ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。

グラーヴの格付け(赤のみ) 捨てる前に読む覚え方と問題を解くコツ

このブログではソムリエ・ワインエキスパート試験にチャレンジされる方を対象に

「毎回、もう+プラス1点」をとれる勉強のヒントをお届けしております。

f:id:ttrd80:20170322132322j:plain

 今回のテーマは

グラーヴ格付け (赤のみ) です。

格付けされた7のシャトーの名前をおさえて下さい。

それでは、問題にチャレンジして
現時点での理解度を確認しましょう!

 

【1】実力テスト

(難易度★★★☆☆)

以下の選択肢の中から、ボルドー クラーヴの格付で「赤ワインのみ」認定されているシャトーを選びなさい!

f:id:ttrd80:20170322135409j:plain※まず問題のグラーヴ地区を知らない方はアウトですf^-^;下のリンクを見て出直してきましょう!

 

【2】回答とメモ

f:id:ttrd80:20170502204522p:plain

まず、復習になりますが、グラーヴ地区の格付は全てAOCペサック・レオニャンです。先ほどの選択肢は全て部覚える事になりますが、今日はラッキーなことに7つだけですf^-^;

f:id:ttrd80:20170322140714j:plain

グラーブのポイントとしては、

グラーブで最初に格付けが行われた年は、メドックの格付け 1855年から約100年後の1953年です。

あと、グラーブの格付は全部で16シャトーです。

「赤のみ」が7つ、「赤と白」が6つ、「白のみ」が3つです。

 

それでは、今日の本題である「赤のみ」の7つをみていきましょう。

これが何かというと、メドックの格付の時と同様に各シャトーの頭文字をとったものです。分かりやすく並べてみるとこうなります。

f:id:ttrd80:20170329121135j:plain

このような具合にシャトー名の頭文字から暗記する作業を徹底して行う事が重要だそうです。

もう一度問題をみてみましょう!この覚え方を踏まえて、つまり正解は↓でした。

f:id:ttrd80:20170322143401j:plain

今回も、もうこれでイケますね。 あとは仕上げとして、過去問などの練習問題をときまくって下さい!

f:id:ttrd80:20170318143202j:plain

毎度オススメしているこのiphoneのアプリを検索して使ってみて下さい!これで記憶が定着するはずです。ゲーム感覚でやるとハマりますよ!

 

【3】今回のまとめ・勘どころ

f:id:ttrd80:20170322144030j:plain

さて、いかがでしたでしょうか?

明日、明後日とグラーヴが続きますが、暗記の数量も少ないので「箸休め」的な感じで流していきましょう。それにしても一回くらいオーブリオン飲んでみたいな(@_@)!

(今回に関連する記事)

フランスワインの歴史 - 格付け編

ボルドーの川の覚え方

ボルドー各地区の位置と特徴

グラーヴ格付け (赤と白) の覚えよう!

グラーヴ格付け (白のみ) の覚えよう!