ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【スペイン】リオハ vs リベラ・デル・デュエロ ~ 地理・気候・歴史 ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210407233613p:plain

 

▼問題

エブロ川沿いにある産地はどっち?

(A)リオハ   (B)リベラ・デル・デュエロ

 

②一部「地中海性気候」の影響を受けるサブゾーンがあるのはどっち?

(A)リオハ   (B)リベラ・デル・デュエロ

 

19世紀後半、フィロキセラ禍の影響でフランスの生産者が押し寄せたのはどっち?

(A)リオハ   (B)リベラ・デル・デュエロ

 

④特に1980年代より発展したのはどっち?

(A)リオハ   (B)リベラ・デル・デュエロ

 

ソムリエ教本2021記載 267~269ページ、281~282ページ

 

 

▼答え

エブロ川沿いにある産地はどっち?

(A)リオハ  

X (B)リベラ・デル・デュエロ - デュエロ川

 

②一部「地中海性気候」の影響を受けるサブゾーンがあるのはどっち?

(A)リオハ - リオハ・オリエンタル(旧リオハ・バハ)

X (B)リベラ・デル・デュエロ - 教本にはサブゾーンの記載無し

 

19世紀後半、フィロキセラ禍の影響でフランスの生産者が押し寄せたのはどっち?

(A)リオハ

(B)リベラ・デル・デュエロ - ↓の通り

 

④特に1980年代より発展したのはどっち?

(A)リオハ  

(B)リベラ・デル・デュエロ - それまでは19世紀創設のボテガ「ベガ・シシリア」くらいだった

 

▼ご参考

・各川と位置、標高

f:id:ttrd80:20210407230946p:plain

 

リオハ・オリエンタルの位置

https://www.winescholarguild.org/media/k2/items/cache/a195021f8f398ee1a8e620341461d2dd_XL.jpg

https://www.winescholarguild.org/media/k2/items/cache/a195021f8f398ee1a8e620341461d2dd_XL.jpg

 

▼おすすめ動画

↑問題も含め 試験でのポイント多数!! ちゃんと勉強している人にとっては面白い復習・ご褒美になるでしょう。

[所要時間 : 12分09秒]


www.youtube.com

 

▼資料

手元に教本が無い方・OBOGはサラッと翻訳ページを流しておきましょう。

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

▼ワンランク上を目指す方へ

2021年の教本にはリベラ・デル・デュエロのサブゾーンの記載はありませんでしたが、そのうち出るかも。↓ページ3つの特徴をチェック。

The core towns of each region are:

  • Peñafiel
  • Roa
  • San Esteban de Gormaz

Google 翻訳

www.decanter.com

 

以上