ソムリエ・ワインエキスパート試験に絶対に合格したいアナタへ!

独学での勉強方法をご紹介。オリジナル問題集や過去問を解いていただきながらポイントを解説します。


【論述の練習2】英国 - その他


ご覧いただくにあたっての注意当ブログの情報の正確性をご確認下さい。もし間違いを発見された方は他の受験生の皆さまの為にもご指摘下さいますようお願い申し上げます。訂正履歴 ['20.6.30 更新]
【オススメのテキスト・問題集レビュー】['20.4.1 更新]

当ブログの運営は、神戸の気軽にワインが楽しめるバー Takamocori が行っております。当ブログのワインスクール も始動。(2021/03/10[水]より)


f:id:ttrd80:20210917190741p:plain

 

今回も論述の練習です。

(対象はソムリエのみ。エキスパートの方も頭の体操にお付き合い下されば幸いです。)

 

問題 : 「英国のワイン」について説明しなさい。

(ソムリエ教本2021 - 32ページ、686~692ページ の内容)

ヒント

・消費量

・気候

・メインとなるワインのタイプ

・ブドウ品種

・生産の中心地

・土壌

・ワイン法

・EU離脱

回答例

消費国としては世界で6位(oiv調べ - 2018年) ではあるものの、生産国として緯度が高く冷涼であるため生産が難しかったが、近年(1980年代頃~)地球温暖化の影響によりブドウの栽培が容易になった。


生産の約7割スパークリングワインであり、ブドウ品種としては耐寒性のある ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ などのフランス北部系、バッカス、ライヘンシュタイナーなどドイツ系の栽培がさかん。


生産の中心は国内でも比較的温暖な南東部でケント、サセックス、サリー などが有名。仏シャンパーニュ地方と同じく白亜質の土壌でミネラル感のあるワインが造られる。


ワイン法に関しては、地理的表示保護のPGI、高品質カテゴリーとして原産地名称保護のPDOがある。両者とも2020年のEU離脱後も規定は引き続き保護され、ロゴの表示についても3年間の移行期間をもうけるとされている。

 

参考資料

↓2点ともよくまとまっています。

 

↓Google翻訳

winefolly.com

 

[所要時間 : 7分23秒]


www.youtube.com

 

ご参考まで。

 

 

【雑記 - 2021.09.17.金】

アマプラ映画 - 『おいしいコーヒーの真実』
ワインの世界は生産者の方がまだ利益を得ている方だと思うけどコーヒーはエグい。のんきなバリスタに嫌悪感すら覚えてしまうほど。国際社会の縮図か。

 

アマプラ映画 - 『ボルドーの秘密』

まだ観てないけど、つい最近アマプラで公開されたみたい。たまに「ワイン」って検索しておかねば。

 

plus eau(プリュスオー) ポイントリペア POINT REPAIR 10ml

アホ毛対策に購入。家族曰く全然違うそう。癖が酷過ぎない方向け。

 

以上