ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

コート・シャロネーズ地区のポイント - 位置・生産色・アリゴテなど

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎日、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170410130129j:plain

今回のテーマは

コート・シャロネーズ です。

ポイントは各AOCの位置、白ワインのみのAOC、アリゴテ100%のAOCです!

それでは、問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

▼▼▼

【1】実力テスト

(難易度★☆☆☆☆)

以下の(問1)~(問3)に答えなさい!

f:id:ttrd80:20170410130324j:plain

※画像が小さくて見えなければ、スマホの画面を「ピンチイン」=2本の指でおさえて拡大して下さいねf^^;

※ブルゴーニュ地方がフランスのどこにあるか分からない方は↓へ

フランスワインの産地

※コート・シャロネーズ地区がブルゴーニュのどこにあるか分からない方は↓へ

ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴

 

▼▼▼

【少しブレイク...】

f:id:ttrd80:20170410130424j:plain

いかがですか?

これまでのブルゴーニュ地方のコート・ド・ニュイ地区、コート・ド・ボーヌ地区で息切れしてしまって、ついコート・シャロネーズ地区は勉強がスカスカになりがちだと思います。何故なら筆者自身がそうでしたf^-^; それはさておき、覚えるべき内容も少ないので今回もスッと流していきましょう。それでは回答です!

▼▼▼

【2】回答とメモ

f:id:ttrd80:20170410130810j:plain

まず解説に入る前に、そもそもコート・シャロネーズがどこにあるかを思い出して下さい。以前にご紹介しましたが、ブルゴーニュ地方でもちょうど真ん中くらいで、コート・ド・ボーヌ地区の南です。覚えてますかf^-^?

そして、ここからが今日の本題です。

f:id:ttrd80:20170410131033j:plain

まず基礎としてはAOCを北から順に言えるようにしておきましょう!コート・シャロネーズ地区は頭文字をとって「ブリメジモ」と覚えます

次に白ワインのみのAOCは北と南の2つでサンドイッチしている!イメージを持ちましょう!ちなみに、残りの3つのAOCは「赤白」ともに生産しています。

最後に、アリゴテ(白ブドウの1種) 100%のワインを生産しているのは一番北側のブーズロンです。「ブーズロン アリゴテ」と素直に覚えてしまって下さい!

ポイントは上記の3点のみです。カンタンでしたね^-^!!

▼▼▼

【3】今回のまとめ

f:id:ttrd80:20170410131939j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

かなり内容を絞ってお伝えしましたが、今回1つだけ覚えていただくとしたら「ブーズロン アリゴテ」です。これさえ覚えておけば試験でもう+1点とれるはず。

(今回に関連する記事)

フランスワインの産地

ブルゴーニュ地方 各地区の名称と特徴

f:id:ttrd80:20170304143213j:plain

【著者のご紹介】

1980年。神戸市生まれ。元IT系。30歳の時に「消耗型うつ病」を発症し退職。
休職期間に行きつけのバーでバイトを始めるも、いきなり新店舗の店長を任され飲食業(バー)の世界にどっぷり飛び込む。最初はバイトの女子大生に馬鹿にされながらも酒の作り方を学び、勤めていた2店舗目のバーの閉店を知り独立を決意。

ソムリエ資格はずっと敬遠していたが、軽いノリで受けてみた1年目(2015年)は失敗し「酸っぱい葡萄」を見事に体現。2年目(2016年)の受験は冷や汗をかきながらもなんとかクリア。現在に至る。

f:id:ttrd80:20170304143248j:plain

Takamocori Tachinomi (タカモコリ タチノミ)
(立ち飲みのショットバーです)
神戸市中央区下山手通1-3-2
Tel 080-9750-2501
Open 18:00-25:30 日曜定休
カード可 Visa Master AMEX

よければ「はてなブックマーク」のご協力よろしくお願いしますm(_ _)m