ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【ニュージーランド】概要・統計より3問 ~ 生産比率(白vs黒) / 2番目の品種 / 2番目の産地 ~


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210428200224p:plain

 

▼問題

①ニュージーランドの栽培面積(2020年)の比率は?

A:白ブドウ - 2割 / 黒ブドウ - 8割

B:白ブドウ - 4割 / 黒ブドウ - 6割

C:白ブドウ - 6割 / 黒ブドウ - 4割

D:白ブドウ - 8割 / 黒ブドウ - 2割

 

2番目に多い栽培面積の品種(2020年)は?

A:白ブドウ - シャルドネ / 黒ブドウ - シラー

B:白ブドウ - シャルドネ / 黒ブドウ - メルロ

C:白ブドウ - ピノ・グリ / 黒ブドウ - カベルネ・ソーヴィニョン

D:白ブドウ - ピノ・グリ / 黒ブドウ - メルロ

 

③ 産地別栽培面積(2020年)が2番目に多いのは?

A:セントラル・オタゴ

B:ギズボーン

C:ホークス・ベイ

D:マールボロ

 

(ソムリエ教本2021記載 - 648~649ページ)

 

 

▼答え 

とりあえず答えを流して下さい。

①ニュージーランドの栽培面積(2020年)の比率は?

D:白ブドウ - 8割 / 黒ブドウ - 2割

まずニュージーランドといえば!」って認識を持っておこう!!

 

2番目に多い栽培面積の品種(2020年)は?

B:白ブドウ - シャルドネ / 黒ブドウ - メルロ

次に1位の白 - ソーヴィニョン・ブラン や 黒 - ピノ・ノワールは常識だとして、2位くらいまでは要チェック

 

産地別栽培面積(2020年)が2番目に多いのは?

C:ホークス・ベイ

これに関しては1位のールボロすら知らなかった方も多いかもしれませんが2位がークス・ベイ。ニュージーランドの産地は魔法使いの順(マ→ホ)とでも覚えておいて!!

 

まとめ画像は答え(2020年)と大差が無い&ヴィジュアル的で分かり易いので最新の2021年のデータを使用しました。正確なデータが知りたい方は↓レポートを参照のこと。

New Zealand Winegrowers Annual Report | New Zealand Wine

 

f:id:ttrd80:20210429111046p:plain

Vineyard Reports | New Zealand Wine

 

【追記】白ブドウの2位がシャルドネなのは「冷涼だから」って理由で分からなくもないけれど、黒ブドウの2位がメルロな理由としてはボルドーと同じくニュージーランドが海洋性気候だから(↑図)

Google 翻訳

en.wikipedia.org

 

ちなみに、こうやってデータをつき合わせてみる(↓)とメルロに限らず早く収穫できるブドウが中心ってのがよく分かります。

f:id:ttrd80:20210429233653p:plain

https://teara.govt.nz/files/large_images/m-19595-enz.jpg

https://www.weather-guide.com/data/weather-7/New-Zealand-rainfall-rain.png

https://media.winefolly.com/wine-harvest-season.jpg

 

▼オススメ動画

今回はこちらの動画を元に記事を書きました。ものごとを大きなデータから理解していくという概念は大切ですね。皆さんは「NZのワインってどうなの?」と聞かれて、これくらい話せますか?

[所要時間 : 15分06秒]


www.youtube.com

 
以上