ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【オーストリア】農法について3問 ~マーク / 比率の順位 / 人名 ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210527010506p:plain

 

▼問題

①次のマークが認証するものは?

A: オーガニック

B: サステイナブル

C: バイオダイナミック

D: ピロール

f:id:ttrd80:20210526231838p:plain

 

②EUによる2018年度の統計によればオーストリアの全農地中のオーガニック比率は何位?

A: 1位

B: 2位

C: 3位

D: 4位

 

③オーストリアのバイオダイナミック農法を生み出した思想家は?

A: エドムント・フッサール

B: カール・ラントシュタイナー

C: カール・メンガー

D: ルドルフ・シュタイナー

 

(ソムリエ教本2021記載 - 215~216ページ)

 

 

▼答え

①次のマークが認証するものは?

B: サステイナブル

オーストリア(ドイツ)語で書かれると分かりにくいけれど↓の通り。

f:id:ttrd80:20210526234423p:plain

 

↓のページを見ると同国の定義する "サステイナブル" って、オーガニックの概念をも包括していそうなニュアンスですね。(サステイナブルも含めて後ほどご説明します。) 特にこの図!! 

https://www.austrianwine.jp/fileadmin/_processed_/f/d/csm_Grafik_Nachhaltigkeit_ENGL_LU17_41d7be309d.jpg

https://www.austrianwine.jp/fileadmin/_processed_/f/d/csm_Grafik_Nachhaltigkeit_ENGL_LU17_41d7be309d.jpg

www.austrianwine.jp

 

②EUによる2018年度の統計によればオーストリアの全農地中のオーガニック比率は何位

A: 1位

教本と違い2019年のデータで恐縮ですが、こんな感じ↓

f:id:ttrd80:20210527003023p:plain

ec.europa.eu

 

③オーストリアのバイオダイナミック農法を生み出した思想家は?

D: ルドルフ・シュタイナー

人名を軽く覚えておきましょう。ガチの方は↓のwiki2つを参照のこと。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

 

▼オススメ動画 + ぼやき

皆さんは オーガニック ⇔ バイオダイナミック ⇔ サステイナブル の3つの違い を説明できますか?

additive アディティヴ : 添加剤
sulfite サルファイトゥ : 亜硫酸塩

[所要時間 : 2分44秒]

www.youtube.com

↑動画によると、特に明確な定義は無く、各団体によって異なるが...

 

・オーガニック :  (主にワインに対して)

薬品・添加物などの使用 or 不使用

 

・バイオダイナミック : (主にへの取り組み...など)

独特な方法 → 牛の角(つの)の粉末を畑にまく / 月の動き・暦[こよみ]を信頼


・サステイナブル : (主に環境への取り組み...など)

水 / 生態系 / 太陽発電(≒エネルギー) / 経済(≒雇用問題) などへの配慮

 

...とのコト。

 

以上