール(ex.単一品種など)があれば、その地域内でのテロワールの違いが鮮明になるみたいなニュアンスが示唆的。

 

あと

(一定の品質 / レベルを確保するために)

自らに課したルールというか制約が

 

他人からは魅力的に見え...

 

さらには、それらが新しいモノを選別する為の基準になる

...という概念は、男女問わず "制服萌え" とか "スーツ萌え" みたいなもんかな。

  

つまり

ルール or 縛り

→ 個性を引き出す ≒ 魅力

→ 他の選別基準に

 

自由過ぎるよりも、逆に制約こそが金を生むって発想が大事か。商売(≒私が従事する飲食業界)においても非常に重要かと。

 

以上