ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【仏シャ地方】白亜(≒石灰)土壌のメリット / CIVCとは?


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210226221623p:plain

今回も動画から学びましょう。

 

[所要時間 : 6分30秒]


The Unique Terroir Of The Champagne Wine Region

 

ポイント

★白亜(≒石灰=チョーク)質の土壌の利点

・地下を削り出せば貯蔵庫に (ローマ時代から)

保水性が高い (≒冬場の乾燥に強い)

・もちろんブドウの栄養にも...

www.champagne.fr

 

★C.I.V.C.

www.champagne.fr

↓Google 翻訳

Comité Interprofessionnel du vin de Champagne - Wikipedia

・シャンパーニュのワインの生産、流通、販売促進の組織化と管理、および研究の実施を担当しています。1990年まで、ブドウの価格を設定し、市場価格を維持するために収穫のサイズを規制し、ワインの生産を制限するために介入しました。

・CIVCの顕著な活動の1つは、保護原産地呼称であり、非常に価値のある商標であるシャンパーニュという名前を保護することです。CIVCは、シャンパンの名前を許可なく使用した場合、すぐに訴訟に訴えます。

・CIVCは1941年4月12日に設立され、第二次世界大戦中にドイツがシャンパンやフランスの他の地域を占領していました。占領は、占領権とヴィシー政権の両方による要求と貿易の厳格な管理を意味したので、シャンパーニュの生産者はドイツ人に統一された前線を提示する必要があると考えました。モエ・エ・シャンドンを率いていたロベール・ジャン・ド・ヴォグエが主導権を握り、ドイツ人と交渉するためにCIVCによって任命された人物になりました。[3]

 

以上